マレーシアは屋台飯だけじゃない!おしゃれ朝ごはん!

ボリューム感のあるマレーシアのカフェ朝

【マレーシア編】“海外就職の国選びに役に立つ”基礎情報まとめ!

2016.07.24

こんにちは!ライターのアイユです。

マレーシアや東南アジアの食の醍醐味といえば、屋台食!ですが、マレーシアはオシャレカフェ、レストランがと〜っても充実しているんです。

私はいつも朝ご飯に、フルーツやロティチャナイ(クレープのような薄い生地とカレーソース)を食べています。しかし、時間のある週末には、カフェに行き、いつもとはちょっと違った朝食をいただきます。

今回は、ローカルにはもちろん、世界中からの旅行客にも人気のカフェをご紹介します!

 さりげないお洒落が人気のマレーシアのVCR

今回ご紹介するのは、VCRというお店。場所はBukit Bintang(ブキビンタン)という、クアラルンプールの中でも非常ににぎわっているエリアにあります。観光エリアから一本、裏通りに入るので、お店のまわりは割と静か。ゆったりとした雰囲気が流れています。

おしゃれなマレーシアのカフェ

ネコものんびり。ですが、一歩お店に入ると、非常ににぎわっています!朝10時、既に店内は満席です。

マレーシアでカフェで朝ごはん

さっそくカウンターでならび、注文。この日は、どのレビューでも大好評だったカフェラテと、VCR Breakfastを頼みました。

注文から10分後、まずはカフェラテ。とってもクリーミーで、優しい味。評判通りのおいしさです。

そしてもう25分ほど待って、やっと来ました!メインの朝ごはんプレート!

ボリューム感のあるマレーシアのカフェ朝

写真では少し分かりにくいですが、とってもボリュームのある一皿。卵はスクランブルエッグか目玉焼き、付け合わせはベーコンとトルキッシュハムから好きな方を選ぶことが出来ます。

肝心のお味ですが、文句無しに美味しいっ!味付けもちょうどよく、朝から大繁盛!の理由がよくわかりました。

オシャレカフェもマレーシアの魅力のひとつ

マレーシアのカフェ内でパシャリ

今回は人が多くて店内の写真は控えましたが、待っている間、またお店の前でも写真を撮りたくなるような、オシャレ気分になれるカフェの空間。お料理のクオリティにボリューム、そして素敵なホスピタリティとお店の雰囲気に、朝から大満足でした!

ちなみにお値段はというと、朝食ワンプレートは36リンギット(約970円)、カフェラテは13リンギット(約350円)、トータルで大体1,300円です。普段の朝ごはん、フルーツは1日3リンギット(約80円)ほどなので、カフェでの朝食はマレーシアの食事にしては高級ですが、それでもまた来たい!と思えるお店です。

みなさまもクアラルンプールにお越しになる際は是非、朝ごはんをVCRでいかがでしょうか?

まずはマレーシア就職の話を聞いてみたい方はこちら

マレーシアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

マレーシアについての記事を見たとご連絡ください!
丁寧にご説明させていただきますね。

アジアマガジン、LINE@、記事下用

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22