インドネシア求人を探すには?インドネシアのおすすめ求人サイト5選まとめ!

インドネシアでの仕事や求人サイトをお探しですか?

この記事ではインドネシアで仕事を見つける求人サイトについて解説しています!

実は私自身が2013年に東南アジアで起業し、転職エージェントとして活動していました。いままでの日本人の海外就職/転職の相談人数は500名を超えています。

その実体験から、インドネシアで働くためのオススメの求人サイトと活用法をお伝えします。なかなか情報の少ない海外転職転職の成功を後押しします!

  1. インドネシアで仕事を探すための求人サイト5選
  2. インドネシアで仕事を探す方法とは?
  3. インドネシアの仕事探し5つのポイント
  4. まとめ

それではオススメできるインドネシアの求人サイトを5つご説明します!

1.インドネシアで仕事を探すための求人サイト5選

インドネシアの求人サイト(就職サイト・転職サイト)比較表を、アジアマガジン運営事務局で独自調査をして徹底比較をしてみました!

スクリーンショット 2017-05-01 12.32.59

1-1 リクナビNEXT

スクリーンショット 2017-05-03 10.53.53

リクナビNEXTは2017年5月現在で「アジア求人」が44件の募集がありました。こちらも合わせて登録してみるとスカウトが来る可能性があります。

スクリーンショット 2017-05-03 10.54.58

☑ 日本国内の関連求人も多い
☑ 日本最大手の転職サイトのため幅広く探せる

リクナビNEXTの公式サイトを見てみる

1-2 英語転職

スクリーンショット 2017-05-03 10.55.12

英語転職.comという求人サイトは、アジア8カ国に拠点を持つJACリクルートメントが運営しています。無料の会員登録をすると英語面接対策などのコンテンツも見ることができるので、ぜひ活用してみてください。スクリーンショット 2017-05-03 10.55.37

☑ 英語を使う求人が多く掲載あり
☑ 英語面接対策の無料コンテンツもあり

英語転職.comの公式サイトを見てみる

1-3 カモメアジア転職

スクリーンショット 2017-05-03 11.02.29

カモメアジア転職とは2004年から運営されているアジア求人サイトです。この会社は元々、中国で働く求人情報サイトを運営していたのですが、アジア全域に広げて運営しています。スクリーンショット 2017-05-03 11.04.47

☑ アジアに特化した求人サイトのため海外求人が豊富
☑ 勤務地を選べる現地採用枠の募集が多い

カモメアジア転職の公式サイトを見てみる

1-4 ハイクラス求人サイト「転機」

スクリーンショット 2017-05-03 10.56.52

ハイクラス転職サイト「転機」は海外事業部長や海外法人の支社長などのハイクラス求人に特化したサイトです。40〜50代以上のベテランの方にオススメしたい海外求人が多くあります。

2017年10月時点で「海外進出」に関わる仕事で検索したところ、64件ほどの求人情報がありました。年収も1000万円クラスの海外求人もあるため、ご経験の豊富な方はぜひ登録してみてください!スクリーンショット 2017-05-03 10.57.22

☑ 支社長や事業責任者などのハイクラス求人が多い
☑ 40〜50代の方々向けの海外求人も多く掲載あり

ハイクラス転職サイト「転機」の公式サイトを見てみる

1-5 アジアマガジンの求人情報

スクリーンショット 2017-05-05 12.50.00

スクリーンショット 2017-05-05 12.59.39

アジアマガジンでは現地の日系企業から求人掲載も受けているため、海外求人に特化してご紹介を実施しています。インドネシアでは営業職や事業立ち上げ責任者などの求人情報があります。

☑ 東南アジアの海外求人が多い
☑ 20代でも働ける現地採用枠の募集が多い

アジアマガジンの海外求人情報を見てみる

こちらで海外就職のためのオススメ求人サイト5選は以上です。海外においては求人情報が出たタイミングですぐに応募できる体制づくりがキーポイントになります。インドネシアで働くために情報収集は欠かさずに行いましょう。

では次にアジアで働くための求人サイトと転職エージェントをうまく活用するための5つのポイントをお伝えしちゃいます!

2.インドネシアで仕事を探す方法とは?

実はアジア求人を探す場合は転職エージェントを使うのが王道です。

求人サイトや転職エージェントを活用してアジアの求人情報を得るには、求人の募集タイミングを逃さないことが必須になります。チャンスを逃さないためにも、少なくとも2〜3社は転職エージェントに登録することがおすすめです。

登録も各社とも約3分ほどで無料なので積極的に動いていって頂けると良いと思います。海外転職をするかどうか迷っている方も気軽にキャリア相談してみることも可能です!

3.1 『リクルートエージェント』幅広く海外求人が欲しい人におすすめ

リクルートエージェントは人材業界でNo.1の転職エージェントです。さらに、インドネシア以外の求人にも強いのが特徴です。日本国内での海外に関係した仕事等を探す際にもご相談可能です。

☑ 人材業界の最大手ならではの圧倒的な求人数
☑キャリア相談などの手厚い転職サポート体制

日本国内と海外問わず最大手の転職エージェントなので、業種や職種を決めきる前の海外転職活動をする際にも必ず登録するべきエージェントです。最大手なのでチャンスを逃さないために、まずはキャリア面談をしておくべき転職エージェントです!

リクルートエージェントの公式サイトを見てみる

3.2『JACリクルートメント』海外求人や外資系求人ならジェイエイシー!

スクリーンショット 2017-04-28 15.15.02

JACリクルートメントはアジア8カ国に展開する転職エージェントです。海外現地でのハイクラス求人を持っています。

☑ 外資系や海外求人に強みを持った人材会社
☑ 英語力の高い方はハイクラス求人を得られる

ただ20代前半だと職務経験が少ないため、もしかすると応募できる海外求人が限られるかもしれません。20代後半〜50代の方で、良い海外求人/外資系求人を獲得したければ必ず登録すべき転職エージェントです。

JACリクルートメントの公式サイトを見てみる

さらにインドネシアで仕事を探す際に知っておくべき5つのポイントをご紹介します。

3.インドネシアの仕事探し5つのポイント

3-1駐在員と現地採用の違いを知る

インドネシアで働くのを実現するには駐在員と現地採用という2パターンがあります。ざっくりと違いをお伝えすると、スクリーンショット 2017-04-28 22.46.54という違いです。一般的に駐在員は日本と同じ水準の給与がもらえますので年収は高め。現地採用は現地相場に合わせて給与が決まるため、年収は日本に比べると安めです。

駐在員はいきなり海外勤務になることが約束されないため、まずは日本側で勤務することになります。現地採用はインドネシアで働くことが確約されています。また現地採用は給与が安いといっても、月給で日本円ベースで10〜15万円ほどはもらえるため、普通の生活をするには十分問題のない水準の会社が多いです。

リクルートエージェントJACリクルートメントなどに登録をすると、日本側での面談になるため数少ない駐在員案件に出会える可能性もゼロではありません。逆にアジア現地にある人材紹介会社に登録をすると、現地採用の求人情報が多いので、海外で働くチャンスは広がります。

3-2英文レジュメも含めた応募書類を準備する

インドネシアで仕事を探す場合も応募書類は日本と同じです。企業に応募をする際には、日本語の履歴書・日本語の職務経歴書が必須になります。さらに英文レジュメも必要な会社も多いため、自分の英語力に合った簡易な者で良いので、英文レジュメも作成してみましょう。

スクリーンショット 2017-04-28 22.50.37

アジアで働く方は英文レジュメを作ることが初めての方も多いので、『英文レジュメ テンプレート』などと検索をして書き込んでいくほうが手間がかからず早いです。

3-3海外独自の面接フローを理解する

インドネシア求人に応募する場合はSkype面接が入ることが多いです。駐在員になることを見越して採用される場合は日本側で面接になります。現地採用の場合は1次面接がSkype面接(ビデオ通話)で、最終面接が現地で面接になるケースが多いです。

ビデオ通話ができるSkypeを使ったことが無い方は、スムーズに面接フローを進めるためにも使い方に慣れておきましょう。Skype自体はパソコンやスマホから無料でダウンロードすることができます。

3-4インドネシアへの引っ越しにかかる費用を貯金する

海外就職をする場合は、もちろんですが現地に住むことになります。その場合は日本側での住居や携帯電話の解約手数料がかかります。iPhoneなどを使っている場合は、解約手数料だけで4〜5万円かかることもざらにあるので注意です。

海外への渡航費も数万円かかります。現地での入居時にかかる費用も20〜30万円はかかります。初期費用は結構かかる印象です。ただ家具や家電に関しては、もともとついているサービスアパートメントが多いので安心です。

スクリーンショット 2017-04-28 22.53.51

合計すると30〜50万円は貯金が必要だということになります。海外移住にあたる費用がかかってしまう点が日本国内での転職と海外就職との違う点になりますね。

3-5使える英語力を磨いておく

中学〜高校〜大学など学校で英語を学んできた方でも、「使える英語」を身につけている方は少ないです。どうしても日本にいると英語を使わないので、使える英語が弱くなりがちです。

基礎的な英単語や英文法が身についている方は、オンライン英会話などで低コストで英会話の回数を重ねることが大事です。例えばDMM英会話などでは1レッスンあたり約138円でマンツーマンの英会話レッスンが受講できます。ほんとうに安く英語を話せる時代になりました!

4. まとめ

今回はインドネシアで働くための求人サイト/転職エージェントの活用法についてご紹介しました。ぜひインドネシアで働くために2〜3つほど登録をして、幅広く情報収集をしてみてください。

いつまで「インドネシアに行きたい」だけで終わらせるんですか?
転職サイトへの登録はたった2分ほどです!

登録しておくと良い案件がある際にスカウトが来ることもあります。少なくとも2つの転職サイトに登録しておくことを強くおすすめします!

お時間があればぜひエージェントに無料相談しましょう!
平日夜や土日でも面談はOK!登録時には履歴書も不要です。

インドネシアでのお仕事を実現できることを心より応援しております!

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22