【海外就職コラム】アジアは第二新卒にとって、キャリア再出発の場所になるか?

※本記事はもりぞお世界で生きる研究所のアップデート記事になります

海外就職研究家の森山たつをと申します。「海外に行こうが日本に行こうが、無条件の安定はない」「海外に行っても必ずしも成功するわけではない」といったことを情報発信してきました。

では、アジア海外就職の魅力って、なんなのでしょう? 私は、アジア海外就職は

「多くの日本人が挑戦できる選択肢であること」

が最大の魅力だと思います。

例えば、東大の工学部で電気工学を学び、英語で論文を書き、国際的に評価を受けている人がいたとしましょう。彼の卒業後の選択肢は非常にたくさんあります。

技術者として、パナソニックなどの日系の大企業で働くもよし、サムソンなどのグローバル企業で働くもよし、シリコンバレーの電気自動車ベンチャーで働くもよし。大学で研究者になることも、自分で起業をするという選択肢もあります。

海外では再出発のチャンスがある

アジアで探せば道は開ける!…かもしれません(写真はロンドン)

これに対して、そこそこの大学の文系学部を卒業した人は、新卒で「日本の就活」をする以外は難しそうです。なんとか就職し、日本企業のジョブローテーションで営業と総務と貿易事務を2年ずつ計6年ほどやったとしても、どこかの部門で突出した成績を残していない限り、その後の転職先は多くないでしょう。

このように、市場価値の高い分野で優れた実績があれば職業の選択肢は増え、逆にそれがなければ歳をとるにつれ選択肢は減っていきます。

特に日本では新卒一括採用を重視するので、大卒時の選択肢が一番多かった人もいるはずです。さらに、正社員重視の慣例があるので、スキルがそこそこあっても非正規雇用から正社員への道はさらに狭くなってしまいます。

これらのキャリアパスに比べ、アジア海外就職は比較的多くの人に開かれた選択肢です。学歴に関しては(シンガポール以外では)大学を卒業していれば、どの大学を出たかに関してさほど重視されません。

特に第二新卒はアジアで大人気

職歴も、現地で需要が高い専門分野があれば圧倒的に有利ですが、1~2年の経験でも評価してくれる会社があります。正社員や派遣社員は関係なく「何をやってきて、何ができるのか」をきちんと見てくれる会社も多いです。

成長市場なので、専門性を磨きたいという意思や適性があれば経験を積む機会を与えられることも多く、帰国後も「海外経験者」として需要に応えることができます。

私が「海外就職研究家」を名乗ってきた理由

私は、日本でよい仕事に就くチャンスを逃してしまった人にとって、海外アジアは再出発のよい選択肢になるのではないかと感じています。

私自身、日本で10年以上働いた後に、海外就職を検討しました。日本で働く選択肢もあったし、海外で働くという選択肢もありました。ただ、アメリカや欧州、オーストラリアなどの先進国に関しては、ビザの発給の厳しさから選択肢からは外れていました。

実際、海外アジアで就職活動をしてみると、「自分のように業務経験がある人間じゃなくても、もっと若い経験が少ない人にもチャンスは開かれているんじゃないか」と感じました。

しかも待遇は、若手でも15~20万円と十二分に生活できるレベルです。航空機だって東京―クアラルンプール間がわずか2.5万円ですので、年に何度も帰国する人がいます。「仕事を辞めたら帰りの航空券も買えなくなって、日本に帰れなくなる」なんてこともありません。

ただ、日本の大学や企業のように、一度入ったら安泰ではありません。入り口は多くの人に開かれていて、入った直後の待遇は恵まれていますが、その後のキャリアをどのように積んでいくかは自分次第です。

まとめ

海外就職はうまくいくか、失敗するかはわかりません。しかし、選択肢が少なく閉塞している人たちにとっての希望になるものだと思います。私が「海外就職研究家」という奇妙な肩書きで、アジアの実情を伝えることを仕事にしようと考えたのは、このような魅力的な選択肢を多くの人に伝えるべきだと思ったからなのです。

海外でインターンをしたい方は下記のサイトもご覧ください!

実践型海外インターンシップ”サムライカレープロジェクト”はこちら

まずはアジア就職の話を聞いてみたい方へ

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!