【ダナン研究まとめ】ベトナムの注目都市ダナン!ビジネス概況をまとめてチェック!

外資系企業って何者?外資で働くための仕事の探し方ベスト3を紹介する!

2017.11.11

【まとめ】アジア就職の探し方ベスト5!日本に住みながらアジア求人を探す方法とは?

2017.10.20

さて、アジア・ASEANの中でも特に景気発展が著しいベトナムで、いまダナンという都市が注目をされています。未来世紀ジパングという番組でも特集をされていました。

アジアの親日国ベトナム「日の丸プロジェクト」を追跡取材!

アジアの国の中でも「親日」として知られるベトナムで、日本の沸騰が続いている。ベトナム中部、リゾート地として人気急上昇中のダナン。去年その町に進出したのが”奇跡の缶詰パン”で知られる栃木の”人情ベーカリー”アキモトだ。オープンから半年あまり、日本のパンは根付いたのか再び訪れた。一方、最大都市のホーチミンではオールジャパンによる交通インフラが続々と誕生しようとしている。さらにホーチミン郊外では、東急が手掛ける日本式の街づくり”金妻タウン”の建設が進む。総事業費7500億円規模の大プロジェクトで、ベトナムの人々の生活が劇的な変化を遂げていた。番組が注目してきた「昭和の日本」との親和性を視点に、ベトナムのさらなる成長の可能性を徹底解説する。

そこで【ダナン研究まとめ】と題して、ベトナムの注目都市ダナンでのビジネス概況を調べてみることにしました。マーケットリサーチをご依頼頂いた感覚で、がんばってまとめました!

まずベトナム・ダナンの場所はどこ?

南にホーチミン、北に首都ハノイがあり、ダナンは2つの都市の中間あたりにあります。ベトナムでは3番目の大きい都市です。

スクリーンショット 2016-04-18 0.42.46

少しズームしてみると、フエとホイアンの間にあることがわかります。それぞれフエには車で1時間ほど、ホイアンは車で30分ほどと近いです。フエもホイアンも観光で有名な場所なので、「ダナンに滞在し日帰りでホイアンに観光」なども可能な位置にあります。

スクリーンショット 2016-04-18 0.43.41

ダナン市の経済主要指標データを集めた表はこちら!

▼ダナン市の社会・経済主要指標( 2014 年)

面積 1,283k ㎡
人口 100.7 万人
労働人口 53 万人(2013 年)
GDP 総額 52 兆 6330 億ドン
GDP 成長率 9.28%
1 人当たり GDP 2,487 ドル(米ドル)
分野別成長率(前年比) 工業・建設:10.2%増
農林水産:3.6%増
サービス:9.3%増
外国投資案件数 累計 311 件
33 億米ドル(2014 年末の有効案件)
訪問者数 380 万人(うち外国人は 95 万人)
日本人の訪問者数 5.2万人
予算歳入 11.6 兆ドン
予算歳出 15.1 兆ドン
出所:ダナン人民委員会報告、ダナン投資促進センター等の資料を基に作成

 

ダナンへの投資環境について

ダナンへの投資環境について、まとまった資料である『ダナン市への投資』というガイドブックがありました。引用してもよいのですが、非常によくまとまっているため、ぜひそのままPDFで見て頂ければと思います。計33ページに渡って記載があります。目次としては「概要、インフラ、人的資源、投資環境、生活環境、観光資源、ビジョン」です。下記から直接PDFでダウンロードして頂けます。

『ダナン市への投資』ダウンロードはコチラ

ダナンの観光について

日本からは成田空港からベトナム航空の直行便が毎日運航中です。飛行時間は約5時間30分。ホーチミンからは約1時間15分、ハノイからは約1時間20分で行けます。ちなみにダナン空港からダナン市の中心地までは、約3kmほどでタクシーで15分ほどで到着します。

人口100万人のダナンですが、観光客から人気の滞在都市になっています。年間で人口の約3倍である300万人の観光客がダナンを訪れます。やはりフエやホイアンなどの有名な世界遺産とセットで訪れる方が多いようです。ちなみに政府としても、2020年までに年間観光客数1000万人の目標を掲げています。これからも伸びていく観光都市であると予想されます。

▼観光客数も過去比較で非常に伸びています。

スクリーンショット 2016-04-18 1.04.13

グラフは『ダナン市への投資』より引用

▼国籍別観光客の割合は下記です

スクリーンショット 2016-04-18 1.04.05

グラフは『ダナン市への投資』より引用

主な進出済み日系企業は?

下記がWEBで公開されているダナン進出済みの日系企業一覧です。2016年4月18日現在で75社ありました。社名を一覧にしたので、75社すべて下記に記載をさせて頂きます。

ダナン進出済みの日系企業一覧(75社)
1 ダナンマブチモーター有限会社
2 Da nang steel center有限会社
3 エースコック株式会社(ダ ナン支社)
4 Daiku J-V会社
5 ベトナム大和株式会社(大和精工)
6 Dairoku有限会社
7 瀬戸ベトナム
8 Hoso株式会社
9 Viet-Hoa電子有限会社(東光会社)
10 ミッシェル (Rubber Soul)
11 Kane – M (モリト株式会社)
12 Fukui Vietnam
13 Oishi Industries VN
14 Kanzaki Vietnam
15 Telala
16 Yuri ABC Da Nang
17 Nitto Jokaso
18 Kamui Vietnam有限会社
19 Coature有限会社
20 Maeda – Name有限会社
21 Tachi-S有限会社
22 ダナン輸出網製造有限会社(Sadavi)
23 フジクラ有限会社
24 Foster電機有限会社
25 D&N 食品加工有限会社(Danifoods)
26 ベトナム-日本運送合弁会社(ロジテム)ダナン支社
27 T.T.T.I有限会社、 ダナン市支店
28 Sinaran会社
29 Tokyo Keiki Precision Technology 株式会社
30 Vijachip合弁会社
31 HIS観光会社
32 Sanei会社
33 Max Integra会社
34 ICM 株式会社
35 Marusun会社
36 P&I有限会社
37 GO GO有限会社
38 Marukichi有限会社
39 OKC有限会社
40 Hanakimdinh有限会社(Cool Spot)
41 ベトナムHRI
42 Max Invesment
43 Kotobuki
44 日本コンピュータ有限会社
45 UNITEC電子株式会社
46 Shinko Technos有限会社
47 Dragon Golf
48 VST
49 Digital Ship
50 Gio Dong
51 Les Gants会社
52 Vina Saver
53 東海ベトナム
54 IF (I-Factory)
55 Seto Seisakusho
56 Niwa Foundry
57 Chef Meat Vietnam
58 Apple Film Da Nang
59 Masudaコンサルティング
60 Secom Vietnam
61 Nissin Logistics
62 Art Sakura
63 Takemoto Denki
64 Nippon Seiki
65 Advance Nonwoven Vietnam Co.,Ltd
66 Endo Chuzo
67 Oceana
68 NIPPOVINA合併会社ダナン支社
69 YAMATO DANA
70 Makiyasu
71 Laseek
72 Hanasho Vietnam
73 Da Nang – Kogyo旅客輸送会社
74 Nagaden Co., Ltd.
75 Teikoku International Vietnam Co., Ltd.

参考までに観光的な視点からゴルフコースと5つ星ホテル一覧も調べました。観光都市だけに外資系の高級ホテルの数も多いですね!

ゴルフコース一覧

5つ星ホテル一覧

さらに工業団地やハイテクパークが出来てきていることも日系企業にとっては、良い点と言えます。それぞれの工業団地によって優遇条件や特に強い業界などがあるようです。

ダナンの工業団地・ハイテクパーク一覧

最後に。ダナンのビジネス概況まとめ

さて、今回は様々な視点からベトナム・ダナンについてまとめてみました。進出先としてぜひ候補に入れてもらえればと思います。ベトナム内でもハノイやホーチミンが飽和してきた業界や、人件費を更に安くしたい会社などにとっては、有望な場所と言えそうです。また観光都市としても地理的な魅力がありますので、観光事業や観光関連する付随事業でも可能性がありそうです。ぜひ今後はベトナム・ダナンもチェックしてみてください!

外資系企業って何者?外資で働くための仕事の探し方ベスト3を紹介する!

2017.11.11

【まとめ】アジア就職の探し方ベスト5!日本に住みながらアジア求人を探す方法とは?

2017.10.20

アジアで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!