憧れの海外駐在を目指すなら。海外勤務のある駐在員求人の探し方ベスト3は?

パソコンをカタカタやるペンギン

アジアマガジン代表の今です。まず、海外で働くには現地採用と駐在員の2パターンがあります。いますぐに海外で働きたいなら現地採用として転職先を探すのが早いです。

ただ長期的に海外拠点で2〜3年経験をしたいという希望であれば、海外拠点がある会社で「駐在員」を目指して転職をするのも選択肢の一つです。

アジマガくん
海外の駐在員は商社だけじゃない!中小企業の海外拠点もあるよ!

例えば、車部品、縫製、不動産、人材紹介、検品、飲食店、教育機関など。海外展開してるけど、「いやー、弊社は家族持ちが多くて行きたがる社員がいないんだよねー」という会社もあります。有名な会社じゃない企業こそチャンス!

ひよこさん
駐在員って何なの?美味しいの?

えーと、給与的には美味しいことが多いですね(笑)

主にアジア、南アメリカ、アフリカなどの駐在員になった場合は現地の生活費が50%オフになります。ただ給与は日本の給与が変わらずもらえます。ちなみに現地での家賃や交通手段(社用車)は会社負担であることがほとんどなので、全然お金がかからないです。

もしアメリカやヨーロッパに駐在する場合でも、家賃はほぼすべて会社負担になるのでコストはかからないです。僕の友人もドイツに海外駐在をしていたのですが、家賃40万円/月くらいの3LDKに1人で駐在として0円で住んでいました(笑)

正直、自分のキャリアとして駐在員になれるのか、リアルに感じられる方は多くないでしょう。それは入社時には希望を伝えられるけど、実際に配属先を決められるかどうかわからないからです。

アジマガくん
下記の条件で会社選びをしていくことで、海外駐在員になれる確率は非常に上がります
  • 既に海外拠点があること
  • 現在、海外に駐在員を送っていること
  • 積極的にグローバル展開を進めていること
  • 社内のライバルが少ないこと(超優秀な人が多い商社などは競争が激しいので)

これらの選定基準を持った上で、海外勤務の求人に強いエージェントに相談・登録をしておくことで、良い求人があった時にオファーがもらえます。海外志向の方であれば駐在員をキャリアの一つとして考えないのは本当にもったいないです!

さて、今回は海外で人材紹介会社を経営していた僕が、海外勤務に強い転職エージェントを3社だけピックアップしました。ここなら間違いないという会社ばかりです。ぜひ海外駐在員として働く、というのをあなたのキャリアの選択肢の一つに入れてみてくださいね。

海外勤務・駐在員をキャリアに加えるべき理由とは?

海外勤務・駐在員に強い転職エージェントのベスト3をご紹介する前に、そもそもなぜ転職エージェントにキャリア相談すべきなのかお伝えします。

1:自分が海外勤務・駐在員として働ける可能性があるのか?がわかるから

いくら自分が駐在員として働きたい!と思っていても、プロのエージェントから見た時に「いや、職歴や経験的に無理ですね」という場合があります。それならそれで、早く知っておいた方がトクです。

逆に自分にも駐在員になれる可能性があるとわかれば、人生のプランの中に海外勤務を選択肢に入れることができます。それだけでもエージェントに相談する価値は十分にあります!キャリア相談するなら、修正がきくよう早く相談した方が良いです。無料なので踏みとどまる理由はありません。

2:自分では駐在員のポジションを探すのが非常に難しいから

「海外拠点で駐在員になれる可能性のある会社を探そう」と思っても、自分では探し切ることは不可能に近いです。業種×職種×国だけでも多すぎるくらいの種類があります。さらに企業ごとに今後のグローバル展開の計画があるので、それを調べるのは厳しいです。

そこはたくさんの企業の人事担当者とやり取りをしている転職エージェントに、企業や求人を比較してもらった上でご紹介してもらうのが早いです。餅は餅屋で、転職は転職のプロに相談したほうが効率的です。

3:エージェントからオファーをもらうことが重要だから

良い駐在員求人が出てくるのはタイミング次第です。常にあなたに合う求人が空いているわけではなく、タイミングが良ければ出てくるというモノです。それを常にチェックするのは現実的ではないです。ただエージェントは常にチェックするのが仕事です。「こういう案件があったら教えてくださいね」とエージェントと良い関係を築いておくことで、オファーをもらうことが可能になります。

ひよこさん
駐在員になるためには、まずはエージェントに登録が必要っちゅうことやな!

特に海外勤務・駐在員を目指した転職を初めて考える方は、下記で紹介するエージェントのうち、一つか二つは比較検討のためにも登録をしてキャリア相談してみるのが良いでしょう。

オススメの転職エージェントベスト3をご紹介します。ここさえ登録しておけば間違いない!というエージェントです!

海外勤務・駐在員に強いエージェント!ベスト3とは?

No.1 JACリクルートメント

やはりNo.1はJACさんです。東証一部上場企業で、会社規模も大きいです。なにより海外勤務があるグローバル展開をしている企業に強いです。

20代前半の方だとJACさんに登録するのはまだ早いかなという印象。20代後半〜40代後半くらいまでの方には全力でオススメです。僕が転職するなら絶対に登録します。

人材紹介会社は企業担当・人材担当と別れている会社が多いのですが、JACさんは両面型と呼ばれる企業と人材と一気通貫して担当をしています。実際にキャリア相談に行って頂くとわかるのですが、圧倒的に企業の採用情報に詳しいです。

さらにJACリクルートメント自体が、イギリスで日本人の方が創業したところからスタートしています。いまでもイギリス・シンガポール・香港・中国・韓国・マレーシア・インドネシア・インド・タイ・ベトナムに、JAC Recruitment の拠点を持っています。

日本国内でも東京(神保町)・埼玉・横浜・名古屋・静岡・京都・大阪・神戸・広島にオフィスがあります。ぜひお住いの近くにある拠点で、キャリア相談を受けてみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメントに無料キャリア相談をしてみる

No.2 DODAグローバルエージェント

DODAグローバルエージェントはグローバル転職に強い転職エージェントです。DODAは有名ですがグローバル向けの転職なら、ここから登録することでピンポイントでご紹介頂けます。現時点でも海外勤務の求人で29件、英語を活かせる仕事で95件と豊富な求人を見ることができます。

相談や登録をするにはオレンジ色の「エージェントサービスに申し込む(無料)」というボタンから進んでくださいね。登録時点で記入する項目もいくつかあるので、パソコンからの登録が便利です!

☑ 海外勤務や英語・中国語を活かせる求人が豊富!
☑ 初めての転職活動でもサポートしてもらえる体制

DODAグローバルエージェントの公式サイトを見てみる

No.3 ビズリーチ

ビズリーチはヘッドハンターを探すための求人サービスです。ヘッドハンターが1700名以上、登録をしていて、あなたのご経歴を見た上でオファーを提案してくれるサービスです。

以前は「年収1000万円限定」とか「仕事探しを有料で実施する」なども謳っていたのですが、最近では良い案件を探すためのプラットフォームに完全に進化しました。

転職への緊急性が低くても、まずは自分の経歴(キャリア)がどう評価されるのかを知ることが大事です。どんなオファーがもらえるのか試しに登録しておくと良いです。自分の市場価値を知るための初めの一歩として、おすすめの求人サービスです。

ビズリーチに無料登録して、良いオファーを待ってみる

海外勤務・駐在員の探し方まとめ

良い求人を見つけるためには、エージェントへの登録は必須です。ここの手間をかけずに転職活動は始まりません。できれば比較検討のためにも2〜3社は登録しておきたいところ。

基本的にはJACリクルートメントDODAグローバルエージェントに登録しておけば、海外勤務・駐在員の求人の情報は十分につかめます。むしろココに登録していないと自力で探すのはキツいです。

逆にそんなに急いではいないけど、自分の市場価値やどんなオファーが来るのか知りたい方にはビズリーチがおすすめです。職務経歴を登録した上で、ヘッドハンターからのオファーメールを眺めることから始めましょう。

さいごに

僕自身の意見ですが、転職エージェントに相談してみた結果、「転職をしない」という結果でも良いと思うんです。僕も色んな方のキャリア相談にのってきましたが、自分の主観だけで企業を決めるのは危ないです。自分の市場価値は、客観的な目線からしかわかりません。

アジマガくん
いつか海外で働きたいな、という気持ちがあるなら、絶対に無料登録はすべきです。無料でプロにキャリア相談にできる有意義な時間を、1〜2時間すら作れないなら良いキャリアは作れません。

ぜひプロの目線からリアルを知って、自分の選択肢を広げてみてもらえると嬉しいです。ぜひあなたの海外勤務・駐在員の憧れが、現実に変わる日を応援しています!

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!