マレーシア求人に求められる英語レベルは?マレーシア就職した日本人が解説!

マレーシアで必要な英語

こんにちは!アイユです。よくマレーシアの求人を見ていると、必須条件に日常会話レベルの英語や、ビジネスレベルの英語と書いてあり、下記のように思われる方もいるのではないでしょうか?

実際、必要な英語力ってどれくらい?

海外就職で必ずテーマになる「英語力」。マレーシアで働く場合、どのくらいの英語レベルが必要になるるか、実際に私が働く環境をもとに、お話していきます。

マレーシア就職に英語は必要か?

書類

マレーシアの日本人向け求人の中には、英語力不問!むしろ日本語ネイティブ求む!といった募集もあります。この場合、お仕事はコールセンターや飲食店のケースがほとんどです。「まずはマレーシアに来てしまいたい!」「とにかく日本を出たい!」そんな方には適したお仕事だと思います。

一方、「キャリアを求める」という方はやはり、英語力が問われるお仕事をお勧めします。なので、「マレーシア海外就職に英語力は必要か?」に対する私の答えは「イエス」です。

実際にどんな場面で英語を使うのか?

黒板

私の会社では、日本人向けの留学事業だけでなく、ローカル向けにプロモーションビデオの制作やマーケティングコーディネート、メイクアップやウェディング等のクリエイティブ事業を行っています。

そのため、留学事業では日本人のお客様や日本にある留学エージェントとのやり取りが発生するので、その際は日本語です。しかし同時に、現地の大学や企業とのやり取りも必要になります。ただやはり現地で綿密に手続きの確認等をしていくので、比重としては英語:日本語=6:4といったところになるかと思います。

クリエイティブ事業では完全にローカライズすることが必要になるので、ほとんどが英語です。また、社内のローカルスタッフとも商品の方向性や新規プロジェクトについて話し合うので、9割以上が英語です。

その他にも、現地の投資家や新規クライアントと会う際なども全て英語で行われます。

マレーシア求人に求められる英語レベルは?

シンガポール求人だけど、学歴・語学力不問

私の職場では、中級レベル以上の英語力が必要といえます。もちろん私自身も、自分の考えを最大限に表現出来ないもどかしさを日々感じていますし、これまでに何度も失敗してきましたので、「英語が出来ないから不採用」といった選考はしませんが、やはり学ぶ意欲の有無を重視します。

英語が全く話せず、社員同士のコミュニケーションでさえ何も進まないと、正直仕事になりません。ご自身も日本語のみ、相手も母国語のみで話しても、何も理解出来ませんよね。お互いの共通言語として「英語を使う」ことで、コミュニケーションがやっと発生します。

おわりに

海外就職を検討されていて英語力が不安な方は是非、オンライン英会話など、今すぐに出来ることから初めてみましょう。マレーシアで海外就職をお考えの方はご参考ください。

AYU

マレーシア就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

マレーシアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

マレーシアの現地採用についての記事を見たとご連絡ください!
丁寧にご説明させていただきますね。

ご年齢 (必須)

アジアマガジン、LINE@

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!