【マレーシアの口座開設の方法】銀行手続で必要なものは2つだけ!

マレーシアの口座開設

こんにちは!アイユです。

海外で働いて生活をするとなると、お給料の振込や各種引き落としなど、銀行口座の開設が必要になってきます。そこで今回は、私が実際に口座開設をした際にどんな手続きが必要だったのかをお伝えします。

マレーシアで口座開設をしたいと考えたら

maybankの前

わたしは今回、マレーシアのメガバンク「Maybank(メイバンク)」で口座開設の手続きをしてきました。通常、会社が契約している銀行で社員も契約をするとスムーズに手続きが進みます。

オフィス近くの支店に行き、受付で口座開設をしたい旨を伝えます。通常、番号札を渡されて窓口で開設するのですが、なぜかマネジャーオフィスに呼ばれて手続きをすることになりました。

口座開設に必要なものは2つ

口座開設に必要な書類は多く2つです!

  1. パスポート
  2. 雇用契約書

なお、パスポートには就労ビザの記載が必要になります。渡航時点では仮の就労ビザとなりますので、マレーシアに到着してすぐに移民局へパスポートを提出し、最終的な就労ビザを発行してもらいます。

口座開設の書類には、マレーシアで滞在しているお家の住所や電話番号、会社の住所、給与等を記入します。外国人の場合、収入の一定ラインを越えていないと、銀行口座を作成することが難しいです。書類記入やパスポートコピーなどは銀行側でしてくれるので、自分でするのはサインのみ。簡単ですね!

なお、日本から来たということもあり、日本食や日本への旅行について華を咲かせました。ほかにも、なんでマレーシアに来たのか、どんな仕事をするのか、はたまた「過労死」についても話題に挙げられ、あっという間に手続きも終わっていました。

窓口での準備を終えると…

口座開設の準備が整うと、オフィスに電話がかかってきます。就労ビザを以て手続きとなりますので、第三者の認証が必要ということですね。弊社スタッフへの質問としては、「会社にアイユ(実際は本名で聞かれます)という従業員はいるか」「どのポジションとして働く予定か」「銀行口座開設について会社は把握しているか」といった、ごく簡単な内容を聞かれます。

この確認の電話が終了すると、カードの引き渡しになります。別件で銀行に用事があったので、その際に受取も済ませました。

普通の口座だけでなく、オンラインバンキングも

受取の際にはオンラインバンキングのアカウント作成も一緒に行ってくれます。

マレーシア国内外への送金や引き落とし設定、残額確認、個人情報の変更など、ほとんどのニーズをこのオンラインバンキングで行うことが出来るので、銀行側もオンラインバンキングの使用を推奨しています。複数のパスワード設定や指紋認証によって安心安全かつ簡単にアカウント作成が出来たので、とっても驚いたのを覚えています。

おわりに

海外での口座開設ときくと、難しそうですし不安もあるかと思いますが、安心して日々の生活で活用しています。マレーシアでの手続きは予想以上に簡単で、とっても便利ですので、今後もさまざまなサービスについて、お伝えしていきますね!

Ayu

マレーシア就職の話を個別で聞いてみたい方はこちら

マレーシアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

マレーシアの現地採用についての記事を見たとご連絡ください!
丁寧にご説明させていただきますね。

ご年齢 (必須)

アジアマガジン、LINE@

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!