外資系企業に女性が就職するのはアリ?キャリアアドバイザーが解説!

こんにちは、アジアマガジンです!

キャリアウーマン

最近よく聞く言葉ですね!

女性でも仕事でバリバリ活躍したい!と思う方も増えてきているのではありませんか?

グローバル化が進み、外資系企業で働くということが身近になってきました。

そして、女性の社会進出も注目を浴びるようになり、自身の理想のキャリアを考える女性もいるのではないでしょうか。

ひよこA
外資系企業って、実際女性にも合ってるのかな?

ひよこB
英語は話せる自信があるんだけど… 調べてもわからない!

といった悩みを抱えていませんか?

今回は、女性が外資系企業に就職することのメリット、デメリットについてご紹介します!

女性で外資系企業に就職するのはありなのか?

最初に結論をお伝えすると…

女性が外資系企業に就職するのはキャリア志向の女性にとってはアリです。

日系企業ではまだまだ女性の社会進出ができておらず、管理職も男性の方が多いという現状があります。

反対に外資系企業には男女平等に機会が与えられ、女性で管理職を務めている方も多くいます。

管理職を目指したいというキャリア志向の女性には日系企業よりもオススメです!

外資系はキャリア志向の女性にオススメです!

ここからはどんな女性が外資系に向いているのか?解説します!

実際にどんな女性が外資系に向いているのか?

実際にどんな女性が外資系に向いているのかを説明していきますね。

向いている女性

  • 留学の経験や、英語のスキルを活かして働きたい方
  • 若いうちから、裁量ある仕事をしたい方
  • 管理職や部下のマネジメントに興味のある方
  • メリハリをつけて働くことができる
  • 積極的な方

外資系では男女や年齢といった制限は求めず、成果を出せた人が評価されます。

仕事でしっかりと成果を出すことができれば、若いうちから管理職を任されるといったケースも少なくありません。

また、オンとオフの線引きがしっかりしているので、プライベートの時間もしっかり作ることができます!

早い段階で裁量のある仕事をしたいという上昇志向の強い方や、オンとオフのメリハリをつけて働きたいという女性に向いています。

向いていない女性

  • 安定志向の方
  • 消極的な方
  • 自分に自信の持てない方

反対に、安定して給料を得たい方や、物事に消極的な方は外資系に向いていません。

成果を出せない場合解雇の可能性もある外資系では、積極性はとても重要です。

また、研修といった制度もない企業も多いので自分から仕事を取りにいく姿勢が大事です。

英語が話せたとしても自分に自信が持てず、積極的に行動できない方にとっては、外資系は厳しいでしょう。

外資系には向き不向きが顕著に表れていますね。

では、外資系で働くメリット・デメリットはどんなものがあるでしょうか?

女性が外資系企業に転職するメリット

女性が外資系企業に転職するメリットを見ていきましょう。

メリット項目

  • 活躍できるチャンスが多い
  • 成果を出すことができれば、年齢や性別に関係なく稼ぐことができる
  • 仕事とプライベートのメリハリをつけて働くことができる

女性が外資系に就職するメリットはやはり活躍のチャンスの幅が広いことでしょう。

日系企業では女性の方が男性より給料が少ないというケースもよく聞きますが外資系にはそれがありません。

また、プライベートを大切にする文化で、付き合いの飲み会がないので個人の予定を大切にできるというメリットもあります。

女性が外資系企業に転職するデメリット

それでは、女性が外資系企業に転職するデメリットをご紹介していきますね。

デメリット項目

  • 成果が出せないとリストラになる可能性も高い
  • 職種によっては多忙になる場合もある
  • 日系企業に比べ、福利厚生が充実していない

成果主義はデメリットにもなり得ます。成果が悪いとリストラされてしまう可能性もあるからです。

男女関係なく、常に成果を意識して働く必要があります。

また、職種によっては1日の労働時間が長くなってしまうこともあります。

ただ外資系の場合は、後日長期で休暇をとれる企業がほとんどです。

また、福利厚生も日系企業に比べて充実していないのもデメリットに挙げられます。

あなたはどう感じましたか?

それでは、外資系への転職を成功させるポイントをチェックしていきましょう!

女性が外資系企業への転職を成功させるポイント

女性が外資系企業への転職を成功させるポイントを説明していきますね。

ポイント項目

  • 日系企業とは違う文化に対応していける柔軟性があるか
  • 自分が転職先でどのようなキャリアを歩んでいきたいかを明確にする
  • 転職先についての企業研究を怠らないようにする
  • 自己表現がしっかりできる

 

外資系企業への転職を成功させるポイントで一番大切なことは、徹底的に自己分析をすることです。

外資系の面接で一番見られるところは即戦力になるかどうか?という点です。

自身のやりたいことを明確にして、これまでの経験からこういうことができる!

と前向きにアピールする為に将来像を踏まえて自己分析を徹底していきましょう。

また、外資系では様々な国の人が働いています。日本とは違う考え方や文化があり、日本の常識が通じないこともあります。

そういった文化の違いに柔軟に対応できる姿勢も外資系での転職を成功させるポイントです。

ぶっちゃけ結婚への影響は?

やはり、女性特有の悩みがありますよね。

それは結婚です。ちまたではこんな話題をよく耳にします。

ひよこA
外資系に転職すると、婚期が遅れそう…

将来的にはやはり結婚したいという女性にとっても気になるところですよね、、。

実際どうなのでしょうか?をぶっちゃけると…

人それぞれです…

中には結婚して子育てをしながらも、管理職としてがっつりと働かれている方もいらっしゃいます。

そして外資系の方が育児に対する配慮もしっかりしているので、結婚しても働きやすい環境を自分で築いていくこともできますよ。

結婚への影響は人それぞれ!

結婚して子供が生まれても管理職を務めてる女性もたくさんいます!

おわりに

みなさん、いかがでしたでしょうか?

外資系の転職を考えるにあたって、女性特有の悩みもありますよね。

ただ人それぞれの優先順位(仕事or個人)によるので、重要なことは、自分の優先順位に外資系が適しているか?という点です。

男性も女性も変わらず、外資系は上昇志向のある人はどんどん挑戦できる環境です。

新しい自分のキャリアの選択肢の一つとして、外資系への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

少しでも外資系企業への転職に興味のある方は

黒板

外資系の求人はご自分で探そうとしても情報量が少なく、いい企業に出会いにくいです。

なので外資系への転職はエージェントを通して行っていくのがおすすめです!

転職エージェントも数多くありますが、一番のオススメは外資系企業の転職に最も強いJACリクルートメントさんです!

ご興味のある方は、まずは求人を見ていくことから始めてみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメントに無料キャリア相談をしてみる

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!