【外資系企業の特徴20選】転職前に知っておきたいコトまとめ

こんにちは、アジアマガジンです!

グローバル化が進み注目を浴びるようになってきた外資系企業への転職。

しかしその情報の少なさから実際どうなのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

今回は、とにかく外資系企業にはどんな特徴があるのか知りたい!という方に向けて書いていきますね。

外資系のいいところも気になる部分も全部洗い出しました!

それでは早速ご説明していきます!

外資系企業に行きたくなる特徴

まずは思わず働いてみたくなってしまう外資系企業の特徴をご紹介します!

1.年収が日系企業と比較して高い

日系企業に比べて外資系は年収が高くなる傾向があります。外資系は成果を出せたら相応の給料を支払うので、平均的に年収が高くなります。

2.実力、成果主義である

外資系企業は日系企業と違い年功序列ではなく実力、成果主義です。

成果を出すことができれば給料が上がるのはもちろん、若いうちから役職につくことができます!実力を評価してもらいたい方にはとても魅力的ですよね!

3.留学経験、英語を活かすことができる

外資系なのでもちろん英語で仕事をすることがあります。留学の経験等があれば活かすことができますし、日本と海外の橋渡しも担うことができます!

4.様々なスタイルで働くことができる

外資系は日系企業に比べて働き方が多様化しています。

リモートワークも推進しているのでオフィスに出社する必要がない働き方も多くあります。家庭の事情等があっても、自分次第で働き方を選択できる環境があります。

5.休暇に対する考え方が寛容的

外資系は日系企業に比べ休暇に寛容的です。有給は完全消化を推奨していますし、無駄な残業はしないという文化があります。メリハリをつけて働くことができますね!

6.様々な国の人々と働くことができる

外資系では、様々な国の方が働いています。日本にいながらも多くの外国人と共に働くことができます!

7.女性でも管理職を目指しやすい

日系企業ではまだまだ女性の社会進出ができていませんが、外資系では男女関係なく実力があれば役職につくことができます。バリバリ仕事をしたいというキャリアウーマンの方はやりがいを感じるでしょう。

8.人間関係の煩わしさが少ない

外資系の人間関係はいい意味でドライです。各々がプライベートを大切にする文化があるので付き合いの飲み会等は全くありません。仕事は仕事と割り切りたい方にはうれしいですよね!

9.海外で働ける可能性もある

外資系企業なので本社はもちろん日本以外の国にあります。また、様々な国で事業を展開している企業がほとんどです。

成果を出して会社に認められる存在になれば、本社勤務や、その他海外拠点で働けるチャンスもあります。

10.意思決定が早い

日系企業では何をするにも上司の許可が必要で失敗は許されない文化、ホウレンソウを大切にする文化がありますが外資系はスピード感の方を重視する文化があります。

11.専門的な仕事ができる

外資系では日系企業よりも専門分野でのスキルを求められます。1つのことを専門的に学び、仕事をしてきた経験があれば大いに活かしていくことができます!

外資系企業に行くのが不安になる特徴

では、続いて外資系のデメリットをみていきましょう。不安要素もありますが大事なのはデメリットも含め自分にあっているか?どうかです!

12.福利厚生が充実していない

やはり外資系企業ですので日系企業ほど福利厚生は充実していません。

ただ、社内にマッサージルームがあったりと、外資系ならではのユニークな福利厚生がある企業もあります!

13.給料が安定しない

外資系は実力主義の文化があるので成果を出した分だけ給料は高くなります。反対に成果を出すことができないと給料は下がってしまいます。

日系企業のように毎月安定した給料がもらえるわけではありません。

14.文化の違いにとまどうことも

外資系では様々な国の方が働いています。もちろん国によって様々な価値観や文化があるので、日本との違いに悩まされることもあります。

15.リストラを受ける可能性も高い

外資系は日系企業の様に成果が出せなくても雇用してもらえるという優しい世界ではありません。成果が出せないと、リストラされてしまうことも少なくありません。

16.日本撤退の可能性も

外資系企業ですので本社は日本にはありません。

あくまで拠点なので、本社側が日本でのビジネスを辞めるという決断をしてしまうと、一気に職を失ってしまうことにもなりかねません。

日本での実績も大きい企業であれば可能性は低いですが、日本に参入したての企業の場合、その可能性はおおいにあります。

ちょっと面白い外資系の特徴

これまで外資系に行きたくなる特徴、不安になる特徴をご紹介しました。しかし、外資系の特徴はこれだけではありません。ここからは少しユニークな外資系の特徴をみていきましょう。

17.合コン受けがいい

「外資系企業で働いてます」って言うだけでなんていうか、モテそうですよね?

外資系って聞くだけで英語できる、お金持ちそう、頭いい・・・プラスのイメージしかありません。まさに魔法の言葉ですね。

18.嫌いな上司を割り切れる

日系企業では上司との関係はかなり親密で、飲み会を強制されたりすることもあります。

かなーーーーり気を使いますよね。外資系では日系に比べて関係がフランクです。仮に上司が苦手だとしてもプライベートで付き合っていくことはほぼないので割り切れます。

19.自然とルー大柴みたいになれる

外資系企業では英語を使って仕事をすることもあれば日本語を使って仕事をすることもあります。

英語を利用することが増えるので自然と英語脳が出来上がり、日本語での会話の中で思わず英語がでてしまうこともあります。気づけばあなたもルー語を話せるようになります。トリリンガルですね。

20.マイルが溜まる

職種によっては本社と日本拠点をなんども往復するポジションもあります。移動はもちろん飛行機。するとどうでしょう。マイルががっぽり溜まります。そのマイルで次のバカンスはどこに行こうか、、、。考える前に仕事を頑張りましょう。

 

外資系ならではの特徴がたくさん!

いかがでしたでしょうか?外資系には日系企業にはない様々な特徴があります。あなたは自分に向いていそうだと思いましたか?

外資系の転職で一番大事なのは英語ができるできないではなく、外資系の文化が自分に合っているかどうかです。

是非一度自分自身を掘り下げてみて、キャリアの選択肢の一つとして外資系を考えてみてください!

 

少しでも外資系企業への転職に興味のある方は

黒板

外資系の求人はご自分で探そうとしても情報量が少なく、いい企業に出会いにくいです。

なので外資系への転職はエージェントを通して行っていくのがおすすめです!

転職エージェントも数多くありますが、一番のオススメは外資系企業の転職に最も強いJACリクルートメントさんです!

ご興味のある方は、まずは求人を見ていくことから始めてみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメントに無料キャリア相談をしてみる

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!