外資系企業に向いている人の特徴は?英語ができるだけでは駄目な理由

こんにちは!アジアマガジンです。

最近は国内転職の選択肢として外資系も考える方々が増えてきているのではないでしょうか?そこで、今回は外資系企業への転職を考えて始めている方に向けて書いていきますね。

突然ですが…

外資系は英語ができるだけではいけません!

外資系には英語以外の日系企業と違う特徴がたくさんあるんです。そのため、今回は『どんな人に外資系が向いているのか』お伝えしていきます。

「そもそも外資系って何?」というところからご説明していきますね。

そもそも外資系って

そもそも、外資系って日系企業と比べてどこが違うの?と疑問に思われる方が多いのではないですよ。

ざっくり説明すると、下記の4項目が違うところが特徴です。

  1. 評価制度
  2. 仕事への考え方
  3. 教育方針
  4. 給与

日系企業よりも、成果主義、主体性の重視の傾向が強く見られます。もっと詳しく見たい方は、下の記事を参考にしてみてください!

外資系の仕事内容が未知すぎる件について|転職のプロが詳しく解説

2017.11.20

外資系企業に向いている人

外資系の特徴に関して、ご理解頂けましたでしょうか?外資系には日系企業にはない独特の文化があります。

それでは、外資系には向いている人はどんな人なのでしょうか?

向いている人の特性を思考性、性格、スキル(経験)の観点で見ていきましょう!

外資系に向いている思考性

・成果主義

外資系は日系企業とは違い、成果を最も大切にします。成果を出す為に常に試行錯誤して行動できる人材を求めています。

普段から成果を出すことを意識して行動できる方は外資系でもその力を十分に発揮できます。

外資系に向いている性格

・負けず嫌い

外資系では年功序列という制度がないので、年下でも成果を出せば役職につくことができます。

年下の上司がいるという可能性も少なくありません。成果が出せないと追い抜かれてしまう環境にあります。

そのような時に、悔しさをモチベーションに変え努力することのできる負けず嫌いな方は外資系に向いています。

外資系に向いているスキル・経験

・英語が話せる人

こちらは言うまでもありませんね。外資系には様々な国の方達が働いています。多くの方とコミュニケーションを取るために、英語が話せるにこしたことはありません。

・臨機応変に対応できる人

前述しましたが、外資系は成果主義です。

現在進捗中のプロジェクトでも結果が出ないと予想されたら即座に別の方法へ切り替えるといったことも日常的にあります。

そういった急な動きに対応できるスキルが重要になってきます。

・柔軟な考え、行動ができる方

外資系は日系企業と違い、多くの国々の方達が働いています。文化の違いから、日本人の感覚とは違うことも少なくありません。

そんな時に、文化の違いを素直に受け入れ、誰と仕事をしても柔軟に対応できる方は外資系に向いています。

成果主義で常に上を目指す!という意気込みのある方には、外資系はとても向いていることがわかりました!

それでは、外資系に向いていない人にはどんな特徴があるでしょうか?

外資系企業に向いていない人

外資系に向いていない人とはどんな人なのでしょうか?

英語ができるできないはそれほど向き不向きには関係ありません。外資系に向いていない人は、このような思考性、性格があげられます。

外資系に向いていない思考性

・安定を望む人

外資系は、成果主義なので成果を出すことができなければ減給はもちろん、リストラされてしまう可能性もあります。

毎月安定した給料をもらい、安定した生活を望む人には外資系の環境は厳しいでしょう。

外資系に向いていない性格

・みんなで仲良くやりたい人

外資系は日系と比べると、人間関係はドライな部分があります。プライベートを大切にする習慣があるので社員同士の関わりは日系企業ほど濃くはありません。

付き合いでの飲み会というものもない文化なので仕事とプライベートはきっちり分けたいという方には良いかもしれませんが、仲良くワイワイとしていきたい方には向いていません。

・過程や頑張りを評価されたい人

外資系では常に結果を重視します。日系企業では結果がよくなくても、それまでの過程を評価してもらえることもありますが外資系はそういった評価はしてくれません。

結果までのプロセスも評価してもらいたいという方には向いていないといえるでしょう。

・自分に自信のない人

成果重視で、リスクを負って挑戦できる行動力が外資系には求められます。自分に自信がもてない方は、こういった時にチャレンジすることをためらってしまうことが多いので、チャンスを逃してしまったり、他の人にポジションを奪われたりしてしまいます。

自信がなく、仕事に対しても消極的な方には外資系の環境は厳しいものとなるでしょう。

いかがでしたか?

外資系の向き不向きには、英語ができるできないより大事な適正がありましたね。

では、最終的に外資系で働くには何が一番必要なのでしょうか?

 

外資系で働くには◯◯が必要!

これまで、外資系に向いている人、向いていない人についてお話してきました。では外資系に向いていない性格に当てはまってしまった人は外資系への就職は諦めたほうがいいのか?というとそういうわけではありません。外資系で働くには、向き不向きよりも必要なものがあります。

外資系で働くのに一番必要なものは・・・

外資系で働く覚悟の有無です。

ここでもう一度、外資系で働きたいと思った理由を整理してみましょう。向いていない項目に当てはまってしまった人でも、外資系で本気で働く!という覚悟があれば問題ありません。

何よりも大切なのは外資系で働く!という強い覚悟です!

では最後に、外資系の面接の時に注意すべき点をご紹介します!

面接で向いていると思わせる方法

外資系の面接では、日系の企業よりもこれまでの実績やスキルを重視します。即戦力になる人材を求めているので面接ではこれまでの自分の事を自信を持って話していくことが重要です。それでは、面接ではどのような点を意識すべきか?具体的にご説明します!

  • 具体的なエピソードをつつけて話す
  • YES,NOははっきりと言う
  • 自信を持って堂々と話す
  • 英語の質問がある可能性も忘れずに

外資系の面接では、日系企業がよしとするような謙虚さをアピールする必要はありません。むしろ、謙虚さのアピールは逆効果ともいえます。自分はどんな人間で、どんなスキルがあるのか、そして今後どうなっていきたいのかを堂々と伝えるようにしましょう。

そして外資系なので面接官が外国人、そして英語での面接が行われる可能性もあります。そこでも大切なのは自信を持って話すことです。日系よりも自己分析で自分を掘り下げていけるかが重要になってきます!

しっかりと面接対策をして望んでいきましょう!

英語力だけでなく外資系が向いているかも考えよう!

いかがでしたでしょうか?

外資系には向き不向きはありますが、何よりも大切なのは外資系で就職するという覚悟だとお伝えしました。すぐに自分に自信が持てなくても、絶対に達成するという覚悟を決めて取り組めば、自然と自分にも自信を持てるようになります。

外資系の転職を迷った時は向いているか、向いていないかよりも

なぜ自分は外資系に興味を持ったのか?

を掘り下げていくことが大切です!

 

少しでも外資系企業への転職に興味のある方は

黒板

外資系の求人はご自分で探そうとしても情報量が少なく、良い企業に出会いづらいです。

なので外資系への転職はエージェントを通して行っていくのがおすすめです!

転職エージェントも数多くありますが、一番のオススメは外資系企業の転職に最も強いJACリクルートメントさんです!

ご興味のある方は、まずは求人を見ていくことから始めてみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメントに無料キャリア相談をしてみる

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!