外資系では本当にクビ・リストラがあるのか詳しく解説する

こんちには、アジアマガジンです!

外資系企業について調べるとよく聞くリストラがあるという話、、、日系企業ではめったにないことなのでなかなか信じがたいですよね。

結論をお話しすると外資系ではリストラは本当にあります。

今回は、外資系のクビ・リストラに対する考え方や事例について詳しくご説明します!

日系企業との考え方の違いに驚くこともあるかもしれません。

外資系でリストラがある理由

なぜ外資系ではリストラが多いのでしょうか?

大きな理由が2つあります。

1つめはアメリカの雇用慣習にあります。

アメリカでは”Employment-at-will”という観念があります。

解雇・離職が自由にできる環境となっているため、米国流雇用が日本でも適用されている場合があります。

海外では労働者も1つの会社でずっと働くという考えではなく、様々な会社を経験している方が多いですよね。

労働者側が自由に離職できるように、企業側でも自由に解雇できるという文化があり、リストラも多くなる傾向があります。

2つめは給料(人件費に)対する考え方の違いです。

業績が悪化している場合、日系企業では全体的にボーナスを減らしたり、基本給を減らしたりして対策をします。

一方外資系では成果を出している人が転職してしまうのを防ぐために成果を出している人の給料は変わらず、成果の出せてない人をリストラして人件費を削減します。

外資系では日系企業にはない文化の違いや考え方からリストラが多くなることがわかりました。

良くも悪くも実力主義なので、成果の出せない人には厳しい環境になりますね。

 

外資系がクビにできる理由

外資系でリストラする理由に関して説明してきましたが、日本の労働基準法が適用されているはずなのに何故簡単にリストラできるのか?という疑問がありますよね。

それは、日系企業と外資系企業の給与体系の違いにあります。

日系企業の給与体系は職能給と呼ばれ、終身雇用制度が元となって作られた制度です。

勤続年数に応じて給料が上がっていく仕組みになっていますが、何を担当するかがかなり曖昧な部分があります。

また、生産性もそれほど重視されません。

反対に外資系は職務給と呼ばれ、担当する職務内容が重視されます。

勤続年数や性別が関係なく、採用の段階で担当できる業務内容が重視されます。

つまりリストラとなる場合、「採用時に提示した職務内容を担えないので解雇」という明確な解雇理由があるので日本の労働基準法でも違法にはならないのです。

 

外資系でクビになるパターン

それでは、外資系でクビになってしまう場合はどんな時があるでしょうか?

成果が出せない以外にも会社都合で起きてしまう場合があります。具体的には4つのケースがあげられます。順番にご紹介します!

1.人事評価

もちろん、人事評価で成果が出せていないと判断された人はクビの対象になります。

「アップ・オア・アウト」という外資系コンサルティングファームの通年があります。

2〜3年で昇進し責任あるポジションを任されなければただちに会社を去りなさいという意味です。

これは中途も新卒も変わりません。

成果を出せずに同じポジションにとどまっていると、今後の成長が見込めないと判断され、クビになるケースが高いです。

他にも、外資系ではチームのリーダーが人事権を握っている場合が多いので、チームのリーダーとうまくいっていない場合等もクビの対象になってしまうこともあります。

2.部門の廃止やチームの解散

本国の方針変更に伴って、自分の所属する部門の事業を廃止したりする場合もあります。

そういった場合、他に担当できるようなポジションがなければ、クビの対象になってしまう可能性があります。

外資系では本国の影響が大きいので、成果を出せていてもこのようなケースでクビになる可能性も少なくありません。

3.日本からの撤退、人員削減

日本での事業がうまくいかず、撤退する可能性もあります。

その場合にはほとんどの人がリストラの対象になります。

また、日本側でそれなりの利益を出せていても、本国側の業績が悪くなると、その影響を受ける場合もあります。

4.M&Aによるポジションの重複

外資系では日本以上にM&Aの動きが活発です。M&Aによって同じポジションで仕事をしていた人が重なった場合、どちらかがリストラになってしまう可能性も少なくはないのです。

いかがでしたでしょうか?

成果を出せない以外にもクビになる可能性があることがわかりました。

ではどんな方が対象となってくるのでしょうか?

リストラの対象になる人

ではどんな人がリストラの対象になるのでしょうか?成果が出せない人というのはもちろんなのですが、他にも様々なケースがあります。

実行力のない人

外資系では実行力を重視します。

批判は誰でもできるという考えで、失敗する覚悟で実行しトライアンドエラーを繰り返せる人を求めています。

批判や意見は積極的に言えても実行できない人はリストラの対象になります。

給料が高い人

外資系でも、リストラをするとなったら給料の高い人からみていきます。

人件費は高いところから削減していくのが効果的ですので、この人は給料に見合った成果をだせているかを確認され、見合っていなければリストラされてしまう場合もあります。

社内で孤立している人

意外かもしれませんが、外資系にも人間的な部分はあります。

高い成果が出せていなくても、チームのリーダーや上層部との繋がりが強く、人脈が広い方はリストラの対象にならないこともあります。

リストラすることで周りからの批判が高まり業務に支障をきたす可能性があるからです。

逆に、社内で孤立していて、このような人を候補に選んでも誰にも文句をいわれないだろうという方はリストラの対象となってしまうこともあります。

対象にならないためは?

それではクビの対象にならないためにはどうしたらいいのでしょうか?対象にならないために様々なことを意識していく必要があります。詳しく解説していきます!

専門スキルを高める努力を怠らない

外資系では即戦力、実力が優先されます。自分の職務として任された分野に関してのスキルを高める努力を怠らないようにしましょう。

社内のコミュニケーションを大切にする

飲み会や仕事外で上司や同僚と仲良くする必要はありませんが、仕事中はコミュニケーションをとっていくことを意識しましょう。外資系といえども同じ人間です。

この人がいなくなると社内環境が悪くなると思わせることができれば、リストラの対象からまぬがれられることもあります。

転職情報はマメにチェックする

こちらは対策ではなく、もし対象になってしまったらのお話にはなりますが、転職の情報はマメにチェックするようにしましょう。

クビといえど、いきなりなるものではありませんよね。

上司と個別のミーティングが入ったりプロジェクトを任せられなくなる等、ある程度の予兆が感じられるかと思います。

その際にはもし最悪のケースになっても対応できるよう、転職サイトに登録し求人情報をチェックしましょう。

クビが怖ければ外資は避けるのが賢明

ご説明してきたように、外資系は本国の状況によっても環境が左右されるので、日系企業のように安定していることは滅多にありません。

成果を出せる自信がなかったり、クビになるのが怖いという方は外資系は避けるのが賢明です。

外資系で働きたいという気持ちが高いのであれば、これらのリスクをふまえて仕事をするという覚悟と自分にとってチャンスが大きいと感じるかどうか?という価値観を大切にして考えてみましょう。

 

外資系で働くことにはリスクが伴うことも忘れずに!

いかがでしたでしょうか?

外資系ではクビが多いことも事実としてありますが、キャリアアップのチャンスが掴みやすいことや、成果次第で高い給料が得られることも事実です。

どれだけ転職回数が多くても、実力があれば評価してもらえる環境なので、日系企業にはない考え方を学ぶことができます。

リスクが大きい分得られるものも大きいのが外資系企業です。

リスクの部分だけにとらわれず、あなたにとって自己成長に繋がるかどうか?考えてみてください!

少しでも外資系企業への転職に興味のある方は

黒板

外資系の求人はご自分で探そうとしても情報量が少なく、いい企業に出会いにくいです。

なので外資系への転職はエージェントを通して行っていくのがおすすめです!

転職エージェントも数多くありますが、一番のオススメは外資系企業の転職に最も強いJACリクルートメントさんです!

ご興味のある方は、まずは求人を見ていくことから始めてみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメントに無料キャリア相談をしてみる

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!