【ベトナムでテント泊してみた】リゾートでテント泊!? 人気観光地ムイネーに400円で宿泊!

ベトナムの南部にあるビーチリゾート、ムイネー。リゾートホテルに泊まるのが王道ですが、敢えて「ビーチでテント泊」に挑んでみましたので、レポートします。

ベトナム・ムイネーってどこ?

ベトナム最大の都市ホーチミンから東へ、バスで5時間ほどのところにあります。
観光地化されたのは1995年ごろで、当初はロシア人に人気の観光スポットでしたが、現在は欧米人を中心に人気を博しているベトナム屈指のリゾートです。

map of Muine01

ムイネーリゾートでテント泊とは?

今回宿泊するLong Son Muine Resortは、「ベトナムNo.1のキャンプリゾート」でビーチでテント泊ができるという一風変わった宿です。テントは既に備え付けのものがあるので持参する必要はありません。そして、驚くべきはその価格。

price of LSM

1泊あたり3.5 USD (約 400円) ! 脅威のプライスです!(価格はシーズンによって変動することがあります)実態は一体どんなところなのか気になったので、実際に行ってきました。

ホーチミンからムイネーへの行き方

出発はホーチミンのゲストハウス街、ファングーラオから。バスのチケットは100,000ドン(約490円)でした。

DSC02133

3列シートの寝台バスで向かいます。

DSC02130

バスに揺られること5時間。
乗ってきたバスを降りると、そこはグエンディンチウ(Nguyen Dinh Chieu)通りというムイネーのメインストリートでした。

DSC02136

この通りにはコンビニ、レストランや土産物屋が軒を連ねており、ほとんどの観光客はこの通り沿いのホテルに宿泊します。逆に言えば、ムイネーでこのメインストリートを外れるとレストランやお店を見つけることは難しそうでした。食料は予めホーチミンで仕入れてきたのは大正解のようです。

目指す宿はメインストリートからローカルバスで20分ほど、白と青のストライプのローカルバスで向かいます。

DSC02138

バスで向かう途中、船の大群が現れました。写真スポットのようです。

DSC02139

ようやく、到着!

DSC02217

テント泊と聞いていたので、かなりサバイバルな環境を想像していましたが、とーってもリゾートな雰囲気。

ビリヤード台やバーも併設しており、なかなかの環境。シャワールームもかなり清潔感があり、とても3.5ドルとは思えないクオリティーです。

DSC02153 DSC02216 DSC02154

こちらのリゾートはとにかくスペースが広大で、パーティー用と思われるテーブル席が広がっていました。

DSC02213

スタッフによると、こちらのリゾートは、結婚式や会社のパーティーなどのイベント会場としてのビジネスで収益を上げることで、この低価格が実現したとのこと。

パーティーは夕方から夜だけなので、宿泊者に迷惑がかかることもないし、ビーチ沿いなのでどんなに大声を上げても近隣の迷惑にはならないようです。

さて、いよいよ気になるテントの様子は、こちら!

DSC02144

中には布団が敷いてありました。下地が砂浜なこともあり、思ったほど硬さも感じず中々に快適です!

目の前はもちろん海で、プライベートビーチ状態です。

DSC02209 DSC02205

夜には宿泊している旅人たちが次々と帰って来て、バーに集まってきました。バーのメニューには1ドルで食べれるフライドライス、ベトナム風春巻きなどもあり、食事面も充実していました。

西欧人のゲストがほとんどで、皆ホーチミンやハノイかでバイクを購入してベトナム縦断の旅をしている人が多かったです。

中にはポーランドの自宅から中央アジア・中国を経てベトナムまで自転車で旅をしているという強者も。

DSC02171

仲良くなったころには、ほろよいを通り越しており、サイゴンビールを片手にビーチでキャンプファイヤー!波音のBGMが心地よいです。

DSC02181

※ベトナムで働きたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください!
>>【本気で書きました】ベトナムで働くための転職エージェント6選!

翌日は爽やかな波音…ではなく、異常な蒸し暑さで目覚めました。ほとんど蒸し鶏状態で、軽い脱水症状。テント泊する際は水分補給が重要です!

さて、ムイネーの観光スポットといえば砂丘。ムイネーで有名な観光地はなんといってもイエローサデューンと言われる砂丘です。黄砂の巨大な砂丘で、ソリで一気に砂丘を下ることができるようです。

1221800809_54f60f0947_z

砂丘はまさしく自然のアートで、幻想的な風景に心が洗われました。リゾートに戻るとサンドアートづくり。

DSC02189 DSC02195

みんなサンドアートづくりに夢中で、あっという間に夕暮れ。
ゆったりとした時間を過ごすことができました。

ムイネーでテント泊してみたまとめ

今回テント泊してみて感じたのは下記の3つ。

  • 寝心地は全く問題なし、朝日が昇った途端暑さで目覚めてしまう
  • 昼寝は屋根のあるハンモックがベストポジション!
  • リゾート以上に自然と触れ合いたい人、旅人と触れ合いたい人には本当にオススメ!

中心地からは距離があるのが難点ですが、その分普通の旅行者とは違う経験ができること間違いなしです。機会があったらぜひ、一度訪れてほしい、そんなキャンプリゾートです。

Long Son Muine Resort
706 ST, HON ROM, LONG SONG, SUOI NUOC,
MUI. PHAN THIET CITY, BINH THUAN, VIETNAM
+84 90 268 64 89

※ベトナムで働きたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください!
>>【本気で書きました】ベトナムで働くための転職エージェント6選!

 

ベトナムで働くための海外就職相談を受付中!(無料)

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

ベトナム就職の無料相談はこちらから

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22