外資系の転職はTOEICの点数が高くなければ無理なの?実態を調査しました!

こんにちは、アジアマガジンです!

外資系へ憧れているけど英語が心配…

最近受けたTOEICの点数も低いし、どうせ無理だろうなー

と考えてしまっている方はいませんか?

もしかすると、

今の英語力でも外資系で働けるチャンスがあるかもしれませんよ!

今回は外資系で必要なTOEICの点数について解説していきます!

外資系企業に転職する時ってTOEICの最低ラインはあるの?

まず外資系で最も気になる部分。外資系に転職するにはTOEIC最低何点以上といった条件はあるのでしょうか?

正直なところ、それは企業によりけり

外資系企業の中にはTOEICを受けたことがなくてもその他のスキルが高い方を採用するというケースもあります。

一概に外資系企業ではTOEICが必須という訳ではないようです。

一般的に750点はあった方がいい

とはいえ、外資系企業では英語ができた方ができる業務の幅も広がり、会社からの評価も高くなります。

仕事においても英語で意思疎通がとれたり英文でのやりとりがスムーズにできる人の方が成長も早いです。

外資系企業に転職するのであればTOEIC750点ほどのスキルが合った方がいいです。

外資系企業の中にはTOEICの点数を問わない企業もあります!

ただ、英語が全くできない人は入社後にとても苦労することになりそうです。

実際にはどれくらい英語が求められるのでしょうか?

そもそも外資系企業ってどれくらいの英語が求められるの?

外資系企業ではどれくらいの英語力が求められるでしょうか?

先程お伝えしたように、外資系企業では求められる英語スキルは職種やポジションによって異なります。

募集している職種の専門スキルが高い人や、日本人クライアントを相手にすることが多い方は英語力が高くなくても採用されることもあります。

ただ、社内システムは英語であるが多いのである程度の読み書きのスキルは必要です。

キャリアアップを目指すなら

転職をする以上、キャリアアップも目指したいですよね。

外資系の場合、キャリアアップを目指すのであればビジネスレベルの英語力が必要です。

どうして必要なのか?といった理由についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています!

外資系は英語必須ではない?実際に必要な英語力について詳しく解説する

2017.12.12

TOEICは選考基準の中の1つの項目でしかない

外資系企業への転職となるとTOEICが何点以上ないと採用されないと思われがちですが、あくまで選考基準の中の1つの項目でしかありません。

外資系の転職において一番大切なことは、どれだけ自分のスキルをアピールできるかということです。

TOEICの点数が高くてもコミュニケーションが全くとれない人は採用されなく、逆にTOEICの点数が高くなくてもアピールが上手にできる人は採用されることだってあります。

TOEICの点数が高いにこしたことはありませんが、低くてもチャンスがないというわけではありません。

英語に自信のない人は積極性など、英語以外の部分でアピールできる部分を見つけましょう!

TOEICの点数に惑わされずに

外資系=TOEICと思われがちですが、それは企業によりけりということが分かりました。

もちろん外資系で働くのであれば英語を勉強し続けるという努力は必要ですが、現時点で英語に自信がなくてもチャンスはあります。

英語に自信がないけど外資系で働いてみたい!という方はまずはさまざな求人を見てみることは始めてみてはいかがでしょうか?

TOEICの点数が低くても諦めずに求人を探してみましょう!

あなたにあった求人を見つけることができるかもしれませんよ!

少しでも外資系企業への転職に興味のある方は

外資系の求人はご自分で探そうとしても情報量が少なく、いい企業に出会いにくいです。

なので外資系への転職はエージェントを通して行っていくのがおすすめです!

転職エージェントも数多くありますが、一番のオススメは外資系企業の転職に最も強いJACリクルートメントさんです!

ご興味のある方は、まずは求人を見ていくことから始めてみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメントに無料キャリア相談をしてみる

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
もっと幅広く求人を見たい方は
業界最大手のリクルートエージェントもおすすめですよ!