アジアはスピード勝負。毎月1店舗ずつオープンさせるカフェチェーン店。

アジアマガジンを運営する株式会社BeGlobal代表の今です。今回はアジアビジネスについて書いていきたいと思います。日本とアジアではマーケットの動きの早さに、大きな違いがあると考えています。

【フィリピン】国内発のコーヒー店、1年で20店体制へ

これは昨日(2016/05/04)のニュースですが、フィリピンの現地コーヒーチェーン店「The Coffee Project」の発表がありました。そこでフィリピンのビリヤルグループ代表のビリヤル氏のコメントが、アジアのスピード感を示していると感じました。

月1店舗以上の割合で出店し年内に最大12店、
向こう1年以内に20店体制にする。

はい、毎月1店舗オープンです。1年ぶりにフィリピンに行ったら、このカフェが12店舗も増えてるイメージです。日本の地方都市ではあり得ない感じですね。でも実際、アジアではこのくらいのスピード感が大事なんだよなあ、と改めて感じた次第です。ここのスピード感のギャップはアジア進出時に認識しておく必要があります。

12065821_773304416114086_3258159993666337397_n

ザ・コーヒー・プロジェクトFBより引用

ミャンマーでも外資系銀行が2016年前半に4銀行が開始

他にも今年3月のニュースではミャンマーで外資系銀行4つの承認がおりた、というのもありました。(引用元・英語)いままでの9つしかなかった外資銀行の許可が、一気にプラス4つOK!ってなかなかのスピード感ですよね。むしろ銀行ってそんなにたくさんオープンするんですね!

伝えたいこと

2015年に現地視察をしても、2016年には業界地図が大きく変わっている可能性があります。アジア市場に限って言えば、視察や計画を立てることに長く時間を使うのは良くないです。P→D→C→Aサイクルをしっかり回していくというよりは、P→DDDDD→C→Aくらいの行動多めがちょうど良いと考えています。

僕自身もカンボジアで創った会社は、2年間で僕1人から社員30名ほどまでの規模になりました。創業から1年半ほど経過した頃にはテレビCMやラジオ番組、求人サイトや求人アプリ開発まで行っていました。日本の仕事のスタイルは一旦忘れて、アジアではギアを上げて業務を進めていくことがおすすめです。

アジアで働くための海外就職相談を受付中!(無料)

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

アジア就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!