タイ就職の入門編!タイの基礎情報と転職活動の進め方

アジアマガジン代表の今です。いまアジアが盛り上がっているとか、海外就職も面白いとか、と言われていますね。ただ海外就職に興味を持った時に、「正直、何からやればよいかわからない」という声も多いのが現状です。

アジアマガジンでは国別に「海外就職をする方法」をまとめています。ここ数年観光地として人気を集めているインドについて就職情報をお伝えしますね。「もう、このページだけ見れば、インド就職で何をすればよいかがわかる!」というレベルの記事を目指しています。では早速ご紹介をしていきます!

では早速、順番にご紹介をしていきます!

※タイで働きたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください!
>>【本気で書きました】タイ・バンコクで働くための転職エージェント6選!

タイってどんな国?どんな都市があるの?

まずは国としてタイの概況を掴んでおきましょう。まあ、最低限、どんな国かくらいは知っておかないと。基本情報だけまとめます!まず場所はココです!

スクリーンショット 2016-07-25 16.19.15

タイの基本情報!

国・地域名 タイ王国 Kingdom of Thailand
面積 51万3,115平方キロメートル(日本の約1.4倍)
人口 6,676万人(2013年、出所:国家経済社会開発庁)
首都 バンコク(タイ語名:クルンテープ・マハナコーン)
人口852万人(2013年、出所:同上)
言語 タイ語
宗教 人口の約95%が上座部仏教、その他イスラム教(4%)、キリスト教(0.6%)など

日本人の就職可能性の高い都市は、主にバンコク、です。もちろん他にも観光など良い町はたくさんあります。今回はタイの三大都市の場所と一言紹介をしていきます!

スクリーンショット 2016-07-25 16.19.28

1)日本人が多く住む首都バンコク

skytrain-457296_640

ショッピングセンター、レストラン、カフェ、バー、ギャラリーなどが混在し、交通網も発達している大都会です。安心して便利な生活を送りたいという人には最適の街です。日本人も多く住んでいます。

2)第二の都市チェンマイ

wat-phra-1470478_640

タイ北部に位置する第二の都市で美しい古都です。観光業などをメインに栄えています。

3)タイ最大の島プーケット

phi-phi-island-tour-1497818_640

タイ国内では最大の島で、キレイな海と砂浜に世界中から観光客が訪れています。ビーチやリゾート好きには最高の立地ですね!

タイ進出している日系企業の数と在住日本人の数は?

さて、どのくらいの日系企業がタイに進出をしているのでしょうか?日本人がタイで働く先はほとんどが日系企業なので、企業数も大事な要素です。まずはデータで企業数を調べてみましょう。

▼日系企業進出状況

日系企業進出状況 4,567社
2014年11月時点

JETROより引用(https://www.jetro.go.jp/world/asia/th/basic_01.html)

▼商工会に登録されている日系企業数

企業数:1,707社
備考:バンコク日本人商工会議所会員数(2016年4月末時点)

4500社以上の日系企業があるなんて、ほんとすごい国です。構成比を見ても、製造業が4割・サービス業が4割、となっており製造業とサービス業が圧倒的に多いようです。

では次にタイ在留の日本人の人数を見てみましょう!

▼タイ在留日本人の数

ずばり、タイ在住の日本人は 67,424人です!
(2015年10月時点)出所:外務省「海外在留邦人数調査統計(平成28年要約版)」

実際には出張ベースで滞在している方も多く、日本大使館に在住届を出していない方もいるようです。ざっくり8万人くらいが常時滞在している、というのが実情に近いと思います。

まとめるとタイには、
4500社以上の日系企業があり、
67,000人以上の日本人が住んでいます!

タイの日本人向け求人は、どんな仕事がある?

弊社でもタイ求人は多く扱っています。特に多い職種を3つご紹介します!

1)営業職

日本人同士・日系企業同士のビジネスを進めるために、日本人の営業が必要になっています。BtoCでも接客やお客様対応で日本人が求められ、BtoBでも取引先や顧客企業とやり取りをするのは日本人営業になります。社内では英語も使用するため、少なくとも日常会話レベルは必須になります。

2)製造業

都市部から少し離れた工業団地では製造業も発展しており、そこで生産管理ポジションや、工場内の総務/人事ポジションなどが求めらています。家賃補助なども手厚く、比較的給与も高いのが特長です。

3)店舗・飲食店

タイにはショッピングセンターや日本人向けの店舗が多数あります。日本食のレストランや居酒屋も数えきれないほどたくさんあります。そこで店舗内での接客やマネージャーポジション、飲食店のマネージャーやスタッフなども求められています。

その他にはコールセンター、医療関係(医者、看護師、クリニックスタッフ)、IT企業のエンジニアやマネージャー、建設関連などもあります。まあ、4500社以上の日系企業があるため、多数のポジションがあるのは当然ですね!

日本人が働くための就労ビザの取得要件は?

日本人がタイで働くには就労ビザが必要です。基本的には内定が決まり、入社するまでに企業が手配の指示をしてくださるところがほとんどです。主に就労ビザを取得できる方の条件は下記です。

  • 大卒(短大卒、専門学校卒でもOKの場合も)

※詳細と最新情報は大使館やタイ入国管理局などの専門機関にご確認ください。

上記のルールに関してもアジアならではの曖昧な部分もあり、入国管理局の担当者によって異なるみたいです(笑)上記のビザ条件に当てはまらないからといって、タイ就職を諦める必要はありません。大卒ではない方でもタイの日系企業に入社できたケースも有ります。

まずは、企業からの内定を頂くこと=ビザ取得、と考えて頂いて良いと思います。個人でビザ取得の方法を考えるのではなく、企業からの採用通知を目指して頑張りましょう!

給与目安と生活費目安の相場は?

▼タイ現地採用の給与目安

日本人の現地採用の場合は40,000~80,000バーツ(12〜24万円)が相場です。仕事内容やスキルによって、幅広く仕事があるので、相場と言ってもかなり広いのですが。。ご本人の経験やスキルに応じて変動すると考えて頂ければと思います。もちろん入社してから実績を出していければ昇給は見込めます。

工場の生産管理系の仕事は、家賃補助があったり福利厚生が充実しています。マネージャー職であればスタートから30万円くらいの仕事もあります。

▼タイ現地採用の生活費目安

家賃は平均するとバンコク都心で10,000〜30,000バーツ(3〜9万円)、バンコク郊外だと5,000バーツ(1.5万円)のマンションに住んでいる方も多いです。もちろん30,000バーツ以上のマンションに住んでいる方もおり、5,000バーツ以下の格安物件に住んでいる方もいます。(家賃が人それぞれなのは、日本国内でも同じですよね。。)

参考記事:バンコクに住む! 気になる賃貸事情とは? ~コンドミニアム・サービスアパート編~
参考記事:バンコクに住む!後編~事例別 1万バーツ以下の格安物件の探し方から契約まで~

その他の生活費は下記を参考にしてみてください。

タイでの生活費の参考例
・家賃:12,000バーツ(4万円)
・通常の飲食費:7,000バーツ(2.2万円)
・交際費:8,000バーツ(2.5万円)
・移動費:1,000バーツ(3000円)
・雑費:10,000バーツ(3万円)

合計しても家賃+26,000バーツ(8万円)くらいですね。

例えば家賃が12,000バーツ(約4万円)の場合は、月38,000バーツくらい(約12万円)の生活コストになります。普通の暮らしをしても、合計して月38,000〜50,000バーツ(12〜15万円)くらいで生活している方が多いかと思います。

タイ就職、転職活動の進め方

タイ求人を見つけるには転職エージェントから紹介をもらうのが近道です!大手の求人サイトにもなかなか載っていないため、エージェント経由で相談しておいてチャンスを待つ形になります。

まずは海外関連の仕事があるかエージェントを活用して無料相談しましょう!平日夜や土日でも面談はOKで、登録時には履歴書不要です。転職エージェントの最大手のリクルートエージェントと、アジア8カ国に展開する転職エージェントのJACリクルートメントに相談をしておけば十分です。

まとめ

タイは4500社以上が進出しており、日本人も6.7〜8万人ほど住んでいます。圧倒的に日本人も多く、日本人が暮らしやすい環境も整っております。それなのにアジアならではの活気や暮らしやすさがあるのがタイの魅力ですね。ぜひタイで働くために動いてみてはいかがでしょうか?

弊社でもタイ求人のご案内も可能な、無料海外就職相談に乗っています。ぜひお気軽にご連絡くださいね!

※タイで働きたい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください!
>>【本気で書きました】タイ・バンコクで働くための転職エージェント6選!

 

タイで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22