【海外起業】「アジア進出はタイムマシン経営」ってほんと?実際の方法を教えます!

アジアマガジンの今です。アジア進出に関して、よくタイムマシン経営と言われます。これって本当なのでしょうか?今回はアジア進出におけるタイムマシン経営の方法について、考察していきたいと思います。

そもそもタイムマシン経営とは何?

clock-611619_640

タイムマシンに乗ってきた未来人のようにビジネスを作る経営手法です。ちなみにソフトバンク社の孫正義氏が1990年代後半から、繰り返し唱えていた経営手法だそうです。当時はネットバブルの時代で、アメリカで流行したビジネスを日本に持ってくることで成功をさせる手法のことでした。

アジア進出について言うと、日本などの先進国が歩んできた発展の歴史を、ASEANの特に新興国で実施することで、ビジネスを成功させる方法と言えます。

タイムマシン経営の失敗例

ビジネスをしている方であれば、すぐにわかると思いますが、そのまま適応しても100%当てはまりません。どの国も同じ発展の歴史を歩むわけではないですからね。

例えば

  • FAX
  • 固定電話
  • 電話ボックス
  • プリクラ
  • MD
  • ビデオテープ

などをアジアに持って行っても、ほぼ無理ですよね(笑) 普通にみんな携帯電話を使っているし、スマホで自撮りをしてFacebookに上げまくっています。はい、パッと考えただけでも当てはまらないものが多そうです。

タイムマシン経営を成功させるには?

office-1209640_640

アジア進出でのタイムマシン経営のポイントは、

現地の現状を徹底的に把握すること

が最大のポイントだと思っています。

現地の方々の実際の様子を徹底的に知ることで、何が課題で次にどうしたいのかがわかります。それを踏まえて、課題に対するソリューションとして、日本などの先進国で辿った歴史があれば適応するイメージです。

例えば、現状の方々が抱えている問題が「家から家へのモノの郵送ができないこと」であれば、「ヤマトや佐川急便のような宅配サービス」はいけそうだ、というような形です。

WEB・ITにおけるタイムマシン経営

ただ上記には例外があって、WEB・IT・アプリにおけるタイムマシン経営は非常に当てはまると考えています。スマホの利用状況はどの国も一気に発展しているため、タイムマシン的な”発展の時差”が1年単位ではなく、1ヶ月単位で発生してます。

例えばPOKEMON GOとか、Instagramとか、Uberとか、Airbnbなどは、一気にアジアでも伸びると思います。あとはメルカリ的なフリマアプリも、ここ半年間くらいでアジアにも広がりそうですね。

WEB・IT・スマホに関しては、iPhoneなどのスマホ機器やwifiインフラが同条件になりやすいため、ほぼ同時発生的に流行る可能性が高いです。なので、そこを1ヶ月単位で先を見越して始めることで、ビジネス上、優位に立つことは可能だと思います。

まとめ

・従来型のビジネスはアジア現地の現状を徹底的に調べた上で、課題が見えてからタイムマシン経営を考えること。

・WEBサービス型のビジネスは、他国での流行状況や成功例を見て1日でも早くスタートをさせておくこと。

これらがアジア進出におけるタイムマシン経営だと考えます。完璧ではないにしろ、他国での成功例や失敗例は非常に参考になるため、”発展の時差”という観点は大事ですね。ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

▼アジア進出企業様へ(無料プレゼント中です!)

アジアでの日本人採用を支援している株式会社BeGlobalの現地採用ノウハウを無料で公開中です。『アジアで働く日本人を採用する方法』というタイトルのレポートで、PDFで15ページ分のボリュームです。内容は下記です。

【アジア進出企業様向け】
アジアで働く日本人を採用する方法
—日本にいる日本人を、海外拠点で採用するにはー

スクリーンショット 2016-07-15 17.37.20メールにて無料でPDFデータでお渡しさせて頂きます。本レポートを読んで頂いた企業様には、「最新の登録者情報」についても月1回ほどのペースで情報提供ができればと考えています。ぜひ貴社の事業推進のため、ご参考にして頂ければと思います。

『アジアで働く日本人を採用する方法』レポートのお申し込みは、下記から宜しくお願い致します。

無料レポートのダウンロードはこちらから

会社名 (必須)
 

担当者名 (必須)

メールアドレス (必須)

アジア拠点での日本人採用について、
ご質問やご相談があれば下記にご記入ください

また、アジア拠点から日本人採用をする際には、成果報酬で直接人材を採用できるアジアダイレクトも御活用頂ければ幸いです。今後もアジアマガジンを運営する株式会社BeGlobalでは、アジア進出する企業様のお役に立つ情報発信をして参ります。

アジアマガジン内のPV数トップ10記事も見てみてね!

100記事突破!過去の人気記事ベスト10を発表!

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22