シンガポール就職の入門編!シンガポールの基礎情報と転職活動の進め方

アジアマガジン編集部です。いまアジアが盛り上がっているとか、海外就職も面白いとか、と言われていますね。ただ海外就職に興味を持った時に、「正直、何からやればよいかわからない」という声も多いのが現状です。

アジアマガジンでは国別に「海外就職をする方法」をまとめています。ここ数年観光地として人気を集めているインドについて就職情報をお伝えしますね。「もう、このページだけ見れば、インド就職で何をすればよいかがわかる!」というレベルの記事を目指しています。では早速ご紹介をしていきます!

では早速、順番にご紹介をしていきます!

シンガポールってどんな国?

まずは国としてシンガポールの概況を掴んでおきましょう。まあ、最低限、どんな国かくらいは知っておかないと。基本情報だけまとめます!まず場所はココです!

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

シンガポールの基本情報!

国名 シンガポール共和国 Republic of Singapore
面積 719.1 km² →東京23区と同じ大きさ
人口 約554万人(2015年6月時点 出典:外務省データ)
首都 シンガポール
言語 国語はマレー語。(出典:同上)
宗教 仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンズー教。(出典:同上)
公用語 公用語として英語、中国語、マレー語、タミール語。(出典:同上)

東京の23区程の国土しかないシンガポールは経済都市。具体的には一人あたりの名目GDPは52,000USドルでアジア第一位!なぜそんなのに豊かなのか・・?

・空と海の両面で人とモノの流れのハブになっている点。
チャンギ空港は世界有数のハブ機能を持ち、ASEAN第2位の旅客数・利用者数とASEAN第1位の貨物取扱量を誇っている。
・法人税率が17%と低く、世界中から企業が集まっている点。
などが挙げられます。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e5%a4%9c-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

2)シンガポール進出している日系企業の数と在住日本人の数は?

さて、どのくらいの日系企業がシンガポールに進出をしているのでしょうか?日本人がシンガポールで働く先はほとんどが日系企業なので、企業数も大事な要素です。まずはデータで企業数を調べてみましょう。

▼シンガポールの日系企業数(ジェトロ調べ)

約1600社(2016年8月時点)

まだ商工会に入っていない日系企業も多いため、少なくとも2,000~3000社は進出しているとみられます。

では次にシンガポール在留の日本人の人数を見てみましょう!

▼シンガポール在留日本人の数

ずばり、シンガポール在住の日本人は37,000人です!
(出典:外務省 2015年)

まとめるとシンガポールには、
1600社以上の日系企業があり、
37,000人以上の日本人が住んでいます!

シンガポールの日本人向け求人は、どんな仕事がある?

求人が多い業界は主に、貿易業・物流業・金融業で、最近は観光・サービス業の求人も増えています。
職種としては多岐にわたりますが、営業・事務などが比較的に多いです。
また意外に思われるかもしれませんが、工業国として顔も持ち、エレクトロニクス産業、航空関連、バイオ・医薬品・医療関連などの産業も非常に盛んで輸出産業となっています。

日本人が働くための就労ビザの取得要件などは??

シンガポールでのビザ取得は年々厳しくなっています。その背景として、政府が外国人労働者への過度な依存を抑制し、外国人労働者を全労働人口の3分の1に抑えるという目標を設定したことが挙げられます。

ビザの種類として以下の3つが主にあります。
・EP(Employment Pass)
・S Pass
・DP(Dependnt’s Pass)

取得条件として、国籍・社会経験・年齢・学歴・給与が挙げられ、近年、専門学校卒や短大卒の方の場合ビザが下りないケースもあるそうです。

・EP(Employment Pass)

基本月給が3,300Sドル超であること、シンガポール政府が認知した大学の卒業資格、専門技術資格または専門職位を有していることが申請資格要件となっている。

・S Pass

Sパスは「中技能向け」の熟練労働者に対する需要に対応するため、2004年に人材省により導入された。Sパスについては、最低基本月給が2,200Sドル(2013年7月1日より従来の2,000Sドル超から引き上げられた)であること、大学または高等専門学校卒業に相当する学歴・専門技術資格の保有者であること、関連の実務経験があることが申請資格となる。

・DP(Dependent’s Pass)

基本的にビザを保有している配偶者や子供の帯同許可証。
ただ、2015年9月1日以降、月額給与が5,000Sドル以上でなければ、配偶者や子どもの帯同許可証を受けられなくなった。

※出典:ジェトロ
※詳細と最新情報は大使館やシンガポール入国管理局などの専門機関にご確認ください。

規制が厳しくなったとはいえ、企業からの内定を頂くこと=ビザ取得、と考えて頂いて良いと思います。まずは企業からの採用通知を目指して頑張りましょう!

給与目安と生活費目安の相場は?

▼シンガポールの日本人給与目安

日本人の現地採用の場合は3,000~5,500ドル(31〜57万円)が相場です。もちろん経験やスキルに応じて変動します。経済が伸びているので、入社してから実績を出していければ昇給は見込めます。

▼シンガポール現地採用の生活費目安

シンガポールの住宅について。シンガポール人のほとんどはHDBという公営住宅で暮らしていて、住宅費は極めて低いですが、外国人がHDBを所有することはできません。ただ、一部賃貸なら可能だとも言われており、家族4人で暮らす広さで10万~15万とのことです。

多くの外国人はコンドミニアムと呼ばれる高級マンションに暮らしていて、最低でも20万は必要なようです。ただ、高い分セキュリティーがついていたり、プール・テニスコートもあるようです。

%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%80%e4%bd%8f%e5%ae%85-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
その他の生活費は下記を参考にしてみてください。

シンガポールでの生活費の参考例
・家賃:1,500ドル(15万円)
・光熱費:200ドル(2万円)
・通常の飲食費:400ドル(4万円)
・携帯代:80ドル(8000円)
・雑費:100ドル(1万円)

合計で約23万円
家賃をルームシェアで8万円程に抑えている人もいるので、固定出費はもう少し落とせるとは思います。また、シンガポールは無料のWi-fiが普及していたり、タクシーなどの交通費が日本と比べて安いのが特徴的です。

シンガポール就職、転職活動の進め方

シンガポール求人を見つけるには転職エージェントから紹介をもらうのが近道です!大手の求人サイトにもなかなか載っていないため、エージェント経由で相談しておいてチャンスを待つ形になります。

まずは海外関連の仕事があるかエージェントを活用して無料相談しましょう!平日夜や土日でも面談はOKで、登録時には履歴書不要です。転職エージェントの最大手のリクルートエージェントと、アジア8カ国に展開する転職エージェントのJACリクルートメントに相談をしておけば十分です。

まとめ

シンガポールは1,600社以上が進出しており、日本人も37,000人ほど住んでいます。世界的に見ても経済がとても発展している国で、最先端のモノ・情報が溢れる国です。ぜひそんなシンガポールで働くために動いてみてはいかがでしょうか?

シンガポールで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22