スリランカ就職の入門編!スリランカの基礎情報と転職活動の進め方

アジアマガジン編集部です。いまアジアが盛り上がっているとか、海外就職も面白いとか、と言われていますね。ただ海外就職に興味を持った時に、「正直、何からやればよいかわからない」という声も多いのが現状です。

アジアマガジンでは国別に「海外就職をする方法」をまとめています。ここ数年観光地として人気を集めているインドについて就職情報をお伝えしますね。「もう、このページだけ見れば、インド就職で何をすればよいかがわかる!」というレベルの記事を目指しています。では早速ご紹介をしていきます!

では早速、順番にご紹介をしていきます!

スリランカってどんな国?

まずは国としてスリランカの概況を掴んでおきましょう。まあ、最低限、どんな国かくらいは知っておかないと。基本情報だけまとめます!まず場所はココです!(ざっくり言うと、インドの右下!!)

%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab%e5%9c%b0%e5%9b%b3
スリランカの基本情報!

国名 スリランカ民主社会主義共和国
面積 65,607km² →北海道の0.8倍
人口 約2,096万人(2015年 出典:外務省データ)
首都 スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ
宗教 仏教徒(70.0%),ヒンドゥ教徒(10.0%),イスラム教徒(8.5%),ローマン・カトリック教徒(11.3%)(出典:同上)
公用語 公用語としてシンハラ語・タミル語(出典:同上)

皆さんも既に気になられていたかもしれませんが、スリランカの首都名がとにかく長い!!ただ、ちゃんとした由来があり、「スリ(聖なる)・ジャヤワルダナ(2代目大統領)・プラ(街)・コッテ(街の旧名)」だそうです。
今回はそんな素敵な名前の首都ではなく、スリランカで一番経済的に発展している「コロンボ」という都市をご紹介します!

%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%9c%e8%a1%97%e4%b8%a6%e3%81%bf
コロンボの中心街は、現代の建物と昔の建物が入り混じる光景になっています。
アジアではよくゴミが落ちているような街もありますが、コロンボの街はとてもきれいです。またインド洋に面したコロンボは海鮮もおいしく食べることができるのでおすすめです。

スリランカ進出している日系企業の数と在住日本人の数は?

さて、どのくらいの日系企業がスリランカに進出をしているのでしょうか?日本人がスリランカで働く先はほとんどが日系企業なので、企業数も大事な要素です。まずはデータで企業数を調べてみましょう。

▼スリランカの日系企業数(ジェトロ調べ)

約130社(2016年時点)

まだ商工会に入っていない日系企業も多いため、もう少し進出している企業ははあると考えられます。

では次にスリランカ在留の日本人の人数を見てみましょう!

▼スリランカ在留日本人の数

ずばり、スリランカ在住の日本人は1,015人です!
(出典:ジェトロ 2015年)

まとめるとスリランカには、
約130社以上の日系企業があり、
1,015人以上の日本人が住んでいます!

スリランカの経済・産業面は?

産業面で考えるとスリランカの主な産業は農業(紅茶,ゴム,ココナツ,米作),繊維業となり、経済的に先進的ではない。というのも2009年まで26年間内戦が続いていたことが要因として挙げられる。ただ内戦終結後、国内のインフラ・オフィス・ホテル・店舗への投資は拡大してい、日系企業も進出している

%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%9c

日本人が働くための就労ビザの取得ハードルは??

ずばり、ハードルは高くありません!
推薦状などがあれば特に問題はございません。

※出典:ジェトロ
※詳細と最新情報は大使館やスリランカ入国管理局などの専門機関にご確認ください。

ただ、企業からの内定を頂くこと=ビザ取得、と考えて頂いて良いと思います。まずは企業からの採用通知を目指して頑張りましょう!

給与目安と生活費目安の相場は?

▼スリランカの現地給与目安

平均月収は2~3万スリランカルピーで、これは日本円に換算すると、約3~4万5千円程度になります。日本人の給与相場はその2倍の7〜9万円程度と想定されます。ただ、GDPは成長し続けている事実があり、且つ、コロンボ市内には近年、新たなレストランが続々と開店しており、ホテル・レストラン産業のGDP成長率も高水準を維持しているため、給与も今後上がるのではないでしょうか。

▼スリランカ現地の生活費目安

世界のトップ10を集めたサイト『The Top Tens』の「安く住める国トップ10」の4位にスリランカが入っているほど、スリランカは安いそうです。あまり現地での生活費については相場がなく、人によりけりになってしまっています。

スリランカ就職、転職活動の進め方

スリランカ求人を見つけるには転職エージェントから紹介をもらうのが近道です!大手の求人サイトにもなかなか載っていないため、エージェント経由で相談しておいてチャンスを待つ形になります。

まずは海外関連の仕事があるかエージェントを活用して無料相談しましょう!平日夜や土日でも面談はOKで、登録時には履歴書不要です。転職エージェントの最大手のリクルートエージェントと、アジア8カ国に展開する転職エージェントのJACリクルートメントに相談をしておけば十分です。

  • リクルートエージェント|幅広く海外求人が欲しい人におすすめ
  • JACリクルートメント|海外求人や外資系求人ならジェイエイシー!
  • まとめ

    スリランカは130社以上が進出しており、日本人も1,015人ほど住んでいます。正直なところスリランカの経済自体はまだ弱いですが、だからこそスリランカでやり遂げたいことがある方は、自然や歴史的な建造物が多く残されていて、親日の人々が多いスリランカはとても良いと思います。ぜひそんなスリランカで働くために動いてみてはいかがでしょうか?

    アジア就職/アジア転職のキャリア相談を受付中!(無料)

    アジアで働くための相談に無料でのっています。
    実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
    SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

    アジア就職の無料相談はこちらから

    ご年齢 (必須)

    まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

    5分で登録を済ませるだけ!
    海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
    アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!