フィリピン就職の入門編!フィリピンの基礎情報と転職活動の進め方

アジアマガジン編集部です。いまアジアが盛り上がっているとか、海外就職も面白いとか、と言われていますね。ただ海外就職に興味を持った時に、「正直、何からやればよいかわからない」という声も多いのが現状です。

アジアマガジンでは国別に「海外就職をする方法」をまとめています。ここ数年観光地として人気を集めているインドについて就職情報をお伝えしますね。「もう、このページだけ見れば、インド就職で何をすればよいかがわかる!」というレベルの記事を目指しています。では早速ご紹介をしていきます!

では早速、順番にご紹介をしていきます!

フィリピンってどんな国?

まずは国としてフィリピンの概況を掴んでおきましょう。まあ、最低限、どんな国かくらいは知っておかないと。基本情報だけまとめます!まず場所はココです!(たくさんの島から成り立ってます!!)

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%94%e3%83%b3%e5%9c%b0%e5%9b%b3

フィリピンの基本情報!

国名 フィリピン共和国 Republic of the Philippines
面積 299,404 km²
人口 約1億98万人(2015年 出典:外務省データ)
首都 マニラ
言語 国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語及び英語。(出典:同上)
宗教 ASEAN唯一のキリスト教国。国民の83%がカトリック、その他のキリスト教が10%。

イスラム教は5%(ミンダナオではイスラム教徒が人口の2割以上)。(出典:同上)

フィリピンといえば、首都のマニラや日本人も多く行くセブ島が有名ではないでしょうか。
今回はその2つをご紹介します。

1) マニラ
東南アジアの中でも有数の国際都市でありながら、随所にスペイン統治時代の面影も残り、観光地とてしても魅力的な街です。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%94%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%a9

具体的には、ディビソリアマーケットなどが有名で、規模がとても大きく、食べ物、洋服、雑貨諸々なんでも安く買うことができます。

2) セブ島
世界的にもリゾート地として有名なセブ島。セブ島の良いところを挙げれば、きりがないが、とにかく海が綺麗!!!

%e3%82%bb%e3%83%96%e5%b3%b6

他には、物価が低く、食事、ショッピング。エステなどが安いので多くのことが楽しめます。また、英語が常用語なので、留学先としても有名です。フィリピンの中では比較的治安がいいので、是非、行ってみてはいかがでしょうか。

フィリピン進出している日系企業の数と在住日本人の数は?

さて、どのくらいの日系企業がフィリピンに進出をしているのでしょうか?日本人がフィリピンで働く先はほとんどが日系企業なので、企業数も大事な要素です。まずはデータで企業数を調べてみましょう。

▼フィリピンの日系企業数

約1,448社(2015年外務省)

では次にフィリピン在留の日本人の人数を見てみましょう!

▼フィリピン在留日本人の数

ずばり、フィリピン在住の日本人は17,021人です!(外務省 2016年)

まとめるとフィリピンには、
1,448社以上の日系企業があり、
17,021人以上の日本人が住んでいます!

フィリピンの日本人向け求人は、どんな仕事がある?

求人が多い業界は主に、製造・通信・IT・不動産・金融・飲食・観光・語学などがあります。
職種としては多岐にわたりますが、営業・事務・エンジニアなどが比較的に多いです。

また、フィリピンは近年特に、コールセンター事業等のBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)が大きく成長しているのが特徴的です。フィリピンの全就業人口の56%が従事しているというデータもあるほどです。(外務省データ参照)

日本人が働くための就労ビザの取得要件などは??

フィリピンは比較的ビザが取りやすいと言われています。ただ、フィリピンで仕事をするには2つのものが必要なので注意しましょう。

具体的には以下の2つです。
・外国人雇用許可証(AEP)
・適切な就労ビザ(14種類ほどありますが、基本的には【商業・投資ビザ9d】もしくは、【外国人雇用ビザ9g】になります。)

原則として、外国人がフィリピン国内において所得を伴う仕事に就くことを意図している場合は、一部例外を除いて、必ずAEPを取得する必要があります。就労ビザの取得の条件にはそのAEP取得も含まれているので、注意しましょう。

※詳細と最新情報は大使館やフィリピン入国管理局などの専門機関にご確認ください。

企業からの内定を頂くこと=ビザ取得、と考えて頂いて良いと思います。まずは企業からの採用通知を目指して頑張りましょう!

給与目安と生活費目安の相場は?

▼フィリピンの給与目安

現地採用の日本人求人の給与相場が、約50,000ペソ(約112,000円)から。もちろん経験やスキルに応じて変動します。経済が伸びているので、入社してから実績を出していければ昇給は見込めます。

▼フィリピン現地採用の生活費目安
【家賃】
多くの日本人はセキュリティなどしっかりしたコンドミニアムといったペンションと賃貸マンションの間のようなものを利用しています。月々3万〜5万円程でランクの高いコンドミニアムに滞在できます。
【食費】
フィリピンでの外食は1回あたり50円~300円です。
【光熱費】
1カ月あたり、5000円。
※ただ、電気代はアジアで一番高いそうです。。。
【洋服】
1着:100円~

%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%a9

フィリピン就職、転職活動の進め方

フィリピン求人を見つけるには転職エージェントから紹介をもらうのが近道です!大手の求人サイトにもなかなか載っていないため、エージェント経由で相談しておいてチャンスを待つ形になります。

まずは海外関連の仕事があるかエージェントを活用して無料相談しましょう!平日夜や土日でも面談はOKで、登録時には履歴書不要です。転職エージェントの最大手のリクルートエージェントと、アジア8カ国に展開する転職エージェントのJACリクルートメントに相談をしておけば十分です。

  • リクルートエージェント|幅広く海外求人が欲しい人におすすめ
  • JACリクルートメント|海外求人や外資系求人ならジェイエイシー!
  • フィリピン就職情報まとめ

    フィリピンには1,448社以上が進出しており、日本人も17,021人ほど住んでいます。東南アジアではインドの次に人口が多い国で、日々の発展もめまぐるしいです。ぜひそんなフィリピンで働くために動いてみてはいかがでしょうか?

    フィリピンで働きたい方はお気軽に無料相談!

    アジアで働くための相談に無料でのっています。
    実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
    SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

    海外就職の無料相談はこちらから

    ご年齢 (必須)

    まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

    5分で登録を済ませるだけ!
    海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
    アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!