インド就職の入門編!インドの基礎情報と転職活動の進め方

アジアマガジン編集部です。いまアジアが盛り上がっているとか、海外就職も面白いとか、と言われていますね。ただ海外就職に興味を持った時に、「正直、何からやればよいかわからない」という声も多いのが現状です。

アジアマガジンでは国別に「海外就職をする方法」をまとめています。ここ数年観光地として人気を集めているインドについて就職情報をお伝えしますね。「もう、このページだけ見れば、インド就職で何をすればよいかがわかる!」というレベルの記事を目指しています。では早速ご紹介をしていきます!

では早速、順番にご紹介をしていきます!

インドってどんな国?

まずは国としてインドの概況を掴んでおきましょう。まあ、最低限、どんな国かくらいは知っておかないと。基本情報だけまとめます!まずはみなさんご存知の通り、場所はココです!

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e5%9c%b0%e5%9b%b3

インドの基本情報!

国名 インド(インド共和国とも呼ばれる)
面積 3,287469 km²
人口 約12億1,057万人(2011年 国勢調査)
首都 ニューデリー
言語 連邦公用語はヒンディー語、他に憲法で公認されている州の言語が21
宗教 ヒンドゥー教徒79.8%、イスラム教徒14.2%、キリスト教徒2.3%、シク教徒1.7%、 仏教徒0.7%、ジャイナ教徒0.4%

インドと聞いて皆さんが思い浮かべるのは、、,

%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%9e%e3%83%8f%e3%83%ab
タージマハルではないでしょうか。インドはタージマハルを代表とした歴史的建造物がたくさんあります。
また、首都のニューデリーはもちろん有名ですが、ムンバイもインド内随一の商業・娯楽の中心都市です。インド企業の本社や多国籍企業の拠点もムンバイに置かれることが多く、インド内からも多くの人々が集まります。

%e3%83%a0%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%a4

インド進出している日系企業の数と在住日本人の数は?

さて、どのくらいの日系企業がインドに進出をしているのでしょうか?日本人がインドで働く先はほとんどが日系企業なので、企業数も大事な要素です。まずはデータで企業数を調べてみましょう。

▼インドの日系企業数

約1,229社(2015年外務省)

では次にインド在留の日本人の人数を見てみましょう!

▼インド在留日本人の数

ずばり、インド在住の日本人は8,313人です!(外務省 2015年)

まとめるとインドには、
1,229社以上の日系企業があり、
8,313人以上の日本人が住んでいます!

インドの日本人向け求人は、どんな仕事がある?

インドの経済面から見ると、GDPの成長率が年間5%以上の水準で推移しており、全体的に好調です。なかでも、製造業を中人に日系企業はインドに進出しています。

インドの求人情報で募集職種としては、営業・事務等のオフィスワークが多いの特徴的です。
インドでは「日本人が欲しいが日本人がいない。」ということがしばしばあるほど、日系企業はインドに進出していて、求人が多いの現状です。
また、最近では衣料・生活雑貨店「無印良品」を運営する良品計画がムンバイに店舗をオープンさせたことが話題になったばかりです。(外務省データ参照)

インドで日本人が働くための就労ビザの取得要件などは??

インドは比較的ビザが取りやすいと言われています。インドで働くためには、Employment Visaというビザは必要です。必要用書類を集めれば、あとはネットで申請するのみです。

※詳細と最新情報は大使館やインド入国管理局などの専門機関にご確認ください。

企業からの内定を頂くこと=ビザ取得、と考えて頂いて良いと思います。まずは企業からの採用通知を目指して頑張りましょう!

インドの給与目安と生活費目安の相場は?

▼インドの給与目安

現地採用として就労する場合は就労ビザ要件に「給与はUSD25,000以上」というものがあり、日本円で約300万円弱になります。

▼インド現地採用の生活費目安
【家賃】
相場は月に3~7万です。
【食費】
マクドナルドなどのファーストフード店は日本の価格とそこまで大きく変わらく、ローカルなお店でしたら、250~400円程が一食でかかります。

【通信費】
月、4000円ほど。

【雑費】
日用品は日本の7割の価格で買えます。

インド就職、転職活動の進め方

インド求人を見つけるには転職エージェントから紹介をもらうのが近道です!大手の求人サイトにもなかなか載っていないため、エージェント経由で相談しておいてチャンスを待つ形になります。

まずは海外関連の仕事があるかエージェントを活用して無料相談しましょう!平日夜や土日でも面談はOKで、登録時には履歴書不要です。転職エージェントの最大手のリクルートエージェントと、アジア8カ国に展開する転職エージェントのJACリクルートメントに相談をしておけば十分です。

インド就職情報まとめ

インドには1,229社以上が進出しており、日本人も8,313人ほど住んでいます。人口が12億人で、今後、近未来的に大きなマーケットとなるのは間違いないインド。ぜひそんなインドで働くために動いてみてはいかがでしょうか?

インドで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22