【シンガポール就職者も必見!!】事前にこれだけは知っておきたいこと3選!!

こんにちは!アジアマガジン編集部です!!アジアマガジンではシンガポールに就職する人・働いている人を応援しています。そこで今回は、シンガポールの基本的な情報をお伝えしようと思います。シンガポールへ就職を考えている人にとっても、これから旅行に行く人にとっても必見です!!それでは、「シンガポールへ行く際に事前に知っておきたいこと3選」をご紹介していきます!

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e5%80%99%e8%a3%9c%ef%bc%94

目次
1) シンガポールの気候
2) シンガポールでの服装
3) シンガポールの罰則
4) 終わりに

1) シンガポールの気候

%e5%a4%a9%e5%80%99
シンガポールの気候は基本的に年間を通して暑くじめじめしています。その中でも、雨季と乾季に分かれていて、10月~3月は雨期・4月~9月は乾期で雨が少なく空気も乾燥しています。特に、5月~8月の日差しは強いことで有名です。注意が必要な点としては、乾期と言ってもスコールが降るので、傘は必要です!!

2)シンガポールでの服装

%e6%9c%8d%e8%a3%85
上記でも年間を通して暑いとお伝えしましたが、服装もやはり夏の格好が好ましいと思います。日本の夏と同様に湿度が高いことは覚悟しておいた方がいいかもしれません。ただ、暑くても長袖は必須です!その理由としは2つあります。一つめは、文化的な理由です。観光地としても有名なチャイナタウンにある寺院などでは、露出の多い服装は禁じられているので、注意しましょう。二つめの理由としましては、シンガポールのホテル・レストラン・ショッピングモールの室内はとても冷房が強めに効いているところが多いことが挙げられます。また、短パンではドレスコードで入れないレストランもあるので、事前に確認しましょう。

3)シンガポールの罰則

%e7%bd%b0%e5%89%87

シンガポールはルール・罰則が厳しいことでも有名ですので、シンガポールに行く際は必ずチェックしましょう!!以下が旅行者や就職を考えている人が知っておくべき、禁じられていることです。

・道路を指定の場所以外で横断すること
・指定場所以外での喫煙、つばの吐き捨て、ゴミのポイ捨て
・交通機関での飲み食い
・ガムの持ち込み、製造、販売
・タクシー乗車時のシートベルト無着用
・トイレの流し忘れ

5) 終わりに

みなさんいかがでしたでしょうか。特に最後の3)シンガポールの罰則については、旅行者でも関係なく罰金を払わなければいけないので、ご注意していただければと思います!今回の内容を頭の片隅に置いていただければ、あとはシンガポールを楽しむだけです!!

引き続きアジアマガジンでは、シンガポールの魅力をお伝えすると共に、シンガポールでの就職・アジアで就職を考えている人のお役に立てるような情報を発信していきます。

▼アジア就職/アジア転職の無料相談実施中!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!