海外未経験・英語できない状態で世界旅行!?現在はカンボジアでバーを経営する小澤さんに突撃取材!

小澤貴也氏プロフィール

神奈川県出身。カンボジアに渡り現在はバー2店舗とラウンジを経営。
好きな言葉は「踏み出す一歩が道となる」
Cafe&Bar CONYのURLはこちら

会社概要

カンボジアでバーを経営。主にお客さんは日本人で、お互いの情報を共有したり、ゆったりお話ができるような場所を提供している。

―事業内容について教えてください

私は現在カンボジアでバーを二店舗経営しています。こちらのコニーバーではゆっくりと会話を楽しんでもらえるような場所で、もう一店舗はカラオケバーです。コニーバーには多くの日本人が来店しています。逆にカラオケバーには多くの欧米人が来ます。

―学生の時に何をしていましたか?

私は19歳まで神奈川県を出たことがなかったんですよ。中高生の時も修学旅行で県外に行くこともなく、県外からの人と話すのが大学に入学したときが初めてでした。その経験が衝撃的で自分でも行ってみたいと強く思うようになりました。そこで初めての県外は京都に行きました。その時はワクワクがいっぱいで色んな所に行ってみたくなりました。その後はしょっちゅう旅行しました。日本では北海道以外で野宿しました。また、半年かけて世界旅行に行ったこともあります。

―世界旅行には行く不安などありましたか?

私は全く英語ができないんですよ。英検4級ですから(笑)。しかも初海外が世界旅行なんですよ。いろんな人に相談に乗ってもらいましたが反対されました。最初は反対されることにより自分でも自信がなくなり、本当に行くべきなのか迷いました。しかし、逆に全員から反対され絶対無理だといわれると、どんどん行きたくなってきて結局決行しました。一人で行きましたが一回も危険な目に合うこともなく、病院に行ったこともないので、大丈夫でした(笑)。

―大学卒業後はどのようなことをしましたか?

就職活動をしている時に特にバーをやりたいと思ってはいなかったです。コンサル系の会社には興味があったので、コンサル関連の会社を受けました。4社受かったうちの一番会社が若いところに入りましたね。ベンチャー企業だと面接で社長と直接話すことができるんですよ。その社長さんがすごく魅力的の人だったので、人格に引き付けられました。しかし一年ほどして、その会社がつまらなくなりやめることにしました。また、25歳の時には自分が経営者になると決めていたため、次にやることを探すことにしました。

そこで、やめた会社の社長に勧められたカンボジアに一か月後に行くことにしました。最初の半年は社長のアドバイスを聞いて、人脈を広げるためにずっと遊んでいました。遊んでいる時に、カンボジアにも日本みたいにマスターがいてゆっくり会話を楽しめるようなバーがほしいと思い、自分で立ち上げることにしました。それでこのコニーバーを立ち上げることにしました。

cony-bar-%e5%b0%8f%e6%be%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%80%e5%8f%96%e6%9d%90%e9%a2%a8%e6%99%af

―小澤さんはカンボジアに住んでいて、感じる魅力はありますか?

物価が安いことは良いですね。それと屋台のおっちゃんの元気がいいですね。カンボジア人の特徴としては時間に非常にルーズなところがあります。スタッフも平気で遅刻欠席するのが経営者としてはときには困ります。また、仕事上で怒ってしまうと泣いてしまい、仕事に来なくなります。それと、仕事でもやりたくないと感じるとやらない時がありますね。

―20代の人たちにメッセージはありますか?

私の経験からすると、人生意外と何とかなりますよ。それと「失敗」はないと思います。傷を負うことはあると思いますがそれから学べることもあります。また、男は稼げるやつになってほしいです。お金に興味ない人が多いですが、稼ぐことにより私は人間性がしっかりしてくると思います。もちろん中には悪い人はいるかもしれませんが(笑)基本的には誰かに喜んでもらうことでお金を頂けると考えています。

―座右の銘はありますか?

今は過去によって成り、将来の経験を今作る、という意味合いを込めて「踏み出す一歩が道となる」です。

―最後に、大学生で何をしていいかわからないと悩んでいる人がいますが、そういう人へのアドバイスはありますか?

やはり私は旅をすべきだと思います。旅とは自分の日常から抜け出して、知らないことをしてみて、知らない人に出会って、最終的に見つけるのが「新しい自分」なのです。私はその経験が人間の幅になると思います。それと、旅に出ることにより自分のやりたいことも見つかるキッカケに出会えると思います。少しでもやりたいと思うことがあるのならやっておくべきです。

また、ご興味ある人いつでもフェイスブック・インスタなど見に来てください! メッセージもいつでも待ってます!

小澤さん、ありがとうございました!

取材担当コメント

店内はバーらしくおしゃれな感じで、インタビューをしていながら色んな現地の経営者の方々にも会うことができました。皆さんが色んな経緯でカンボジアに来ていて、それぞれの話を聞くのが面白かったです。やったことのない分野でも一歩を踏み出して始めてみたいと思いました。

▼他のインタビュー記事はこちら!!

『アジアに就職するリアル』100人以上のアジアで働く人にインタビュー

 

▼アジア就職/アジア転職にご興味がある方へ

ぜひお気軽に下記から無料のアジア転職相談のご連絡を頂ければ嬉しいです。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!