ベトナム|アジアの挑戦者たち〜 株式会社 CLEO ism 代表 リップマン・クミ 様〜

アジアで活躍する”アジアの挑戦者たち”にインタビューをして、現地でのアジアビジネスのリアルについて取材をしました。ぜひ、挑戦者たちから学びやヒントを得て、オールジャパンでアジアでの成功を掴みとるキッカケになれば嬉しいです。

▼プロフィールについて

クミ・リップマン(LIPMAN・久実)
株式会社 CLEO ism 代表
株式会社クレオヘアインターナショナル代表
株式会社 CLEO hair Y&K 代表
株式会社 CLEO hair M&K代表
CLEO ism VIETNAM Inc. 代表 (ベトナム店)

-ヘアサロン
CLEO hair international (パセーラ店、八丁堀店、舟入店 3店舗)
CLEO hair international (ベトナム、ホーチミン店)

http://www.cleo-hi.com/

▼経歴について

1981年~1988年 東京の美容室勤務、ヘアショー、撮影などに携わる
1996年 ロンドンにて「ワールドコングレスヘアショー」日本チームとして出演
1998年~10年間 パリコレクション バックステージに参加
1999年 オーストラリア、シドニーにてオーストラリアコレクション ヘアチームにヘアサロン全員で参加(ウェン・クーパー)
2000年 ロンドン技術留学 1年間(ヴィダル・サスーン、トニー&ガイ技術ディプロマ習得)
2001年 広島TSSテレビ局の朝の番組のヘアアドバイザーとしてレギュラー出演、約7年間数々のヘアスタイルスタイルやその時々のトレンドを紹介
2003年 約120坪の広島市内中心では最大ヘアサロン オープン ひと月での最高売上記録 約2200万円計上
2010年 CLEO hair international 八丁堀店 オープン。
2013年 CLEO hair international ベトナム、ホーチミン店オープン 同年10月 パセーラ店 10年存続させた大型サロンからの「究極の癒しサロン」をめざし「天空のプレミアムヘアサロン」として9階に移転オープン
2015年 10月 母の代から受け継いだ初代店舗 舟入店のスタッフ問題の為、惜しまれながら閉店

▼アジアのビジネスについて

・いつ頃アジア進出しましたか?なぜベトナムを選びましたか?

以前から海外での展開は夢でした。一時アメリカのNYとも考えていましたがリーマンショック以来景気も良くなく日本人移住者も減り、アジアが広島から近いのでこれからはアジアでと転換して中国・韓国・タイ・シンガポールといろいろ周りました。

そして、まさに東北震災のとき現地にもボランティアにも行き、今からの日本経済など考えて早く動いた方が近い将来広島のヘアサロンを助けることができるようになるのではないかと思っていた時に、親日の国ベトナムに縁があり市場調査の為2012年10月からベトナムと広島との行き来が始まりました。

・今後の御社の展望をお聞かせください

最初からの目的
1)広島の我が社ヘアサロンを助けること
2)ベトナムのやる気のある人や貧しい人たちに技術を教える、仕事を教える、おもてなしの気持ちを教えること

1)に関しては日本の人材不足の補充や教材の高騰のため。人材は今は雇うことが難しいですが近い将来自由に雇えるようになる時の準備のための支店的考え。あとはベトナム人モデルでの集中トレーニング研修(カット道場)をジュニアスタイリストに行い、3日間約28人から30人カットさせて日本に戻す強化研修目的。

2)約10年すこしヘアサロンも技術や接客力が遅れているなかで、私の最終目的はベトナム人客が沢山集まるサロンを 今のベトナム人スタッフ仲間と小さくても成功させることと、そして私のサロンに関わるベトナム人も特に貧しい人でも本気であれば生計が立てれるように指導すること。

・最後にベトナムで仕事をしたい方への メッ セージをお願い致します

まさに時代はグローバル時代です。日本だけで満足できない気持ち(満足している方はこのワクワク感は理解できないと思いますが)を、まさに高度経済成長期真っ只中での世の中がベトナムが変わる時を横目で見ながら(日本人のここ最近は忘れている)生きる情熱を感じれることは素晴らしいです‼︎

美容師にとって同じアジアなので髪質も顔立ちも何も変わりません、その点は心配ないですが一般的な日本人より積極的な人たちが多く、その方々に触れながら、またホーチミンは世界から集まっている海外の方もお客さまに出来る楽しさもあります。

これからのアジア社会で 生きれる経験の土台にちょうど良い場所だと自分自身も感じています。あとは アジアで一番のシンガポールとかも目指してもいいと思うのでまずは島国日本から出ることをお勧めします。可能性広がることは間違いないと思います。

改めてインタビューにご協力頂いたリップマン・クミ 様、
ありがとうございました!

アジアマガジンではこれからもアジアビジネスに役立つ情報を発信してまいります。

アジアで働く相談をしたい方はこちら

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

アジアマガジン、LINE@、記事下用

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22