“TPPとカンボジアとアパレル” トランプ大統領の3つの影響

トランプ大統領の当選からだいぶ時間が経ちましたね。みなさんもご存知の通り、この当選の影響は世界の至る所に及んでいますね。実は、カンボジアにもトランプ大統領当選の影響が及んでいます。そこで今回は、TPPとカンボジアとアパレル産業面から見る、トランプ大統領の3つの影響をお伝えします。

“TPPとカンボジアとアパレル” トランプ大統領の3つの影響

1)アメリカのTPPからの脱退

まず、トランプ大統領の当選によって、アジア各国の最も大きな関心事となったのは、”アメリカのTPPから脱退”と言っても過言ではないのではないでしょうか。もちろんカンボジアも例外なく、この”アメリカのTPPから脱退”の影響を受けることになります。具体的に言うと、カンボジアのアパレル産業です。TPPが施行されていた場合、アパレル分野の関税がほとんど撤廃されるとされていたからです。

2)カンボジアのアパレル産業が守られた

もしTPPが施行されると、アパレル分野の関税がほとんど撤廃されます。これはカンボジアよりも、アパレル産業が進んでいるベトナムに、大きな利益をもたらすものと考えられていました。このことから、”アメリカのTPPから脱退”により、カンボジアのアパレル産業は過度な競争にさらされることなくなりました。

3)カンボジア労働環境向上の流れが足止め

一方で、”アメリカのTPPから脱退”によるカンボジアへの負の影響も指摘されています。ロサンゼルスのOccidental大学で外交と世界情勢の准教授であるEar Sophal氏が次の通りに述べています。「(TPP廃止による)本当の損失は、TPPによって促進されたであろう高い基準の導入です。カンボジアは参加に否定的でしたが、もし参加していたならば、環境や労働水準が向上し、国や労働者に恩恵がもたらされていたでしょう。」

(参照)
http://apparelresource.asia/news/item_2731.html

まとめ

TPPとカンボジアとアパレル産業面から見る、トランプ大統領の3つの影響は下記の通りになります。

1)アメリカのTPPからの脱退
2)カンボジアのアパレル産業が守られた
3)カンボジア労働環境向上の流れが足止め

今回は”アメリカ大統領の当選によるアジアへの影響”という視点でお伝えさせていただきました。みなさんのなかには、そもそもカンボジアやベトナムが、アパレル産業に力を入れていること自体を知らなかった人もいたのではないでしょうか。引き続き、アジアマガジンではアジアに関わる情報を発信してまいります。

まずお気軽に無料相談窓口へ!!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

※参考
アジアで働く『国選び』のためのアジア各国の比較表を無料プレゼント中

▼アジア進出企業様へ

弊社BeGlobalではアジアで働きたい日本人候補者を、求人サイト経由でマッチングすることが可能です。採用時の成果報酬型で月給の2ヶ月分フィーにてご支援をしております。返金保証等もありますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

アジアでの日本人採用のお問い合わせはこちらから

※参考
【企業向け】”アジア拠点での日本人採用マニュアル”を無料プレゼント中!

アジアマガジン内のPV数トップ10記事も見てみてね!

過去の人気記事ベスト10を発表!

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22