“沖縄とバンコクが繋がった” 予測される3つのこと

以前の記事“北海道とタイは仲がいい” 知っておきたい3つのことに引き続き、実は沖縄もタイと仲がいいです。というのも、つい先日の2017年2月19日(日)より、日系LCCのピーチが沖縄〜バンコクの就航を開始させたからです。そこで今回は、このニュースから予測される3つのことをご紹介していきます。

“沖縄とバンコクが繋がった”ことから予測される3つのこと

1)日系LCCのアジア路線就航の波がくるのではないか

びっくりされる方も多いかもしれませんが、今回の沖縄〜バンコク路線が日系LCCアジア路線のなかで、2番目に就航された路線になります。また、初めてアジア路線を就航させた日系LCCも、つい最近、就航させたばかりでした。というのも、2016年9月14日に、バニラエアが日系LCCで初めて、アジア路線(台北経由のベトナム)を就航開始させたからです。今回の流れを皮切りに、今後、日系LCCの東南アジア路線は増加していくのではないでしょうか。

2)沖縄への観光客がより増えるのではないか

当たり前だと言われると思いますが、そうではありません。東南アジアの中でもバンコクだからこそ、より沖縄への観光客が増えると言われています。なぜかというと、タイのバンコクが東南アジアのハブとしての役割を果たしつつあるからです。今後、バンコク経由で東南アジアからの旅行客が、沖縄へ旅行する機会が増加していくのではないでしょうか。

3)日本とバンコクの距離がさらに近くなるのではないか

以前の記事【2017年度版】エクスペディア 人気旅行先ランキングからわかる3つのことでもご紹介しましたが、バンコクは、既に日本からの人気旅行先ランキングの定番になっています。また、今回のLCCのニュースも含め、バンコクに関連するニュースがとても多いです。このことからも、日本とタイ(バンコク)の関係が、さらに深くなっていくことは間違いないのではないでしょうか。

(参照)
http://tabiris.com/archives/asia-lcc/
http://www.flypeach.com/pc/jp/lm/st/route/oka_bkk?www_pc_ja-jp_mini_banner_03

まとめ

“沖縄とバンコクが繋がった”ことから予測される3つのことは下記の通りです。

1)日系LCCのアジア路線就航の波がくるのではないか
2)沖縄への観光客が増えるのではないか
3)日本とバンコクの距離がさらに近くなるのではないか

今回は、“沖縄とバンコクが繋がった”ことから予測される3つのことを、ご紹介させていただきました。以前からタイのバンコクが注目されている記事を取り上げていますが、このような身近なニュースですと、より日本とタイの距離が近づいていることを感じるのではないでしょうか。

まずお気軽に無料相談窓口へ!!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

※参考
アジアで働く『国選び』のためのアジア各国の比較表を無料プレゼント中

▼アジア進出企業様へ

弊社BeGlobalではアジアで働きたい日本人候補者を、求人サイト経由でマッチングすることが可能です。採用時の成果報酬型で月給の2ヶ月分フィーにてご支援をしております。返金保証等もありますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

アジアでの日本人採用のお問い合わせはこちらから

※参考
【企業向け】”アジア拠点での日本人採用マニュアル”を無料プレゼント中!

アジアマガジン内のPV数トップ10記事も見てみてね!

過去の人気記事ベスト10を発表!

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!