ベトナムの繊維労働者86%は職は失ってしまう? おさえておきたい3つのこと

スクリーンショット 2017-03-16 22.54.47

最近、『AI(人工知能)に人の仕事が奪われる』と言われる時代になってきました。ただ実際は、仕事の一部の工程をAIやロボットが担うことにより、『人はより創造的な仕事に従事する機会が増えてくる』とも言われたりします。そういった点も踏まえて今回は、ベトナムの主要産業の1つとされる、繊維産業の今後についてお伝えさせていただきます。

ベトナムの繊維産業から見る今後のおさえておきたい3つのこと

1)実際にAdidasは労働者の30%を削減予定

先日、インドネシアのAdidasは、労働者の30%を削減することを明らかにしました。このことからも分かる通り、製造工程の機械化により、実際に職を失う人が出てくることが現実になってきています。

より大きなくくりで見てみると、東南アジアの繊維産業には920万人の労働者のが従事しています。そして、ILOの調査によると、その3分の2以上が機械によって職を奪われるとされます。そして、そこには86%のベトナム人労働者も含まれているとのことでした。

2)原則として、スキルのない労働者の多くが職を失う

実例として、2015年からベトナムで導入されて裁断・縫製する機械で考えてみましょう。この機械は1台で労働者15名分の労働力と代替可能で、機械の費用は18ヶ月で回収することができます。このことだけでも、企業が機械を導入するメリットはとても大きいと考えられます。そのため、この例で考えると、裁断・縫製するだけの労働者でしたら、機械に職を奪われることは必然となります。

3)労働集約型ビジネスの転換期

ベトナムも人口が多いとされていますが、人口の伸び率でいうと、減速してきているのが現状としてあります。また、それに伴い、急速に高齢化が進んでいることが注目されています。そのため、今後は労働力不足になると考えられています。その点から考えると、製造工程の機械化はデメリットだけではないと考えられるのではないでしょうか。労働集約型の製造工程を機械化し、または、労働者をロボットに切り替えることは、労働力不足に取り組む上で最も効果的な方法ともされています。

(参照)http://apparelresource.asia/news/vietnam/item_2789.html#more

まとめ

ベトナムの繊維産業から見る今後のおさえておきたい3つのことは下記の通りです。

1)実際にAdidasは労働者の30%を削減予定
2)原則として、スキルのない労働者の多くが職を失う
3)労働集約型ビジネスの転換期

今回はベトナムの繊維産業から見る今後のおさえておきたい3つのことをお伝えさせていただきました。今回は具体的な数字を踏まえて、お伝えさせていただいたいので、より現実味を感じることができたかと思います。労働集約型ビジネスの転換は、今後、繊維産業だけでなく、他の産業でも多く発生する事象だということは間違いないです。このような視点で、アジアの産業に関わるニュースを見るのも面白いのではないでしょうか。

まずお気軽に無料相談窓口へ!!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

※参考
アジアで働く『国選び』のためのアジア各国の比較表を無料プレゼント中

▼アジア進出企業様へ

弊社BeGlobalではアジアで働きたい日本人候補者を、求人サイト経由でマッチングすることが可能です。採用時の成果報酬型で月給の2ヶ月分フィーにてご支援をしております。返金保証等もありますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

アジアでの日本人採用のお問い合わせはこちらから

※参考
【企業向け】”アジア拠点での日本人採用マニュアル”を無料プレゼント中!

アジアマガジン内のPV数トップ10記事も見てみてね!

過去の人気記事ベスト10を発表!

\いいね!を押して、最新情報をGET!/

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22