フィリピンで急激にバイク販売が伸びていることを見る3つの着眼点

こんにちは、アジアマガジン編集部です。アジアマガジンではアジアへの就職や転職を考えている人を応援するために、日々、アジアに関しての情報を発信しています。

今回はフィリピンのオートバイ事情についてフォーカスしてみました。実はフィリピンの2016年のオートバイの販売数は前年比34%増と、アジアの中でもダントツ1位の増加率でした。そこで、このニュースで持っておきたい3つの着眼点をお伝えしていきます。

『今、フィリピンで急激にバイク販売が伸びている』持っておきたい3つの着眼点

1)メイド・イン・ジャパンはまだまだ健在

このニュースの背景には、安価な中国製のバイクの流入が大きな一因を担っています。ただ、そんな中でも、日本ブランドは確立されていて、市場占有率では安価な中国産を日本ブランドが抑えているとのことです。

2)フィリピンがオートバイの販売台数の2位のポジションへ

販売台数で見ると、人口2億5000万人のインドネシアが圧倒的な1位で、2位が人口7000万人弱のタイとなっています。そこで考えると、人口1億人を突破したフィリピンが、このまま販売台数が伸ばしていくと、2020年までにはタイを越して2位のポジションになるとされています。

3)インフラ整備の重要性がさらに増してる

これはフィリピンだけの問題ではないですが、東南アジア全体で慢性的な渋滞が問題となっています。そこで、渋滞を回避しやすいオートバイが売れていますが、このまま、オートバイが増えても、結果的に渋滞はひどくなる一方です。そのため、今後の渋滞緩和やインフラ整備が急務となってくることは間違いありません。

(参照)
https://www.nna.jp/news/show/1556085

まとめ

『今、フィリピンで急激にバイク販売が伸びている』持っておきたい3つの着眼点は下記の通りです。

1)メイド・イン・ジャパンはまだまだ健在
2)フィリピンがオートバイの販売台数の2位のポジションへ
3)インフラ整備の重要性がさらに増してくる

今回は、フィリピンのオートバイク事情にフォーカスして、お伝えさせていただきました。今回のニュースのように、依然として日本ブランドが確立されていることは、日本人として知っておくべきことではないでしょうか。このような記事を通して、みなさんが海外を知るきっかけに、少しでもお役に立てたら幸いです。

まずお気軽に無料相談窓口へ!!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!