英語が話せる人の特徴とは? 英語コーチが英語学習方法を解説!

アジアで働くためには英語力が必要です。欧米で必要なネイティブレベルやビジネスレベルまでは無くても良いですが、日常会話の上級レベルくらいがあれば理想的です。

そんな中、「使える英語」をマンツーマンでSkype指導するミニマムイングリッシュというサービスがあります。自身でも100名以上の指導経験のある代表の杉原浩二郎氏に英語学習について聞きました!


なぜ、日本人は英語が話せないのか?

なぜ、中学、高校、大学と英語を勉強してきたのに話せないのか疑問に思いませんか?答えは簡単です。

英会話の練習をしてこなかったからです。

本来、会話に必要とされる「話す」、「聴く」という練習をする代わりに、「読む」事ばかりしてきたわけですから、話せるようにならないのは当然です。

そして、もう1つの理由として挙げられるのが、勉強方法がそもそも間違っていることです。

これまで多くの英語が話せない日本人を見てきましたが、英語の勉強方法を知らない人があまりにも多いことに驚きました。勉強法が間違っていると、ゴールまでたどり着くことができない、あるいは必要以上の時間を使わなければいけなくなります。

日本人だけが、英語が話せないはずがありません。英語を話すために必要な情報をインプットし、それを実践すれば必ずだれでも話せるようになります。

profile

英語が話せる人の特徴とは?

英語が話せる人と聞くと、どんな人イメージを持ちますか?

  • たくさん単語を知っている
  • 文法をマスターしている
  • 語学センスがある

そんなイメージを持つかもしれません。しかし、正直言うと全て間違いです。では、どんな人かというと、シンプルな表現を使って、英語が話せる人のことです。

僕は普段から外国人と話す機会が多いですが、難しい単語をほとんど使わないし、簡単な文法ばかり使うし、語学のセンスも全くない方だと思っています。

それでも、何の問題もなく会話が出来ます。それどころか、会話中に相手を笑わせることもできます。日本人は国民性なのか、どうしても常に完璧なものや高度なものを目指してしまいます。

しかし、コミュニケーションの本質は自分の意見を相手に伝えることです。難しい表現は一切必要ありません。

ミニマムイングリッシュの3つの柱

1:最小限の単語
イギリスのチャールズ・ケイ・オグデン氏が考案したベーシック・イングリッシュによると、850単語を組み合わせることによって、ほとんどすべてのことが表現できます。新しい単語を覚えることももちろん重要ですが、それよりも重要なことは今知っている単語をいかに活用するかです。

2:最小限の文法
文法の知識が全くないと厳しいですが、会話に重要なのは中学で習う文法で十分と僕は考えます。中学の文法の知識さえあれば、自分の言いたいことをいくらでも自由に表現できるようになります。

3:最小限の学習プロセス
僕が英語を話せるようになったのは、英語の勉強に莫大な時間を投入してきたからです。世の中でいいと言われている英語の学習方法を全て試しました。

しかし、仕事で時間の取れない人は量でカバーするやり方は不可能です。質を高めることが重要になってきます。あなたの悩みや目的に応じて、完全にカスタマイズした学習方法を提供します。

カスタマイズ型マンツーマンの英語指導とは?

そんな中、ミニマムイングリッシュではSkypeでの個別指導を実施しています。個人の抱えている課題や英語レベルに応じてレッスンを完全にカスタマイズしたコースです。特長は3つあります。

特徴①:完全カスタマイズ

なぜ、個人にカスタマイズする必要があるのか?それは、課題や英語レベルに応じてやるべき内容が変わってくるからです。

例えば、同じビジネス英語でも電話対応ができるようになりたい人と、プレゼンができるようになりたい人ではフォーカスすべきことが変わってきます。また、英語レベルに関して言うと、TOEICの点数が500点以下の人と800点以上の人ではやるべきことが全く変わってきます。

にも関わらず、多くの英会話学校では共通のテキストを使ってレッスンを進めています。これではなかなか成果を上げることが難しくなります。本コースでは事前にヒアリング、レベルチェックをした上で、個人に完全にカスタマイズした形でレッスンを進めていきます。そのため、圧倒的に成果が出やすくなります。

特徴②:日々の学習をサポート

英語はレッスンをただ受けているだけでは上手くなりません。日々の自主学習が欠かせません

ただ、多くの人はどのように勉強したらわかりません。あるいは勉強の方法が間違っています。よって、いつまで経っても成果を上げることができません。本コースではそれぞれの課題やレベルに応じて、勉強方法を提示していくので、上達のスピードが早くなります。

特徴③:目標達成にフォーカス

英語が上手くならない大きな理由の1つ、それは「何となく」英語を勉強しているからです。言い換えると、目標が明確でないまま勉強しているのです。

結果的に、途中で挫折してしまいます。途中で挫折すると、自分はダメな人間ではないかと感じるようになり、悪循環に陥ってしまいます。それは本当にもったい無いことです。

本コースでは、コース開始前に目標を明確にした上で進めていきます。また、定期的に目標の達成度合いをチェックするので、形だけの目標ではなく生きた目標となります。それにより、英語に対するモチベーションを維持しやすくなります。

ミニマムイングリッシュの主な実績

  • 指導して3ヶ月後に、フィリピンでビジネス英語が使えるようになった20代男性の実績あり(金融会社取締役)
  • 指導して3ヶ月後に、タイで現地の取引先と英語で会話ができるようになった30代男性の実績あり(弁護士)
  • 全くゼロからスタートし、1年後にスウェーデン人とビジネスの交渉ができるようになった50代男性の実績あり(商社管理職)
  • 指導して半年後にスペインで、スペイン人と日本人の交渉の通訳を英語でできるようになった20代女性の実績あり(貿易会社社員)
  • 基礎はあるにも関わらず全く話せない状態から、1年半後にアメリカに出張し、現地での生活を問題なくこなせるようになった30代女性の実績あり(システム会社管理職)
  • 過去3年間で100人以上を指導
  • ある法人向けのグループレッスンは2年間継続(現在も継続中)

マンツーマン指導コース詳細

コース概要

・初回のレベルチェック+目標設定
・スカイプ英会話レッスン全48回(各回30分)
・英作文の宿題とフィードバック

期間とレッスン概要

・期間は6ヶ月間
・レッスン時間(土日を含む6時〜25時)
・レッスンは個人に完全にカスタマイズした形

料金

6ヶ月間コース:税別25万円(月々41,600円程)


日本国内or海外在住のどちらでも、Skypeで日本人の英語コーチからマンツーマン指導を受けることができます。詳細は下記からお問い合わせください!

お問い合わせ・資料請求はこちらから!(無料)

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22