【保存版】アジアで働くのに必要な英語力と習得方法まとめ!

スクリーンショット 2017-04-12 15.54.52

アジアで働くのにどの程度の英語力が必要ですか?とよく聞かれます。

  1. 【ゴール設定】国ごとの必要な英語力を知る
  2. 【英文法】英語の基礎的な文法を身につける
  3. 【英単語】自分の使いたい英単語を増やす
  4. 【英会話】英会話で練習回数を積む
  5. 【実践英語】語学留学や海外旅行に行く
  6. 【海外勤務】海外で働く

1:【ゴール設定】国ごとの必要な英語力を知る

必要な英語力は国によって大きく異なります。下記があくまでも参考値ですが、旅行レベル〜日常会話初級〜日常会話中級〜日常会話上級〜ビジネスレベルの5段階に分けて分類したものです。これらの基準を目指して使える英語力を身に着けていきましょう。

高い英語力が必要な国

シンガポール:ビジネスレベル
フィリピン:日常会話初級〜ビジネスレベル
マレーシア:日常会話上級〜ビジネスレベル

ある程度の英語力が必要な国

タイ:日常会話初級〜上級
インドネシア:日常会話初級〜上級
インド:日常会話初級〜上級

英語力が低くてもなんとかなる国

ベトナム:旅行レベル〜日常会話中級
カンボジア:旅行レベル〜日常会話中級
ミャンマー:旅行レベル〜日常会話中級
※中国は英語力よりも中国語が必要

2:【英文法】英語の基礎的な文法を身につける

アジアで使う英文法は中学生レベルをしっかりと使いこなせればOKです。イチから勉強し直したい方は下記などがオススメです。

『英語をはじめからていねいに 1入門編』

ここは中学〜高校で英語をある程度しっかりと勉強されてきた方は、飛ばしてもらってOKです。

3:【英単語】自分の使いたい英単語を増やす

英単語は基礎英単語を覚えましょう。基礎的な単語はイラストや絵とセットで覚えたほうが、使いやすいでです。会話でよく使うフレーズを中心に書いてある下記の単語本は勉強しやすいです。さらに自分の使いたい英語分野が決まっている方は、分野ごとに単語帳を作っても良いですね。

イラストだから覚えられる 会話で必ず使う英単語1100

英単語を覚えた後に、英語の相づちや、基本的な会話のフレーズを学びたい場合は下記の本がオススメです。僕はこれらのフレーズを覚えてから、一気に英語が「話せる」という感覚になりました。

ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100

中学〜高校で英語をある程度しっかりと勉強されてきた方は、飛ばしてもらってOKです。

4:【英会話】英会話で練習回数を積む

ここまで来て初めて、オンライン英会話の出番です。フィリピン人講師を活用した格安英会話がインターネットを通じて可能になりました。

特に講師の質や安定性を考えると、DMM英会話レアジョブ英会話などがオススメです。例えばDMM英会話だと1レッスンあたり約138円でマンツーマンの英会話レッスンが受講できます。ほんとうに安く英語を話せる時代になりました!

5:【実践英語】語学留学や海外旅行に行く

フィリピン英会話の学校の中でも、本気留学やアジア就職コースがある学校もあります。資料請求はこちらから実施可能です。

留学まで行かなくても、海外旅行をするのも良いですね。航空券やホテルを比較して買うと安くなります。下記などで比較すると最安値が見つかります!

・海外航空券:スカイスキャナーの航空券比較

・海外ホテル:Booking.com

・海外WIFI:海外でスマホ使うならイモトのWiFi

ちなみに海外に行けない方は、日本国内での国際交流パーティーにも足を運んでみると良いですね!例えば外国人の自宅で英語で料理を習おうという企画もあります。

6:【海外勤務】海外で働く

海外勤務を始めてしまう方法もあります。海外で働くと行っても就職先/転職先は、主に日系企業の現地法人です。例えばベトナムなどで働き始めることでビジネス英語ができるようになった方もいます。身につけざるを得ない環境に置くことは、やはり最短ルートです。

弊社でも海外で働くための無料相談に乗っているのでお気軽にご連絡ください。アジア求人は随時アジアマガジン内でもアップしているので、チェック頂けると良いかと思います。

⇒アジア求人一覧はこちら

他にもリクルートエージェントマイナビエージェントでも、海外勤務の求人を取り扱っている場合があります。日本国内の外資企業なども含めて視野に入れている方は、積極的に動いてみると選択肢が見えてくると思いますよ!

まとめ

英語もハードルが高いと思うかもしれませんが、ステップを追っていけば3〜6ヶ月くらいでクリアできると思います。ぜひ頑張ってみてください!

また上記を踏まえて、個別で「使える英語力」を高めてくれるSkype英語コーチという方法もあります。無駄なく、無理なく、英語力をアップできるので下記記事も参考にしてみてください。

⇒オンライン英語コーチ

まずお気軽に無料相談窓口へ!!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

※参考
アジアで働く『国選び』のためのアジア各国の比較表を無料プレゼント中

アジアマガジン内のPV数トップ10記事も見てみてね!

過去の人気記事ベスト10を発表!


\いいね!を押して、最新情報をGET!/

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22