【ウソ・ホント?】日本企業の海外進出増加ランキング2017!?

外資系企業って何者?外資で働くための仕事の探し方ベスト3を紹介する!

2017.11.11

【まとめ】アジア就職の探し方ベスト5!日本に住みながらアジア求人を探す方法とは?

2017.10.20

アジアマガジン編集部です。今回は東洋経済オンラインに掲載がされていた【日本企業の進出が加速している国トップ20〜ミャンマー、カンボジアなどASEAN目立つ〜】という記事について、ホント?というデータがあったので検証をします。

日本企業の海外進出増加ランキング2017は実際どうなの?

今回は公表されていた「日本企業の海外進出が加速している国トップ20」の20カ国を対象としてデータを見てみます。正直、数字のマジックがたくさんあったので、実際のところを見ていただきたいです!

  • 1)日本企業の海外進出が加速している国ランキング
  • 2)日本企業の現地法人数が増えた国ランキング
  • 3)日本企業の現地法人が最も多いランキング

上記の3つのランキングに並べ替えてみていきましょう!

日本企業の海外進出が加速している国ランキング

下記のランキングが公表されていたランキングデータですね。5年前と比べて、日本企業の現地法人数がどれくらい増加したのか、という社数が出ています。

日本企業が現地法人数を増やしている国(1〜20位)
順位 国名 5年前比
増加率(%)
5年前比
増加数(社)
2016年
現地法人数
2011年
現地法人数
1 ミャンマー 855 94 105 11
2 カンボジア 217 50 73 23
3 トルコ 100 46 92 46
4 メキシコ 93 260 541 281
5 ベトナム 84 444 972 528
6 インド 65 319 808 489
7 インドネシア 61 463 1218 755
8 ロシア 44 59 192 133
9 ブラジル 43 138 459 321
10 デンマーク 41 15 52 37
11 スイス 40 31 108 77
12 南アフリカ 36 21 79 58
13 タイ 36 635 2412 1777
14 アラブ首長国連邦 34 28 110 82
15 チリ 30 19 82 63
16 シンガポール 30 317 1386 1069
17 フィリピン 29 129 579 450
18 オーストラリア 27 125 584 459
19 サウジアラビア 23 9 48 39
20 韓国 22 169 931 762
出所:海外進出企業総覧(国別編)2017年版(東洋経済新報社)

ただ、注目すべきは赤文字にしたところですね。2011年にミャンマーが11社進出に対して、2016年で105社進出になったので、855%の増加で1位!っていう結果です(笑)いやいや、元々の2011年の数字少なすぎでしょ!と思ったわけです。

それに対して13位のタイは、2011年に1777社進出に対して、2016年で2412社進出になったので、136%の増加で13位という結果です(笑)めっちゃ社数は増えたんですけどね。倍率ってすごいです。

では単純に進出した社数の量のランキングはどうなのでしょうか?データのフィルタにかけて、ランキングを作成してみました。

日本企業の現地法人数が増えた国ランキング

順位 国名 5年前比
増加率(社)
5年前比
増加数(社)
2016年
現地法人数
2011年
現地法人数
1 タイ 36 635 2412 1777
2 インドネシア 61 463 1218 755
3 ベトナム 84 444 972 528
4 インド 65 319 808 489
5 シンガポール 30 317 1386 1069
6 メキシコ 93 260 541 281
7 韓国 22 169 931 762
8 ブラジル 43 138 459 321
9 フィリピン 29 129 579 450
10 オーストラリア 27 125 584 459
11 ミャンマー 855 94 105 11
12 ロシア 44 59 192 133
13 カンボジア 217 50 73 23
14 トルコ 100 46 92 46
15 スイス 40 31 108 77
16 アラブ首長国連邦 34 28 110 82
17 南アフリカ 36 21 79 58
18 チリ 30 19 82 63
19 デンマーク 41 15 52 37
20 サウジアラビア 23 9 48 39

5年間でどれくらいの日本企業が進出したかというと、タイが635社の増加、インドネシアが 463社の増加、ベトナムが444社の増加と非常に増えてます!増加率では低くなりますが、多くの日本企業が進出しているということですね。

増加した社数と、増加率という%は全く違うということですね。次は2016年時点での現地法人数だとどの国が最も多いのでしょうか?

日本企業の現地法人が最も多いランキング

順位 国名 5年前比
増加率(社)
5年前比
増加数(社)
2016年
現地法人数
2011年
現地法人数
1 タイ 36 635 2412 1777
2 シンガポール 30 317 1386 1069
3 インドネシア 61 463 1218 755
4 ベトナム 84 444 972 528
5 韓国 22 169 931 762
6 インド 65 319 808 489
7 オーストラリア 27 125 584 459
8 フィリピン 29 129 579 450
9 メキシコ 93 260 541 281
10 ブラジル 43 138 459 321
11 ロシア 44 59 192 133
12 アラブ首長国連邦 34 28 110 82
13 スイス 40 31 108 77
14 ミャンマー 855 94 105 11
15 トルコ 100 46 92 46
16 チリ 30 19 82 63
17 南アフリカ 36 21 79 58
18 カンボジア 217 50 73 23
19 デンマーク 41 15 52 37
20 サウジアラビア 23 9 48 39

2016年時点ではタイが2412社、シンガポールが1386社、インドネシアが1218社という結果です。やはりタイが日本企業は強いですね。アジアマガジンからの海外就職支援も、タイ・バンコクが多くなっています。

まとめ

・日本企業の海外進出が最も加速している国はミャンマー、カンボジア

・日本企業の海外進出した社数が最も増えた国はタイ、インドネシア

・日本企業が現在最も多い国はタイ、シンガポール

ランキングは順位付けする項目によって見え方が変わるので、ぜひ正確なデータを把握していただき、海外で働くご参考にしていただければと思います。弊社でも海外就職のご支援を実施中です。

ちなみに今回のデータは『海外進出企業総覧-国別編2017-』を元に作成されたとのこと。23,760円と書籍にしては高いですが、海外進出企業リストとしては安いです。もちろん僕も購入し、営業活動に活用させて頂いております。ご興味ある企業様は営業リストとしてポチっても良いかと思います。

外資系企業って何者?外資で働くための仕事の探し方ベスト3を紹介する!

2017.11.11

【まとめ】アジア就職の探し方ベスト5!日本に住みながらアジア求人を探す方法とは?

2017.10.20

 

アジアで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

ご年齢 (必須)

まずは無料で、お仕事情報を見てみることから始めませんか?

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはJACリクルートメントさん(東証一部上場)です。キャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!