【アジアで働く】自主性を発揮するための3つのポイント

自主性を発揮するための3つのポイント

アジアで働くときには、全く日本の大企業とは違います。
ただ先輩に引っ張っていってもらうのではなく、
自分から動いていかなくては!と感じている方も多いはずです。

では、具体的に「自主性」を発揮するには、
どんなことを気をつければいいのでしょうか。

そこで意識すべきポイントを3つご紹介したいと思います。

1:教わるのではなく、調べる

知らないことがあった時、教わるのを待っていては、
先輩に引っ張っていってもらうのを待つことになります。

あくまでも自分で調べる、と考える事で、
自分から動くことができます。
もちろん、調べる方法として先輩に質問をして
教えて頂くということも含まれます。

2:目の前だけではなく、先を読む

今後のスケジュールを想定すると、
次に自分がすべき仕事がわかります。
その結果、指示なしでも動けることが増えます。

さらに、先輩がまだしていない仕事を、
先輩より先に実行することも可能になります。

3:指示で動くのではなく、自分の計画で動く

先輩からの指示を受けてから動くと、
自主性のある動きはできません。

自分で自分自身の計画を立て、
そこに指示を頂いた仕事をプラスすると考えることで、
自分のペースで動くことができます。
まだまだ完全に自主的に動けているわけではなく、
受け身になってしまう時間もあると思います。

上記の3点を意識し、
何も言われなくてもバリバリ仕事をしていくような
アジアで活躍できる自主的な人材になっていきましょう!

引き続き、「アジアで働く、を選択肢に」を実現していきたいと思います。

アジアで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。