超オススメ♡マレーシア極秘リゾート、レダン島!

19433401_1202485136546136_597097685_n

レダン島を知っていますか?

こんにちは!ライターのアイユです。

海外就職の魅力のひとつは休日の過ごし方にアリ!ということで今回は、みなさんにどうしてもオススメしたいマレーシアのリゾート「レダン島」についてお伝えします!

レダン島の場所と行き方

19489247_1202485143212802_1868448825_n

レダン島はマレーシアの北東に位置する島。まずは飛行機もしくは夜行バスでクアラトレンガヌという地域に向かいます。

飛行機だと片道1時間弱、値段は3,000〜5,000円ほど。クアラトレンガヌへ向かう空港は、クアラルンプール国際空港と、在マレーシア日本人が多く住むスバンジャヤ地域のスバン空港の2つです。

有名なAirAsiaやマレーシア航空だけでなく、MalindoAirやFireFlyという航空会社の飛行機も飛んでいます。全部で毎日15便ほどあるので、時間を選びやすいというのも魅力のひとつですね!

ちなみに夜行バスでは5時間ほどで着きます。そのお値段は、いつ乗っても1,200円ほど!旅費を抑えたいときや、早朝から存分に旅行を楽しみたいときは夜行バスもオススメです!

クアラトレンガヌに着いたら、次はボートに乗っていよいよレダン島へ!パッケージで予約すれば空港送迎も島への移動全て手配してくれるので楽チンです。

料金は最安で約300マレーシアリンギット…日本円で8,000円程度と格安です!ホームページでも予約は可能ですが、マレーシアではFacebookやInstagram、WhatsAppで直接やり取りをして予約が出来ることも多いので、SNSは要チェックですよ!

レダン島での基本的な過ごし方

19477850_1202485133212803_427288167_n

レダン島に訪れるほとんどの人が2泊3日のパッケージで申し込みます。基本的なスケジュールは以下の通りです。

1日目

お昼前に到着→ランチ→14:30シュノーケリング①→17:00ティータイム&フリータイム→19:00夕飯

2日目

7:00朝食→9:00シュノーケリング@マリンパーク→12:00ランチ→14:30シュノーケリング②→17:00ティータイム&フリータイム→19:00夕飯

3日目:帰宅

シュノーケリングは、その日の天候や波の状態、そして案内役の”しまんちゅ”達の気分でスポットが決まります(笑)

ライフジャケットとマスクは貸し出されますし、泳げない時はダイバーたちがフォローしてくれるので、気軽に楽しめますね!

レダンではこんな過ごし方もアリ!

19433401_1202485136546136_597097685_n

レダン島は水が本当に綺麗なので、泳ぐことに抵抗がない方は是非ダイビングにも挑戦してみましょう!体験ダイビングは1回4,000円ほどだったと記憶しています。

初めての方でも、仮に英語が話せなくても、ジェスチャーで必死に伝えてくれますし、安心してトライ出来ると思います!

また、島の人たちと仲良くなれると、夕方にベビーシャークや亀を見に連れて行ってくれます。ビーチではサッカーやバレーボールもしているので、ローカルや他の旅行者に混ざって汗を流すのもたのしいです。

日中遊びすぎた・・・という時は、お部屋で休むのもアリですが、オススメはビーチの至る所にあるハンモックで、のんびりお昼寝。至福のひとときとはまさにこのことですね。思い出すと、本当にレダン島が恋しくなります(笑)

マレーシアは綺麗な島がたくさん!

今回は私が大好きなレダン島をオススメさせていただきましたが、そのほかにもペルヘンティアン島やランカウイ島、ティオマン島など、素敵なリゾートが多くあります。

島内の雰囲気や街並、見所は島それぞれ。私自身も訪れた事がない場所がたくさんあるので、休日を利用して足を運んでいきます。そしてみなさんには是非、島の人たちや訪れたローカルの人ともたくさんの時間を共有することで、マレーシアをより知ってほしいなと思います。

今後のマレーシア旅行記もお楽しみに!
海外就職の手引、マレーシア、海外

アジアで働くための海外就職相談を受付中!(無料)

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

\いいね!を押して、最新情報をGET!/

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22