【マレーシア新卒海外就職】現地から海外就職の仕事のリアルをお届け!その1

こんにちは!ライターのアイユです。

マレーシアに来て約1ヶ月。社会人生活3週間目を終えようとしています。そこで今回は、実際にマレーシアで私はどんなお仕事をしているのか、その一例をお伝えしていきます!

お店のPRに貢献!プロモーションビデオの撮影! 

弊社では、留学生やインターンシップ生の紹介、現地企業とのタイアップ、日本企業のサポート等、様々な事業を行っています。

そのなかでも今回は、最近非常に力を入れている「プロモーションビデオの撮影」をご紹介します。 場所はクアラルンプールから車で20分ほど離れた、スバンジャヤという地域にある「Takumi Yakiniku」という日本食レストラン。

顧客の約大半が日本人の駐在員もしくは留学生ということで、「より日本のリアルスタイルを写してPRにつなげたい」という要望のもと、ビデオ作成を引き受けることになりました。
20371161_1234579876669995_1766248948_n

そしてこちらは撮影中の一コマ。2人とも、良い笑顔ですね!色々な機材を使って撮影することもあれば、今回のようにカメラ一つで終わることもあります。

モデルデビューも仕事のひとつ!

そして肝心の私はなんと、PRビデオにモデルとして出演するという、とても大切なお仕事をすることになりました…!お客さんが減らないか、とても心配です…(苦笑)

そして肝心のお食事はというと、こちら!

20401035_1234579880003328_1558897786_n

非常に豪華な食事が揃って、スタッフ全員が興奮しておりました。日本でもなかなか食べることが難しいランクのお肉も用意していただき、お店のオーナーも気合いと熱気が伝わってきます!

演出としては、「いかに本当の日本人を描くか」にあるので、ビールは欠かせない役です。

20400886_1234579860003330_610599394_n 飲む、食べる、話す…ごく当たり前に私たちがしていることでも、相手にとっては魅力的ということですね!

このように、「日本人であること」は海外において、「日本語」という言語だけでなく、「食文化」や「立ち振る舞い」など、「日本人らしさ」という感覚的な部分でも希少性を発揮しているといえます。

このプロモーションビデオを見て、レストランのお客さんが少しでも増えることを、切実に祈ってます…!

海外就職の仕事は楽しい?

という質問に対して、私の答えは「YES」です。

これは単に「平日のお昼から焼き肉を食べてビールを飲むことが出来たから」というわけではありません。

例えば今回のようなPR活動を通じて売上上々、店舗を新しく出店しスタッフを雇うというお店が増えていけば、ひとつひとつは微々たる大きさかもしれませんが、続けて行くことでマレーシアに少しでも貢献することが出来ると考えているからです。

海外就職を考えていまこの記事を読んでくださっているみなさんには是非、ご自身の目的や夢の実現に近づける場所を見つけていただければ幸いです!

海外就職の手引、マレーシア、海外

アジアで働くための海外就職相談を受付中!(無料)

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

『アジア就職の入門書』と『国の選び方』を配布中

アジア16カ国の特徴と国の選び方がわかる!
アジア転職の個別面談(無料)も実施中!
下記3つを無料でプレゼント中!

1)働く国の選び方ワークシート
2)アジア16カ国の概要比較表  
3)『アジア就職の入門書』全編・P22