【実際にハワイに行ったら…】ハワイ就職よりアジア就職の方が100倍良いよ、という話。

ハワイアジア比較するペンギン

こんにちは!アジアのペンギン(@asia_maga)です!

実は2018年にハワイ就職の可能性を探し、2週間の滞在をしてきしたが…

結論、ハワイよりも、アジアの方が圧倒的に良いです。(完全なポジショントークです…)

約2週間のハワイの滞在費は70万円…

今回は視察のため、Airbnbで現地の部屋に9日間泊まり、ヒルトンホテルに4泊してきました。現地の暮らしと、観光の様子を両方見てきましたよ。航空券9.5万円、宿泊費22万円だけで30万円以上もかけてます。

移動費と食費と観光費を入れたら、+35万円くらいですかね。。なんやかんやで、合計70万円かけて、ハワイ就職とアジア就職を比べてきました。

で、かなり意外かもしれませんが、ハワイ就職はぶっちゃけ微妙でした(笑)

ペンギンごときが名付けて良いなら「ブランド観光地」です。

なぜ、ハワイ就職が微妙だったかというと

  • 物価が高い(日本の1.5〜2倍くらい・アジアの3倍くらい!!)
  • ビーチがキレイだけどアジアほどではない(カンボジアの方が海が綺麗)
  • メイン通りはブランド品のお店ばかり
  • 移動手段がタクシーしか無い(電車がない。タイの方が便利)
  • 日本語が全然通じない(タイの方が日本語が通じる)
  • 波が高いので子供の海水浴にはあまり向いていない
  • 食事もそんなに美味しくない(アジアの方が口に合うものが多い)

例えば下記のハンバーガーで、12ドル(1400円くらい)でした。。

もちろん、ハワイの良い点も!やっぱりインスタ映えします

  • 写真写りは最強(海、ヤシの木、砂浜が揃っている)
  • ホテルは高いが、良いところが多い(1泊3.5万円のヒルトンホテルに泊まったら最高に良かった)
  • テレビとかでよく取材されるので知名度が高い
  • 波が高いのでサーファーには天国
  • 人から羨ましがられやすい

結論…、ハワイ就職ってどう?

つまり、知名度が高くて、人気があって、物価も高くて、写真写りが良い。
これは「ブランド品のような観光地」ですね。

「ハワイに行った」という思い出ができただけで、ペンギン的には十分でした。
ペンギン自身はブランドに興味が無いので、もう行かないと思います(笑)

ということで、意外すぎるハワイのレポートでした!(笑)


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。