タイ|アジアの挑戦者たち〜Daisho (Thailand) Co.,Ltd. 様〜

〜アジアの挑戦者たち〜

アジアで活躍する”アジアの挑戦者たち”にインタビューをして、
現地でのアジアビジネスのリアルについて取材をしました。
ぜひ、挑戦者たちから学びやヒントを得て、
オールジャパンでアジアでの成功を掴みとるキッカケになれば嬉しいです。

▼会社概要について

会社名:Daisho (Thailand) Co.,Ltd.
設立日:1999年10月18日
住 所:No. 2/41-43, 9th Fl., Bangna Complex Office Tower,
Soi Bangna-Trad 25, Bangna, Bangna, Bangkok 10260, Thailand
会社HP:http://www.daishothai.com/

▼事業内容について

タイでの日本食材輸入、卸、販売を幅広く行っております。
・日本食材の輸出入
・現地スーパーマーケット、ショッピングセンター、レストラン、卸問屋、工場 等への日本食材の供給
・日本食材、珍味の工場、業務スーパー、持ち帰りの寿司カウンターの運営

▼アジアでのビジネスについて

・御社の事業内容を教えて下さい

日本食をタイ、アジア、そして世界に広げることが私どもの使命と考えております。
具体的には、タイにおいて、日本各地から各温度帯の定期コンテナを組んで、タイ国内小売、卸問屋、レストラン、工場へと日本食材を供給しております。

また個人経営の飲食店向けの業務スーパー、寿司カウンター等キオスクタイプの 持ち帰り寿司のお店も運営しております。

・いつ頃アジア進出しましたか?なぜタイを選びましたか?

16年前にタイは既に日本食の生産拠点でした。日本食に関わる歴史があり、日本 文化を深く取り入れる土壌がありました。

実際にその後日本食はタイ国内で広く受け入れられて市場は拡大し続けており、 今後も地方都市、周辺国へと広がっていきます。

・タイでビジネスをする面白さはどんなことですか?

歴史的に日本との関係が深く信頼関係があること、日本文化を取り入れてこの土地にあったものに進化させていく土壌があるというのがタイの面白さかと 思います。

・今後の御社の展望をお聞かせください

今後日本食品の広がりをバンコクからバンコク郊外、タイの地方都市へ、その先 のアセアンの周辺国へと、そして日本食がまだ広まっていない中東、インドといった地域まで広げていきた いと考えております。

・最後にタイで仕事をしたい方へのメッセージをお願い致します

アジアで仕事をしたいということなら、条件的には必ずしも日本より良いとは限 りません。もしかすると明確な目的意識を持って就業しないと長続きはしないかもしれません。
ぜひ自分自身の目的意識を持ち、タイでの仕事に挑戦してもらえればと思います。

改めてインタビューにご協力頂いたDaisho (Thailand) Co.,Ltd. 様、
ありがとうございました!

アジアマガジンではこれからもアジアビジネスに役立つ情報を発信してまいります。

アジアで働きたい方はお気軽に無料相談!

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

海外就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。