外資系ホテルに転職するなら今がチャンス!日系ホテルとの違いは?

こんにちは、アジアマガジン(@asia_maga)です!旅行で宿泊したホテルでとても丁寧なサービスを受けて感動した経験はありませんか?

そういったきっかけや、接客が好きなことからホテルへの転職を目指す方もいます。

ホテル業界は2020年のオリンピックが控えていることもあり、今とても注目が集まっています!

外資系ホテルへの転職は今がチャンスです!

今回は、ホテルマンを目指す方へ、外資系ホテルについて紹介していきます!

この記事でお伝えできること
  1. 代表的な外資系ホテル企業
  2. 外資系ホテル業界の転職市場や動向
  3. 外資系で働くメリットやデメリット
  4. 外資系ホテル勤務に向いてる人
  5. ホテルマンはキャリアを積める上に転職に困らない
すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

代表的な外資系ホテルの一覧をドンと紹介!

そもそも、日本にはどのような外資系ホテルが進出しているのでしょうか?

有名な企業を一部ご紹介すると以下の企業があります。

有名企業一覧
  • インターコンチネンタルホテルズ
  • ヒルトンホテルズ
  • スターウッドホテル
  • ハイアットホテルズ
  • マリオットインターナショナル
  • シャングリラホテルズ

一部だけでも数多くの企業が進出していることがわかりますね!

現在の外資系ホテルの転職市場は、実際どのような感じなのでしょうか?

外資系ホテル業界の転職市場・動向について

先程もお伝えしましたが、東京オリンピックが控えていることや訪日外国人観光客が増え続けていることもあり、ホテル業界全体で需要が伸びています。

外資系ホテルも数多くの企業が進出してきてはいますが、日本は世界的に見て外資系ホテルがまだまだ少ないと言われています。

今後もアジア人観光客を中心に訪日外国人観光客が増えていくことが見込まれているので、ホテル業界の好調は続いていくでしょう。

外資系ホテルの職場の特徴は?

外資系ホテルも今後増えいくようですね!

そんな外資系ホテルの職場では、どのような特徴があるでしょうか?

個人の成果を重視する

外資系ホテルは日系ホテルに比べて個人の成果を重視する傾向にあります。実は外資系ホテルでは契約社員としての採用が多いです。

ただ個人の成果を評価するので良い成果を残せた方は正社員に登用されるチャンスもあります。

反対に正社員であってもパフォーマンスが悪いと契約社員に降格したり、最悪の場合リストラになる可能性もあります。

高いサービスが求められる

日本に進出する外資系ホテルはほとんどが高級ホテルです。日系ホテルに比べ宿泊料金が高めに設定されています。

なので、従業員には高いサービスを提供することが求められます。

転職が一般的

外資系ホテルに限らずホテル業界の特徴なのが転職することが一般的であること。

スキルアップのために別のホテルに就職するのが当たり前で、ひとつのホテルで長く務めることはあまりありません。

外資系ホテルではそれがより顕著にでていて、契約社員としての雇用が多いのもその理由のひとつです。

外国人客が多い

外資系ホテルは世界中で展開しているので外国人観光客にとって安心感があります。宿泊客の半分以上が外国人ということもあるそうです。

日系ホテルに比べ、外国人観光客を相手にサービスを提供する場面が多くなります。

外資系ホテルならではの特徴が数多くみられました!

では、外資系ホテルで働くのどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

外資系ホテルで働くメリットやデメリットは?

日系ホテルと違う特徴が多い外資系ホテル。

外資系ホテルで働くとどのようなメリットやデメリットがあるでしょうか?

外資系ホテルで働くメリット

・高いホスピタリティを学ぶことができる

日本に進出する外資系ホテルは高級ホテルがほとんど。ホスピタリティに関して強い知識と実績があります。

外資系ホテルで働くと世界レベルのホスピタリティを学ぶことができます。ホテル業界でキャリアアップしていきたい人にとっては大きなメリットです。

・日系ホテルよりも給料が高い

ホテル業界は給料が低いことで有名ですが、外資系ホテルではマネージャーレベルになると年収が1,000万をこえる企業もあります。

また、実力主義なので成果を出すことができれば、若いうちからマネージャーを目指すことができるので若くして高い年収を得られるチャンスもあります。

・海外で働ける可能性も

外資系ホテルでは世界中にホテルを展開しています。

成果を出すことができれば、本国のホテルで働ける可能性だけでなくさまざまな国で働ける可能性があります。

世界レベルのサービスを学ぶことができるので外資系ホテルでキャリアを積んだらどこの国でも働くことができます。

外資系ホテルで働くデメリット

・リストラの可能性がある

外資系ホテルでは成果を重視する分、実力を評価されないとリストラの可能性もあります。

もともと契約社員という雇用が安定しない状態で雇用されることも多いので、成果が認められなければ契約満了で終了ということも当たり前にあります。

・イメージとのギャップがある

外資系ホテルは顧客目線で見るととても華やかなイメージがありますが、実際に働くと時間に追われたり、勤務時間がバラバラで夜勤があったりと大変なことも多いです。

華やかなイメージとのギャップに悩んでしまうことも多いようです。

外資系ホテルは実力主義なことがメリットにもデメリットにもなることがわかりましたね。

さまざまな特徴のある外資系ホテルですが、どんな方が向いているでしょうか?

外資系ホテル勤務は、こんな方におすすめ!

向いている人と向いていない人が大きく分かれそうな外資系ホテル。どんな方におすすめでしょうか?

世界レベルのサービスを学びたい方

日本のおもてなしは世界でも評価されていますが、やはり世界中でホスピタリティを提供している外資系ホテルのサービスは日本にないものがあります。

世界中で通用するレベルのサービスを学びたい!という方には外資系ホテルはとてもおすすめです。

ホテル業でも高い給料を得たい方

ホテル業界は全体的に給料が少ないのが特徴です。ただ、外資系ホテルに関しては成果を認められれば、他の業界以上に給料を得るチャンスがあります。

ホテルで働きながら、高年収を目指したいという方におすすめです。

英語を活かして働きたい方

外資系ホテルでは外国人韓国客がとても多く宿泊します。日系ホテルに比べて英語を使う機会はとても多いです。

自分の英語スキルを活かして多くの外国人にサービスを提供したい!と考える方にはおすすめです。

海外志向の方

外資系ホテルで働くメリットでお伝えしたように外資系ホテルは世界中に展開しているので、世界レベルのサービススキルを身につけることができます。

また多くの国に展開している分、海外で働くチャンスも多くあります。接客が好きで、海外志向の方にとっては外資系ホテルはとてもおすすめの環境です!

外資系ホテルはホテルマンとして大きなキャリアを積める

外資系ホテルは高いサービススキルを求められる分大変な環境ですが、そこで培った経験は世界中で通用するスキルとなるでしょう。

また、外資系ホテルでの勤務経験は日系ホテルから見てもプラスに評価されるので、転職先にも困りません。

外資系業界は今とても伸びているので求人も多く出ています!まずは求人を見てみることから始めてみてはいかがでしょうか?

おわりに|外資系に少しでも興味を持った方は…

外資系企業への転職する手段は知人の誘いを除くと、「転職エージェント」を利用することです。

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

無料な代わりに、求人企業が求職者の想定年収の3割から4割の料金を転職エージェントに支払われる仕組みです。

想定年収によって報酬が変わるため、エージェントも親身になって具体的な求人案件の紹介をしてくれますよ!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

あなたに必要なスキルを教えてくれたり、年収の交渉もしてくださいます!

また求人企業から求められるスキルの詳細情報も知ることができるため、登録して転職活動を始める方も多くいるのです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

またエージェントがサポートしてくれるのでリスクがないんです!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれます)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。