マレーシアのボルネオ島は最高すぎる!ボルネオ島観光の魅力を3つ!

ボルネオ島の魅力を3つにまとめみました。

beach-694869_1920

こんにちは!アジアマガジン編集部です!アジアマガジンではマレーシアに就職する人・働いている人を応援しています。今回はマレーシアのおすすめ観光スポットについてお伝えしようと思います。マレーシアへの就職を考えている人も一度は観光スポットを調べたことがあるのではないでしょうか。

マレーシアで観光を調べても、クアラルンプール・ボルネオ島・ペナン島とそれぞれ離れている観光地があり、「どこに行けばいいのか」悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。そこでそれぞれの観光地の魅力を皆さんにお伝えできればと思います!今回はボルネオ島の知っておきたい!!観光スポット3選!!をご紹介します!!

キナバル公園

「キナバル公園」の画像検索結果
(写真:http://www.u-tour.jp/wp/nature/1564/)

ここの魅力はなんといっても大自然!!!世界自然遺産になるくらいです!!数多くの小動物や植物が生息しているので、トレッキングや野鳥観察をされる方が多いです。綺麗な野鳥や食虫植物のラフレシアなどをみることができます。

コタキナバル市内から車で2・3時間ほどの立地です。東南アジア最高峰のキナバル山のふもとに作られた公園です。トレッキングを楽しむ方が多いですが、登山もすることが可能です。近くに温泉もあるので、帰り際に入ることも可能です!!

グヌン・ムル国立公園

「グヌン・ムル国立公園」の画像検索結果
(写真:http://guide.travel.co.jp/article/6942/)
こちらも引き続き、世界自然遺産です。ただただ自然が壮大すぎます。まず大きさですが、東京の23区ほの広大な公園です。もはやわかないですね・・・。特にこの公園で象徴的なものもは、世界最大規模を誇るものディア洞窟を含めた4つの洞窟です。体力に自信がある方は、ケイビングがおすすめです。もちろん外からのカルスト台地を見るだけでも圧倒されます。

gunungmulnationalpark1
(写真:http://pagasa.jp/gunung-mulu-national-park)

また、ディア洞窟付近の広場から夕方食べ物を探しに飛び立つ数百万匹のコウモリの群れが、まるでドラゴンのように飛ぶ姿を見ることができます。近年、観光客からとても評判が高く、このエリアに世界的に有名な高級ホテルも進出しています。

セピロック・オランウータン保護区

「セピロック オランウータン」の画像検索結果
(写真:http://4travel.jp/overseas/area/asia/malaysia/sandakan/kankospot/10266062/)
ボルネオ島に行ったら、オランウータンに会いに行ってみるのもいいのではないでしょうか。オラウータンはマレー語で「森の人」という意味があります。知っている人も多いかもしれませんが、実はオラウータンはこのボルネオ島とスマトラ島の熱帯林にしか生息していません。

「セピロック オランウータン」の画像検索結果
(写真:http://netafull.net/malaysia/053142.html)

また、ご紹介している原始の熱帯雨林が残るセピロックは、ボルネオ島の中でも、一番多くのオランウータンが観測できることで有名なので、ボルネオ島に行く際には、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

おわりに

みなさんにとって「ここに行ってみたい!!」といったような観光スポットはありましたでしょうか。ボルネオ島はなんといっても壮大な自然が魅力的です。引き続き、マレーシアの魅力をお伝えすると共に、アジアマガジンでは、これからもマレーシアで就職する人・アジアで就職を考えている人のお役に立てるような情報を発信していきます。

海外就職の手引、マレーシア、海外

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。