【タイ在住の日本人ブログ5選】タイの暮らしを知る!

タイブログ

タイ・バンコクで暮らす日本人のブログをお探しですか?
・・・今回はタイ・バンコク在住の日本人ブログを5つ、おすすめします!


タイ在住の日本人ブログ5選

アジアマガジンでは「アジアで働く」について発信しています。今回はタイ・バンコク在住者のお勧め日本人ブログをピックアップしてみました。

タイフリーブログ by thai-uni

タイフリーブログ http://t-freak.info/blog/

鮮やかな写真と共にタイの最新生活情報が満載のブログ。
少しでも「タイに興味がある!」という方はまずこのブログから読んでみては、いかがでしょうか。

■おすすめの記事
注意!やはりタイの喧嘩は日本の比ではありません。
お腹が痛くなるが怖い人に「おすすめタイのスイーツ」

タイはっく

※現在はアクセス出来ない状況になっているようです※

タイはっく http://thailandbkk.net/

2012年からタイに移住されたフジタさん。
ノリと勢いだけでタイ移住を決めたが、実際にタイの魅力を感じて、
現在もタイで生活し続けている人のブログ

■おすすめ記事
タイに来たらすぐ使える!簡単なタイ語「会話・挨拶・自己紹介編」
タイのプリペイドSIMカードの登録が義務化。締切を過ぎると利用不可、購入者は要注意!

タイで働くOLとタイ生活ブログ

タイで働くOL http://marikochan.jp/

女性目線でのタイの情報が満載。このブログを書いているまり子さんは国際結婚を経て2014年にタイへの移住を決意。グルメ情報から始まり、タイでの就職活動等についての記事も多くあるブログ。

■おすすめの記事
タイの現地採用として働いて良かったと思うこと
バンコクで一番美味しい小籠包のお店 永和豆漿

60代のロングステイ

60台のロングすてい http://alsterusa.blog.fc2.com/

55歳で日本企業を早期退職後にアメリカで現地採用で働いた後、現在タイでロングステイ中。決して派手ではないが、暖かな生活が書かれているブログ。

■おすすめの記事
ロングステイの生活費
身近なお気に入りエリア1 ザ・クリスタル

30代後半夫婦のタイ移住ダラダラ日記

ダラダラ日記 http://thai.sakura.tv/

タイ移住した夫婦のブログ。読んでいて、タイの情報が把握できるだけでなく、夫婦がタイの生活を楽しんでいることが伝わってくるブログ。

■おすすめ記事
【タイ生活652日】 サイアムスクエア1の「てんや」へ、嫁が食べた「トムヤムうどん」の感想は如何に?
【タイ生活668日】 嫁の不調・・・久しぶりの病院へ。嫁には元気でいてもらいたいですからね。

アジアマガジンからのコメント

タイで暮らす方々の暮らしがイメージ出来たでしょうか?色々な年代の方の様子を見ることができたかなと思います。個人的には「60代のロングステイ」や「30代後半夫婦のタイ移住ダラダラ日記」など、実際の暮らしがわかる記事が印象に残りました。今後も現地での日本人のお薦めブログについて発信してまいります。

外資系就職の転職エージェントおすすめ3選!利用するべき理由も解説

2017.11.11

【失敗しない海外転職】おすすめのエージェント6選!選び方と活用方法をプロが解説

2017.10.20

タイで働くための海外就職相談を受付中!(無料)

アジアで働くための相談に無料でのっています。
実際のアジア勤務経験を踏まえて、国選びから無料でご相談にのります。
SkypeかLINEなどで30〜45分ほどで実施中です。

タイ就職の無料相談はこちらから

必須お名前
必須ご年齢
必須メールアドレス
必須最終学歴
必須英語力
必須海外就職したい時期

時期によってお伝えする情報が変わるため、なるべく正確にご入力ください。

必須帯同者の有無
必須職歴
任意相談内容・備考

スパムメール防止のため、チェックを入れて送信してください。

頂いた内容によってはご返信できない場合があることご了承ください。




最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。