子供と一緒にプノンペン(カンボジア)に移住!カンボジアに家族で生活します!

スォスダイ!(こんにちは)カンボジア・プノンペン在住管理栄養士のアヤです!

1ヶ月以上、お休みしていてすみません。遅くなってしまったのには理由がありまして、実は10ヶ月間ほど里帰り出産のため日本に一時帰国していました。そして前月、プノンペンに戻ってきました。

そのため、ここ1ヶ月以上の間、子供の移住手続きや、荷物の整理をしていました。ということで、今回は我が子がプノンペンにたどり着くまでの道中の模様を書きたいと思います。

初めての海外移住へ~子供編~

無事に札幌での出産を終え、子供の成長も順調だった生後5ヶ月の時にプノンペンに戻ってきました。そして戻るまでには準備が必要なので、まずはパスポート取得のために動き出しました。

はじめに写真撮影からです。乳児の場合、証明写真を撮りにカメラ屋さんに行っても、機嫌が悪かったり、寝ていたりするので自宅で機嫌の良い時に撮りました。

今の時代、携帯カメラで撮れちゃうんですね!その後は、携帯で撮った写真を専用アプリに取り込んでコンビニで印刷するだけです。

だいぶ簡単に書いていますが4枚で30円でできました。子供には有り難い方法ですね!

そして、必要な書類を集め、パスポートセンターへ向かいました。手続きは無事に終わらせましたが、再度受け取りに来る時も「子供と同伴でお願いします」と言われたので、2回は外出する必要があると知りました。

子供の体調の良い時に行くことが大事ですね。

他に必要なこととしては海外保険に加入することと、半年は日本に戻らないので半年以上分の生活雑貨を用意しました。生活雑貨については次回に書きますね。

生後5ヶ月の子供を連れてプノンペンに戻るぞ

我が子の初めての大冒険が初飛行機で海外だなんて羨ましいと思いつつも、内心は長時間の移動で大丈夫かなと心配していました。

私の住んでいた札幌からだと新千歳空港を出発しタイまで7時間と乗り継ぎ待ちで5時間、タイからプノンペンまで約1時間の飛行時間で合わせると13時間、その他移動も含めると17時間程度かかりました。

子供にとっては大移動ですね!ですが、移動中の飛行機の中ではとてもリラックスしていましたよ。

とても良い子ちゃんでほとんど寝ていてくれました。

今回は、Air Asiaを利用してプノンペンへ戻りましたが、座席を決める時にあえて真ん中の席を空けて予約をしました。そうすると思惑通り真ん中の席を指定してくるお客さんがいなかったので、席が空きました。

そこへ上手いこと我が子を寝かせて来ることができました。

着陸後は次の便に乗る前にもう一度荷物チェックがありました。

「ちょっと待っててね~」とチェック後にカートに収まって抱っこされるのを待っている状態の写真です。

乗り継ぎの合間では・・・

乗り継ぎの待ち時間は5時間ほどありました。そこで、私達夫婦がよく利用するラウンジで待っていました。

ドンムアン空港にはラウンジがいくつかあり、今回はこちらのミラクルラウンジを利用しました。大きなソファーがあり我が子も上機嫌。元気よく叫んでいましたが(笑)、外国人は寛容ですね。

ニコニコ笑いながら、こちらを見てくれています。

ラウンジ内で夕食も済ませました。

懐かしい味に少しほっこりしました。タイご飯の味とおかずの味付け方法は1年前と変わらない味付けだなと感じました。

その後、予定通りにプノンペンに到着しました!とりあえず観光ビザを取得し、いざプノンペン市内へ!トゥクトゥクで自宅に帰った頃には深夜0時近かったですが、無事にたどり着きました。

次回はカンボジアでの妊婦生活の様子や、日本から持ってきた育児グッズなど子供に関わる出来事を書きますね!それでは~

アヤの記事

初めてのカンボジア移住。首都プノンペンの生活で感じた国民性と魅力とは?

2017年12月14日
カンボジアの言語について考える人たち

【カンボジア就職では英語が必要?】現地生活で使用する言語について 

2018年1月17日

カンボジアのプノンペンってどんな街?現地の日本人が特徴を紹介!

2018年2月2日

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。