外資系企業に女性が就職するのはアリ?キャリアアドバイザーが解説!

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. 外資系企業で女性が働けるのか
  2. 外資系が向いてる女性の共通点
  3. 女性が外資系に転職するメリット
  4. 女性が外資系に転職するデメリット
  5. 外資系への転職を成功するためのポイント(女性編)
  6. 結婚への影響

「外資系に転職を考えてるんだけど、外資系でも女性は働けるの?」

「育児や結婚に対して、外資系はどう考えてるの?」

最近、日系企業は育児休暇や託児所を設けたりなど、女性でも働きやすい環境づくりをしてきています。

しかし、それでも残業があったり、仕事の途中で早退をすることなんて出来ない企業が多いです。

結論からいうと、外資系は女性でも働きやすい環境でもあり、子供に対しても理解のある企業が多いです。

理由は、外資系はワークライフバランスがしっかり整っているからです。仕事のプライベートでオンとオフがハッキリしているためですね。

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は女性が外資系に転職することについて解説していきますね!

この記事を読めば、外資系で私が働けるのかしらと考えていても就職をしたくなりますよ!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

女性で外資系企業に就職するのは可能なの?

先に結論を言ってしまうと、

女性でも外資系企業に転職は可能です。

また、女性が外資系企業に就職するのはキャリア志向の女性にとって向いてるでしょう!

日本の企業は女性の社会進出を謳っていますが、実際のところ管理職も男性の方が多く、女性でも活躍できる職場は限られてきています。

反対に外資系企業には男女平等に機会が与えられ、女性で管理職を務めている方も多くいます。

そのため、バリバリ活躍していきたいという女性の方は特に向いている環境と言えます!

管理職を目指したいというキャリア志向の女性には日系企業よりもオススメです!

以上が、外資系企業で女性が働けるのかということでした。

続いて、どんな女性が外資系企業に向いているかをさらに掘り下げていきましょう!

実際にどんな女性が外資系に向いているのか?

それでは、どんな女性が外資系に向いているのかを説明していきますね!

向いてる女性の4つのタイプ
  1. 留学の経験や、英語のスキルを活かして働きたい方
  2. 若いうちから、裁量ある仕事をしたい方
  3. 管理職や部下のマネジメントに興味のある方
  4. メリハリをつけて働くことができる方

外資系では男女や年齢といった制限は求めず、成果を出せた人が評価されます。

仕事でしっかりと成果を出すことができれば、若いうちから管理職を任されるといったケースも少なくありません。

また、仕事とプライベートでオンとオフの線引きがしっかりしているので、プライベートの時間もしっかり作ることができます!

早い段階で裁量のある仕事をしたいという上昇志向の強い方や、オンとオフのメリハリをつけて働きたいという女性に向いています。

それでは1ずつ解説していきますね!

1:留学の経験や、英語のスキルを活かして働きたい方

英語が使える

外資系企業であれば、英語を活かせる職場がたくさんあります。

上司に外国人がいるときや、クライアントや取引先の相手が外国人だった場合、英語を使ったコミュニケーションが必要になります。

最近では、女性の留学経験が多くなってきているため、海外就職や外資系企業に就職する方が増えてきています。

企業によっては、出張や転勤で海外に行ける機会もあるのです。

あなたの英語力を活かして活躍していきたいとお考えであれば、外資系は向いています!

2:若いうちから、裁量ある仕事をしたい方

責任のある仕事ができる

外資系企業には日本の企業のような年功序列の考えがありません。

外資系企業では年齢に関わらず、責任のある仕事を多く任されることが多いです。

日系企業では、年齢が上がらないと大きな仕事をさせてもらえないことが多いですが、外資系では即戦力として採用され、大きな仕事にすぐにでも携わることができる環境です。

先ほどもお伝えしましたが、日本の企業では女性の社会進出はしていません。外資系と比べると全くしていないと言っても過言ではありません。

外資系企業は、成果主義・実力主義であるため、男女関係なく結果を残せば任される仕事も大きくなっていきます。

若いうちから、裁量のある仕事をして、どんどん成長していきたいと考えるような方であれば、外資系にチャレンジしてもいいかもしれませんね!

3:管理職や部下のマネジメントに興味のある方

管理職を目指せる

外資系企業は先ほどもお伝えしましたが、実力主義です。

結果次第で、女性でも管理職やリーダーにもなることができます。

日本の企業では男性がリーダーというのが当たり前ですが、外資系では以前から今でも女性の管理職は当たり前なのです。

簡単に言ってしまえば、結果を出せれば男女関係なく何でも挑戦できる環境です。

日系企業で結果を残しても、女性であることが原因で出世できないケースを多く見てきました。

しかし、外資系では男女平等が基本ですので、組織をまとめて引っ張っていきたいと考える方には向いてる環境ですね!

4:メリハリをつけて働くことができる方

仕事と育児の両立が可能

外資系は子育てをしながら働くこともできる環境が整っています。

日本の企業の場合、育児休暇をもらい出産してから、子育てと仕事の両立ができずに辞めてしまうケースが多くありますよね。

育児休暇がもらえても、ほんの数ヶ月ということもあります。

日本の企業の多くは、在宅勤務やフレックス制度、リモートワークを認めている企業がほとんどないです。

そのため、育児をしながら仕事をするのは現実的じゃないのです。

しかし、外資系では一人ひとり仕事を受け持つことになります。

その仕事は、個人の責任になるので在宅勤務やフレックスにしてもらえることも多いです。

そのため、外資系企業の働き方が決まっていないことが特徴です。

ただ外資系は大変そうというイメージを持たれることが多いですが、仕事も子育ても両立していきたいと考えている方は外資系企業も転職先の候補に入れてみてもいいかもしれませんね!

また、子育てで働いていない期間ができてしまった方でも、スキルやキャリア志向があれば契約社員・派遣社員から初めて正社員登用があれば正社員になることもできます!

外資系では女性であっても働きやすく、融通が効きやすい企業が多いのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

向いていない女性の3つのタイプ
  1. 安定志向の方
  2. 消極的な方
  3. 自分に自信の持てない方

反対に、安定して給料を得たい方や、物事に消極的な方は外資系に向いていません。

成果を出せない場合、解雇の可能性もある外資系では、積極性はとても重要です。

また、研修といった制度もない企業も多いので自分から仕事を取りにいく姿勢が大事です。

英語が話せたとしても自分に自信が持てず、積極的に行動できない方にとっては、外資系は厳しいでしょう。

外資系には向き不向きがハッキリしています!

今すぐ『私って外資系企業に転職/就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでも外資系就職に興味があれば、

外資系就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

さらに外資系に特化した転職エージェントを知りたい方は、下記の記事に外資系の専門コンサルタントがいるエージェントも加えて紹介しています。

>>外資系転職に強い転職サイトおすすめ3選!3つの転職サイトの強みを徹底解説

 

以上が、外資系に向いてる女性のタイプと向いてない女性のタイプです。

続いて、女性が外資系企業に転職するメリットとデメリットをお伝えしていきます!

女性が外資系企業に転職するメリット

女性が外資系企業に転職するメリットを見ていきましょう!

外資系に転職するメリット
  1. 活躍できるチャンスが多い
  2. 成果を出すことができれば、年齢や性別に関係なく稼ぐことができる
  3. 仕事とプライベートのメリハリをつけて働くことができる

女性が外資系に就職するメリットはやはり活躍のチャンスの幅が広いことです。

日系企業では女性の方が男性より給料が少ないというケースもよく聞きますが、外資系にはそれがありません。

また、プライベートを大切にする文化で、付き合いの飲み会がないので個人の予定を大切にできるというメリットもあります。

女性が外資系企業に転職するデメリット

女性が外資系企業に転職するメリットを把握した上で、デメリットも一緒に見ていきましょう!

外資系に転職するデメリット
  1. 成果が出せないとリストラになる可能性も高い
  2. 職種によっては多忙になる場合もある
  3. 日系企業に比べ、福利厚生が充実していない

成果主義をデメリットと捉える方もいるかと思います。

成果が悪いとリストラされてしまう可能性もあるからです。

外資系企業全体が、成果主義であるため安定志向を求める方には向いてないのでオススメしません。

男女関係なく、常に成果を意識して働く必要があります。

要するに女性だからといって結果を出さなくてもいいという甘い考えは通用しません!

また、職種によっては1日の労働時間が長くなってしまうこともあります。しかし、外資系の場合は、後日長期で休暇をとれる企業がほとんどです。

また、福利厚生も日系企業に比べて充実していないのもデメリットに挙げられます。

以上が、外資系で女性が働くにあたってのメリットとデメリットです。

もし、あなたがワークライフバランスが保てる外資系に就きたいと思ったら、外資系への転職を成功させるポイントをチェックしていきましょう!

女性が外資系企業への転職を必ず成功させるポイント

女性が外資系企業への転職を成功させるポイントを説明していきますね!

転職を成功させるためのポイント
  1. 日系企業とは違う文化に対応していける柔軟性があるか
  2. 自分が転職先でどのようなキャリアを歩んでいきたいかを明確にする
  3. 転職先についての企業研究を怠らないようにする
  4. 自己表現がしっかりできる

外資系企業への転職を成功させるポイントで一番大切なことは、徹底的に自己分析をすることです。

外資系の面接で一番見られるところは即戦力になるかどうか?という点です。

自身のやりたいことを明確にして、これまでの経験からこういうことができる!

と前向きにアピールする為に将来像を踏まえて自己分析を徹底していきましょう。

また、外資系では様々な国の人が働いています。

日本とは違う考え方や文化があり、日本の常識が通じないこともあります。

そういった文化の違いに柔軟に対応できる姿勢も外資系での転職を成功させるポイントです。

ぶっちゃけ結婚への影響は?

やはり、女性特有の悩みがありますよね。

それは結婚です。ちまたではこんな話題をよく耳にします。

ひよこA
外資系に転職すると、婚期が遅れそう…

将来的にはやはり結婚したいという女性にとっても気になるところですよね、、。

実際どうなのでしょうか?正直な話をすれば、

人それぞれです…

働く女性の中には結婚して子育てをしながらも、管理職としてがっつりと働かれている方もいらっしゃいます。

そして外資系の方が育児に対する配慮もしっかりしているので、結婚しても働きやすい環境を自分で築いていくこともできますよ!

結婚への影響は人それぞれなんです!

結婚して子供が生まれても管理職を務めてる女性もたくさんいます!

アジアマガジンからアドバイスを一点だけ!

みなさん、いかがでしたでしょうか?

外資系の転職を考えるにあたって、女性特有の悩みもありますよね。

ただ人それぞれの優先順位(仕事or個人)によるので、重要なことは、自分の優先順位に外資系が適しているか?という点です。

女性はライフプランを考えて転職した方が良いでしょう!人生において転機はいくつかあります。

それを見越して転職を考えるのは難しいですが、人生設計をした上で転職を考えることをオススメします!

女性も変わらず、外資系は上昇志向のある人はどんどん挑戦できる環境です。

新しい自分のキャリアの選択肢の一つとして、外資系への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

おわりに|外資系に少しでも興味を持った方は…

外資系企業への転職する手段は知人の誘いを除くと、「転職エージェント」を利用することです。

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

無料な代わりに、求人企業が求職者の想定年収の3割から4割の料金を転職エージェントに支払われる仕組みです。

想定年収によって報酬が変わるため、エージェントも親身になって具体的な求人案件の紹介をしてくれますよ!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

あなたに必要なスキルを教えてくれたり、年収の交渉もしてくださいます!

また求人企業から求められるスキルの詳細情報も知ることができるため、登録して転職活動を始める方も多くいるのです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

またエージェントがサポートしてくれるのでリスクがないんです!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれます)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。