外資系は英語必須ではない?実際に必要な英語力について詳しく解説する

こんにちは、アジアマガジンです!

外資系企業に転職したい!と思った時に一番気になることありますよね?

それはもちろん・・・英語です。

外資系企業への転職を考えた時に一番考えるのが、英語がどれくらい必要かどうか?です。

勉強していた人でもそうでない人でも、英語をどのくらい利用するのか不安になりますよね。

先に結論をお伝えすると、

英語がどれくらい必要かは職種によってまちまちです!

もしたら英語力に自信のないあなたでも就職できるチャンスがあるかもしれません!

では詳しくご説明していきます!

外資系企業では全員英語必須か?

皆さんが一番気になる部分ですよね。外資系企業は全員英語が必須なのでしょうか?

実は、職種や会社によっては、高い英語力がなくても採用してもらえることもあります。

外資系には社員がほとんど日本人の会社もある

外資系の日本支社の中には、社員の9割が日本人だという企業もあります。

その場合は、英語を使う場面がほとんどない場合があります。簡単な日常会話ができるレベルであっても採用してもらえるケースもあるようです。なので、外資系への転職に英語が必須なわけではありません

ただ、キャリアを上げていくごとに本社との関係も増えていくので、キャリアアップには英語は欠かせません。

現状は英語ができなくても、入社後に英語力を上げていく努力は必須になります。

外資系への転職に英語は必須というわけではないことが分かりました!

どのレベルを求めているかは企業によってまちまちです。

ただ、実際にはどの程度の英語力が合った方がいいのでしょうか?

外資系企業ではどの程度の英語力が必要なのか?

外資系企業の転職にどれくらいの英語力が必要なのでしょうか?

前述したように、それは職種や企業によってまちまちです。

外資系企業には、TOEIC◯◯点以上と必須の英語レベルを基準としているところもあれば、そもそも英語面接もなく英語力以外のキャリアやスキルを重視する企業もあります。

ただ、やはり英語を目にすることが多くはなるので、日常会話レベルの英語力がないと、入社後に苦労します。

メールや電話等の日常的な業務を英語で行うのであればTOEICは650点以上、クライアントとの交渉や英文レポートの提出等は求められる場合は最低800点以上は必要になるでしょう。

また、最初から重要なポジションでの採用となる場合は英語力は必須です。この場合は、ビジネス会話レベル以上の英語力が求められます。

外資系企業に転職するための英語力の目安とは

では、実際に外資系に転職するための英語力の目安とはどれくらいなのでしょうか?

少なくとも、日常的な会話ができることや、メールのおおよその内容を把握できるくらいの英語スキルは必要です。

実際に英語を使うシーンが多いのはメールや電話

外資系企業で英語を使う時が多いのはメールだという調査結果があります。また、資料の作成などにも英語を使うことも。

それを踏まえると、英会話力だけでなく、文法や文章作成能力も必要になってきます。

日本人の上司が外国人の上司に変わることも

転職時に上司が日本人であった場合、比較的業務も日本語が通じる環境なので、英語の必要さをそれほど重視しなくなるかもしれません。

しかし、外資系では人事異動によって上司が外国人になる可能性もあります。そういった場合、これまで通じていた日本語が通じず英語を利用しなければならない可能性もでてきます。

やはり、外資系で働く以上、今後英語の勉強は何があっても続けていくという前向きな姿勢がなければ勤まりません。

現時点だけでなく、長期的に見ると、英語を上達させるのは必須になりそうです。

とはいえ、英語の勉強って大変ですよね、、、

様々な勉強法がありますがどの勉強法がおすすめでしょうか?

英語勉強の体験談まとめ

 

英語を勉強しなきゃ・・・!と思った方も多くいますよね。

ただ、英語の勉強もやらなければとわかっていてもなかなか続かないのが現状・・・。英語の勉強を継続するにはどうすればいいでしょうか?

それは楽しく学べて、自分に合った勉強法を見つけること。そしてだらだらとした期間勉強するのではなく、集中期間を作ることが大切です。

ここで、実際に外資系企業で働いている方達がどのような勉強をしてきたのかをまとめてくれたWEBページをいくつかご紹介します!

『留学経験ナシの外資系社員に聞いた、1年で成果を出す最速の英語勉強法は?』

やることとやならいことにわけて徹底的に学習する勉強法

URL:http://careersupli.jp/career/englishlearning-method/

こちらは外資系に転職するために1年間集中して英語を勉強した方の実践した勉強法を紹介してくれています。

勉強をやることとやならいことにわけて徹底的に学習分野を絞り込んでいるのが特徴的です。

『外資系社長になったからこそ分かる「英語の勉強法」』

URL:http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120615/233394/

外資系に20年以上務めている方がおすすめする英語の勉強法。実際に働く中でビジネス英語スキルの必要さを思い知ったと話しています。

学習分野の中でも、書くことを学ぶのがいいとおすすめしています。

『英語できないエンジニアだけど外資系に転職してしばらく経ちました』

URL:http://hachibeechan.hateblo.jp/entry/work-on-foreign-owned-startup-though-my-English-is-terrible

外資系のエンジニアとして転職をした方の記事です。

TOEICを受けたことがなく、英語もほとんどできない状態からのスタートだったと語っています。

おすすめの学習本なども紹介してくれています!

『外資系トップの英語勉強法』

URL:http://diamond.jp/articles/-/14996?page=4

外資系の日本支社で代表を務めている方の英語の勉強法を紹介した記事。英語の勉強において何が大切か、という考え方の面や「シャドーイング」という学習法について紹介しています。

いかがでしたか?

人によっておすすめする勉強法も様々でしたね。

様々な方法を試してみて、ご自分にあった勉強法を見つけてみてください!

国内企業での英語の必要性が高くなっている

最近では、外資系だけでなく、国内企業でも英語の必要性が高くなってきています。

政府が日本企業のグローバル化を推進していたり、オリンピックに向けて訪日旅行者を増やしていく計画から、電車の中など生活の中で英語を見る機会も増えてきました。

楽天が社内の公用語を英語にしたことも話題になりましたね。今後海外展開を目指す企業も増えていくと言われています。

外資系だけでなく、日系企業でも英語力を求められる時代がくることになりそうですね。

英語はどちらにせよ勉強していくべき

みなさん、いかがでしたか?

外資系の転職にあたって、現時点で高い英語力がなくても働けるチャンスがあること、入社後に英語を勉強し続ける気持ちが大切だということをお伝えしました。

TOEIC○○点以上という条件は、外資系問わず日系企業でもよく見かけますが、TOEICはあくまで書類選考の材料です。

一番大切なのは、生きた英語、つまりコミュニケーションにおいてスムーズに英語を使って会話やメールのやり取りができるかどうかです。

グローバル化していく社会の中で、英語力は重要なスキルになります。

英語は勉強しておいて損はありません!

英語ができるのとできないのでは、仕事の幅が大きく変わります!

まずは継続することを目指していきましょう!

少しでも外資系企業への転職に興味のある方は

黒板

外資系の求人はご自分で探そうとしても情報量が少なく、いい企業に出会いにくいです。

なので外資系への転職はエージェントを通して行っていくのがおすすめです!

転職エージェントも数多くありますが、一番のオススメは外資系企業の転職に最も強いJACリクルートメントさんです!

ご興味のある方は、まずは求人を見ていくことから始めてみてはいかがでしょうか?

JACリクルートメントに無料キャリア相談をしてみる

まずは無料で海外求人を

5分で登録を済ませるだけ!
海外求人や外資系求人の探し方がわからない方におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できる、転職エージェントはリクルートエージェント。海外でのキャリアアップの可能性を無料で相談することは、確実にメリットがあります。ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
相談するのはまだ早いかな...の人も
登録するだけでOK ! の転職サイトで良い求人を逃さないことが重要 !
特に20代〜30代前半の方は、ビズリーチが運営するキャリアトレックが海外勤務を特集しているので登録してみましょう。