イチオシ!外資系に強い転職サイト/エージェント3選!利用する立場から厳選

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。

この記事では、

「転職エージェント/転職サイトの数が多すぎて何を使えばいいかわからないし、比較されていても自分に合ったエージェントがどれなのかわからない…」

こういった疑問に答えます。

この記事の内容

  1. 外資系への転職に強い転職サイト・転職エージェント3選を知れる

  2. 未経験で外資系に転職しやすい業界がわかる

  3. 外資系への転職前にやるべき意外なことがわかる

  4. あなたにマッチングした企業を見つけるならまず行動するべき

外資系企業といえば、ワークライフバランスを保つことができ、高い年収を狙えるイメージがあると思います。

って言っても求人を探すのも、何が良いのかを全部見るのも、正直面倒くさいし、できれば少ないエージェントだけを利用して転職活動をしたいですよね!

実際に就職相談にのっていると、外資系に転職を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系企業に転職するのに『イチオシの転職エージェント/サイト』を解説していきますね!

この記事を読めば、転職エージェントを利用する理由や何の転職エージェントに登録すべきかもわかり、1ヶ月後には外資系企業から内定を獲得できます!

この記事の転職エージェント/転職サイトの選定条件を紹介!

エージェントの選定条件

結論から言うと、外資系転職を考える際はエージェントに登録するべきです。

あなたのご状況やご希望にあった転職エージェントが必ずあります。

転職エージェントの選択次第で転職成功率もグンと上がります!

でも、なぜ転職エージェントの選択ミスをすると、転職成功率が下がってしまうの?
それは、あなたに合った転職先を紹介してもらえない可能性があるからです。

転職エージェントには、それぞれ強みがあります。

例えば、海外就職に強かったり、ハイキャリアの経歴を持つ方に強かったり、、、

1つ1つのエージェントに個性があるので、あなたに合った転職エージェントを選択することにより、スムーズに転職活動をすることができます。

『利用して良かった』と言える転職エージェントを選ぶことが一番のポイントになります。

まず、どのような経緯で「イチオシ」として転職エージェント/転職サイトをご紹介するのかお伝えしないとですね。

この記事でご紹介していく『転職エージェント/転職サイト』は、以下の選定条件をクリアしているものを「イチオシ」としています。

イチオシエージェントの選定条件

◎登録料、転職サポートが無料
◎外資系出身のコンサルタントのいる会社
◎外資系転職専門のコンサルタントのいる会社
◎登録が約3分ほどと簡単
◎外資系の高年収・ハイキャリアが期待できる

✕登録料、転職サポートにお金がかかる
✕外資系に転職の実績のない人材紹介会社
✕登録するのに非常に手間がかかる
✕エージェントがドライな対応をしてくる

上記の厳正なる審査を通過した『転職エージェント/転職サイト』をあなたの目的にあわせて登録すると、転職の成功率が上がります!

転職が成功する=あなたが求めている企業が見つかる

ということです。

人によって、何がホワイト企業で、ブラック企業であるかが異なるように、人それぞれ考え方が違うのが当たり前です。

▼ポイント

あなたが「求める企業が見つかるかも!」と思った転職エージェント/転職サイトを選ぶべきです。

それでは、外資系に強いイチオシ転職エージェント/転職サイトをご紹介します!

外資系に転職成功した人の8割が登録するJACリクルートメントが1番おすすめ!

公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメント
 
JACリクルートメントの強み

  • 年収が上がりやすい
    →年収600万年〜1,200万円の外資系求人に特化した大手転職エージェント

  • 外資系企業のカルチャーを熟知
    →グローバル人材を必要とする外資系企業から多数の求人を独自に持っている

  • 非公開求人やJAC独占の求人が多数
    約半分の求人がWEBサイトには載っていない非公開求人

『JACリクルートメント』外資系や海外の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

外資系転職を得意とする転職エージェントの中では求人数・転職成功実績ともに評価が高いです!

転職サポートでは、外資転職を専門に担当する日本人コンサルタントが在籍しています。

ネイティブのコンサルタントによる英文の履歴書のチェックや英語面接指導も受けることが最大の魅力です!

JACリクルートメント

外資系企業って成果が悪いと、クビになったりすることもあるって聞いたけど・・・

外資系は成果主義なので、クビやリストラされるリスクもあります・・・

そんなプレッシャーがある環境で働くなら、あなたの給料も上げてもらって働きたくないですか?

たしかに給料を多くもらえれば、その分モチベーションも上がると思います!

年収を上げたい人やリーダー候補として転職したい人は、『JACリクルートメント』が向いてますよ!

JACリクルートメントはハイキャリアクラス向けの転職エージェントのため、20代前半で3年以上の社会人経験のない人などは紹介する求人がないと言われてしまうケースもあります。

求人数が圧倒的No.1の転職エージェントとして有名なリクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

 

リクルートエージェントの強み

  • 20万件以上の求人数
    →求人数が転職エージェントNo.1なので、あなたに合った職場を見つけやすい

  • アジア中心の海外勤務の可能性
    →日系企業のビジネス経験や英語・中国語などの語学力を活かせる職場を探せる

  • 責任者候補を募集している求人が多数
    →海外進出を目指す企業が多いため、チャレンジ精神旺盛な方も向いてる

  • 連絡がマメ
    →問い合わせの返信や書類選考・面接結果の合否の連絡は24時間以内に連絡

『リクルートエージェント』は日系企業に勤めていた方が、初めての外資系転職に利用する方が多いエージェントです!

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、外資系転職を考えたらまずは登録する人が多い転職エージェントです。

また、あなたが外資系企業の求人も探したいけど、日系企業も併せて求人を見てみたいのであれば圧倒的求人数の『リクルートエージェント』がイチオシです。

外資系に転職するのがはじめてで・・・

そうなんですね・・・でも安心してください!

『リクルートエージェント』は求人数が業界No.1なので、未経験の方向けの求人からハイクラス向けの求人まであなたが求める職場を探しやすいんです!

たしかに他のエージェントの4〜10倍の求人数はすごいですね・・・

求人数が多い分、いろんな職場を見て自分がやりたい仕事がみつかりやすいんですね!

キャリアアップしたいならこの転職エージェントで決まり!

公式サイト:https://www.randstad.co.jp/

 

ランスタッドの強み

  • 人事と総務部に強い
    →人事と総務部の採用人数は平均1人ですが、実績が多数。そのため、人事と総務部の求人数が多い。

  • 財務部門の評判No.1
    →上場を目指す企業は、その直前に財務の人員を増員することが多いです。上場前の企業や上場企業との取引が豊富にあり強みとしている。

  • 差別化を図るならランスタッド
    →特化しているジャンルがあるため、そのポジションに目指したいならランスタッド。

『ランスタッド』は、1960年にオランダで創業された世界No.2の総合人材サービス企業です。ランスタッドは自社も外資系企業であることが強みです。

世界39の国と地域に4,700以上の拠点を持ち、第二新卒・20代・30代の若手に特化しています。

さらに、外資系企業・グローバル企業などを中心に、エグゼクティブのための管理職クラス(年収800万~3000万円以上)のハイクラス転職求人を探すことができます。

また非公開求人も多数あり、グローバルで培ったノウハウを活かしてプロフェッショナルの転職を支援してくれます。

特化しているポジションがあるため、人事・総務部や財務部門に転職したい方は必ずと言っていいほど登録した方がいいです!

ランスタッドは求人数が少なく、量より質で勝負しているエージェント会社です。

ご紹介した外資系企業の転職に強い転職エージェント/転職サイトをまとめておきますね!

外資系に強いサイト/エージェント

  1. 「JACリクルートメント」
    公式HP:http://corp.jac-recruitment.jp/
    →高年収・ハイキャリアを狙いたい方向け。大手・優良企業の求人が多数
  2. 「リクルートエージェント」
    公式HP:https://www.r-agent.com/
    →業界最大級の転職サイトであり、外資系の求人数がNo.1なので、まずはここに登録しよう!
  3. 「ランスタッド」
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
    →外資系企業・グローバル企業などを中心に、エグゼクティブの方向け。第二新卒や20代、30代にも特化。
続いて、転職サイト・エージェントに登録するメリットをご紹介します!

登録がめんどくさい転職エージェントをそれでも登録した方が良い理由とは?

登録するのが面倒でも、後々スムーズに転職できる
正直な話、転職エージェントの登録がめんどくさい・・・

そうですよね、めんどくさくなってしまう気持ちもわかります。

でも時間がない人ほど、転職エージェントは利用するべきなんです!

外資系企業に転職する際に、エージェントを利用する主なメリットを3つにまとめてみました。

エージェントを利用するメリット

  1. あなたに合った外資系企業の求人を紹介してくれる
  2. そもそも外資系企業で働けるかの可否がわかる
  3. 自分にあった仕事をエージェントからオファーしてもらえる

それでは1つずつ説明していきます!

メリット1:あなたに合った外資系企業をたくさん紹介してくれる

求人のある外資系企業を探そうとしたけど・・・

探し方もわからないし、英文のレジュメって何?英語面接って何を聞かれるの?

そうですよね・・・求人サイトをみて自分で応募しようとするとわからないことばかりになってしまいますよね!

仮に求人サイトから外資系企業の応募しようとすると・・・

上記のステップを見て分かる通り、自分で応募して1つの会社でスムーズに面接まで行くとすると早くても3週間かかってしまいます・・・

「さて、人材募集している外資系企業を探そう」

と思っても、

自分では探し切ることは不可能に近い

です。

じゃあ外資系の求人はどうやって探すの…

外資系企業の人事担当者とやり取りをしている転職エージェントに、企業や求人を比較してもらった上でご紹介してもらうのが早いんです!

転職エージェントを利用した転職のステップはというと・・・

転職エージェントのステップ

上記のステップを見てもらえば分かると思いますが、転職エージェントを利用すれば、

1ヶ月以内に転職が可能

です!

ちなみにですが、エージェントから連絡がきた際に、あなたのプロフィールや職歴をお伝えすると、履歴書の作成や職務経歴書の作成をしてもらえることもあります。

この記事でご紹介した転職エージェントでは英文履歴書の書き方から添削までのサポート、英語面接の対策法についてまでサポートしてくれます。

え・・・それ全部無料でしてくれるの?

もちろんです!

オプション料金など一切トータルして料金は発生しません!

それなら、仕事をしながらでも転職先を見つけられそう・・・!

その通りです!在職中でもスムーズに転職活動ができるんです!

▼ポイント

忙しい人ほど、転職エージェントを利用するべき。

メリット2:自分が外資系企業で働ける可能性があるのか判断できる

外資系企業で働きたいと思っていて、求人サイトから外資系企業にたくさん応募しました!

どうですか?返答の連絡はありましたか?

それが連絡まだこなくて・・・

いくらあなたが、

「外資系で働きたい!」

と思っていても、プロの転職エージェントから見た時に

「その職歴や経験だと無理ですね」

という場合があります。

それならそれで、早く知っておいた方がトクです。

その逆パターンで、

「私も外資系企業で働けるんだ」

とわかれば、人生の中に外資系で働くことを選択肢に入れることができます。

相談してもらうだけでもいいの?

はい!大丈夫です!

あなたの将来のキャリアプランが不安であれば若いうちから相談するだけでも価値はあると思いますよ!

もし、外資系企業で働けないんだ・・・と思っても国内の求人や海外の求人を紹介してくれます。

あなたの市場価値を客観的に見てもらえるので、せっかく無料なので相談してみてもいいかもしれませんね!

▼ポイント

相談だけでも無料なので、利用する価値あり。

メリット3:エージェントからオファーをもらうことが重要

オファーってどういうこと?

求人っていうのは常にずっと出ている訳ではありません。

時期や上場、移転など様々な理由で求人が急に出てきます。

常にあなたが求める求人があるのかというと、あるときもあれば、ないときもあります。

フリマアプリなどと一緒で、あるときはあるけど、売り切れてしまったらないですよね。

求人も一緒で、

あなたが求める求人が出てくるのはタイミング次第

ということです。

常にあなたに合う求人が空いているわけではなく、タイミングが良ければ出てくるというモノです。

それを常に、あなた自身で多くの求人サイトをチェックするのは現実的ではないです。

ですが、転職エージェントは求人を常にチェックするのが仕事です。

転職エージェントは、あなたが求めているだろう求人を常にチェックしてくれています。

あなたが、

「〇〇(企業名)の求人はないですか?」

と聞いたらエージェントが確認してくれることもあります。

また転職エージェントには「非公開求人があります。

非公開求人とは、転職エージェントが独自で持っている求人です。

要するに、

転職エージェントに登録すると、通常探すことのできない求人に応募できる

ようになります。

「こういう案件があったら教えてくださいね」とエージェントと良い関係を築いておくことで、オファーをもらうことが可能になります。

エージェントに利用した方が、効率的に、且つ、失敗しない外資系企業選びができそうですね!

そうなんです!

特に時間がなくて忙しい人ほど、上手く転職エージェントを利用するべきなんです!

▼ポイント

転職エージェントに登録することで、非公開の求人に応募できる。

 

外資系企業への転職は未経験でもできるの?

未経験で外資系に転職は可能か

日系企業にしか勤めたことないけど、外資系って未経験でも働けるの?

結論から言いますと、未経験でも働くことができます。

応募する企業が求めるスキル、技術、経歴に合っている方であれば全く問題ありません!

でも、自信がないから未経験でも働きやすいところがいいんだけど…

外資系でも未経験の方が入社しやすいところがありますよ!

そういった業界であれば、未経験で入社した方も多いので入社後も活躍できる環境があります。

それでは外資系企業の未経験の方でも内定がもらいやすい業界をご紹介します!

外資系企業で未経験でも入社しやすい3つの業界

未経験から新しい業界への転職、日系企業から外資系企業への転職は、比較的難易度が高い事もあります。

しかし、実は外資系企業の未経験の方でも転職しやすい業界もあるので安心してくだい!

未経験でも入社しやすい業界

  1. 製薬業界
  2. 生命保険業界
  3. コンサル業界

以上の3つの業界が外資系企業で未経験でも比較的入社しやすい業界です。

また、未経験といえど外資系で働くにあたって英語が必要になってきます。

ですが、企業の中には英語を全く必要としない企業もあるので、英語ができない人で外資系に転職をお考えの方は下の記事も参考にしてください!

外資系未経験の方が活躍しやすい業界と、その業界がどうして働きやすい業界なのかをお伝えしていきますね。

1:製薬業界・MR

製薬業界のMRは他の業種と比べると、未経験者が採用されやすい職種です。

製薬業界は市場規模が年々拡大しており、業界の中で競争がとても激しいです。

常に優秀な人材を即戦力として探している業界でもあるので、1年を通して求人も多い傾向があります。

▼ポイント

製薬業界は未経験でも入社しやすい業界として有名

アジアマガジンでも外資系のMRの記事がありますので、ご参考にしてください!

2:生命保険業界・営業

実は、保険の知識を多く持っている方や生命保険業界での職務経験が長い方が活躍しやすい業界ではないです。

どちらかというと、

人とコミュニケーションを取るのが好きという方や人から相談されることがあったり、人に好かれやすい方がノビノビ活躍できる環境です。

また、平均年齢が30代以降と高くなっているため、生命保険業界は外資系企業で珍しい業界になります。

▼ポイント

生命保険業界は30代以降であっても中途入社で会社に馴染みやすい環境

しかし、生命保険業界の営業に転職するのに注意しなきゃいけないこともあります。

下の記事を見ていただき、入社後のギャップ生まれないように気をつけておきましょう!

3:コンサル業界・コンサル、アナリスト・リサーチャー

コンサル業界は、対人のコミュニケーション能力や業界の深い知識、プレッシャーに負けない忍耐力、スピーディーで効率的な作業を行うことが求められます。

▼ポイント

コンサル業界は新卒採用よりも社会経験のある方で即戦力になれる人材が欲しいという業界

ただ外資系のコンサルは、とても競争がある業界です。

完全成果主義の外資系企業では、結果が出なければ期間関係なくクビにされてしまうケースもある非常にシビアな業界でもあります。

また、外資系のコンサルは激務として有名です。

その実態について詳しくお伝えした記事もありますので、参考にしてください!

未経験でも入社ができる業界はこの3つ以外にも多く存在しますが、どの企業も即戦力の人材を欲しがります。

多くの部署での経験がある方や幅広い仕事をこなしている方より、一つの職種を全うしてきた専門性の知識のある人であれば、外資系企業に向いてる上に、働きやすい環境でもあります。

ギモン:女性で未経験でも転職はできるの?

外資系企業って女性でも働けるの?

結論から言いますと、女性が外資系企業に就職するのは可能です。

ご存知かと思いますが、日系企業では全く女性の社会進出ができておらず、管理職のクラスも男性の方が多いという問題があります。

一方、外資系企業には男女平等に機会が与えられ、どの企業でも女性で管理職クラスを務めている方も多くあります。

女性の方で管理職を目指したい目標のある方は日系企業よりもオススメです!

外資系企業で女性が働けるの?

のギモンに詳しくお答えしている記事がありますので、参考にしてください!

ここでは、外資系企業への転職で未経験でも入社がしやすい業界をお伝えしました。

続いて、外資系企業への転職をする前にやるべきことをお伝えしていきますね!

外資系への転職の前にやらなきゃいけないこと!

外資系への転職前にやらなきゃいけないことってなんだろう…

給料のことかな?休みのことかな…?

外資系への転職前にやるべきことは1つだけです。

それは、「次の転職のことを考える」こと!

え、もう次の会社を辞めることを考えちゃうんですか?

次の新しいキャリアのためにも、これからのことを考えることが必要です。

ギモン:「なぜ次の会社を辞めた後のことを考えるの?」

まだ次の職場も決まってないのに、なんで次の職場のことを考えなきゃいけないの?
外資系ではあなたをクビやリストラにする可能性があるからです。

外資系は日系企業のように生涯をサポートしてくれる環境はありません。

外資系企業は完全成果主義な分、

あなたが成果を残さなければ「ポイ」と捨てられてしまってもおかしくない

です。

日系企業のような価値観を持ったまま転職してしまうと、日々のプレッシャーに耐えられなくなってしまうかもしません。

日系企業と外資系企業は文化が違うため、

「日系企業はあんな風だったのになぁ〜」

と比較してしまう人は、外資系で働くのに難しいでしょう。

外資系は世界が違うものと考えた方が、気が楽で割り切れて働けるかもしれませんね!

▼ポイント

次の転職も考えて転職するべき。

考えているだけでは何も起きない!あなたに合う企業を見つけるなら登録だけしてみる!

転職は考えてるだけでは何も始まらない

外資系への転職は考えているだけでは何も起きません。

まず、転職エージェントに登録するだけでも一歩踏み出してみましょう!

「ボーナスが出たら転職しようかな」

「周りが転職の時期になったら自分も行動しよう」

「今は忙しいからあとで登録しよう」

上のような考え方は、「甘い」です。

外資系で勤めている時も迷っていてはいけません。常に前進するしかないのです。

外資系に強い転職サイト/転職エージェントを紹介しましたが、

「いま」登録するアクションを起こしてみてください!

日系企業の転職と比べて、

外資系企業の転職は企業とのマッチングが重要

です。

企業から、

「あなたと働かせてよ」

と言ってもらえるような転職ができたら、真のマッチングです。

こう思わせたら、あなたもその企業で活躍できますし、役職も付き、年収も上がっていきます。

それにクビやリストラもされないでしょう!

仕事をしながら、転職活動をすることは大変だと思いますが、あなたが働きたいと思える企業を探すのであれば多少の苦労もつきものと考えましょう。

すぐに行動していけば、より早くあなたの理想とする企業が見つけられます。

転職エージェントの登録はたった3分ほどで終わる作業です。

そのあとにメールを確認し、興味のある求人に応募するだけです。

この機会に「転職エージェントに登録」という行動を起こすだけでもあなたは一歩踏み出せたことになります。

外資系に強いサイト/エージェント

  1. 「JACリクルートメント」
    公式HP:http://corp.jac-recruitment.jp/
    →高年収・ハイキャリアを狙いたい方向け。大手・優良企業の求人が多数
  2. 「リクルートエージェント」
    公式HP:https://www.r-agent.com/
    →業界最大級の転職サイトであり、外資系の求人数がNo.1なので、まずはここに登録しよう!
  3. 「ランスタッド」
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
    →外資系企業・グローバル企業などを中心に、エグゼクティブの方向け。第二新卒や20代、30代にも特化。

できれば比較検討のためにも2〜3社は登録しておきたいところですね!

最後に、外資系企業で参考にできそうな記事を載せておきますね。

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!

まずは行動を起こすことから、あなたの次のキャリアは始まります!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。