外資系への転職に年齢は関係しないのはウソ?年齢が影響する真実を詳しく解説

こんにちは! 海外就職ノウハウの発信から実際に海外転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。
この記事でお伝えできること
  1. 外資系企業とは
  2. 外資系への転職は年齢制限があるのか
  3. どのような人材が求められるのか
  4. 転職のための応募書面・面接のコツ
  5. 転職する良い年齢のタイミング

外資系企業といえば、ワークライフバランスを保つことができ高収入ですが、

「年齢は関係あるの?」

「転職に良い年齢のタイミングはあるの?」

と疑問に思いますよね。

アジアマガジンは外資系企業に転職や就職を考えている人に、相談を受けることが非常に多いです!

この記事を読めば、あなたは年齢に合った外資系転職を今後できるようになります!

すぐにでも、外資系企業を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
 

そもそも「外資系企業」の定義とは?

外資系企業はそもそもどんな企業何だろう・・・

経済産業省「外資系企業動向調査(平成29年)」によれば、対象企業は以下の通りになります。

外資系とみなされる企業

  • 外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している企業
  • 外国投資家が株式又は持分の3分の1超を所有している国内法じんが出資する企業であり、外国投資家の直接出資比率及び関節出資比率の合計が、当該企業の株式又は持分の3分の1超となる企業
  • 上記の2点いずれの場合も、外国側筆頭出資者の出資比率が10%以上である企業

まとめると、株式全体の3分の1超を外国人投資家が所有し、出資比率が10%以上の外国株主がいる企業を外資系企業となります。

2016年時点で、外資系企業に勤務している常時従業者数は、およそ100万人です。

日本の平均就業者数はおよそ6,640万人なので、全体の割合で見るとたった1.5%しかいないのです。

日本国内で外資系企業に勤務するとなると、少数派に属することになります。

これには、外資系は成果主義であり、自ら主張し意欲的に取り組む向上心のある人が活躍できる環境ですが、日本の伝統的な企業と雇用や環境が違うことが原因とされています。

代表的な外資系企業を教えて?

検索エンジンと広告で有名になった「Google」も外資系企業です。

また、フード業界では「日本マクドナルド」やファッション業界では「ルイ・ヴィトン」、化粧品業界では「ロレアル」など生活の周りにも多くの外資系企業が存在しています。

まずは外資系企業の特徴を紹介しますね。

外資系企業の特徴

  • 成果主義
  • 高収入
  • 留学経験・英語を活かせる環境
  • 上司が外国人
  • ワークライフバランスが保てる
  • 女性が働きやすい環境
  • 成果重視のためクビになる可能性がある

外資系企業の特徴は他にもありますが、この7つは最低限押さえておきましょう。

外資系企業の詳しい特徴についてはこちらの記事を参考にしてください!

【外資系企業の特徴20選】転職前に知っておきたいコトまとめ

2017年12月2日

日系企業との違いも理解しておきましょう!

外資系企業の働き方は日系企業と大違い?違いのすべてを完全解説!

2018年5月7日

それでは本題です!外資系企業に年齢が関係するのかを見ていきましょう!

外資系企業に年齢は関係ある?

結論から言いますと、外資系企業に年齢は関係ありません。

外資系企業は実力主義・成果主義であるので年齢にこだわらない傾向があります。

要するに結果が出せる人材であれば年齢は関係ないです。

年齢が高くても採用に影響はしないってことで安心しました!

しかし、年齢制限がない分、年齢が高いからといって優遇されるわけではありません。

また、採用されるということは期待されているわけなので、結果を残さないといけないのでプレッシャーを感じる場合もあります。

外資系企業に転職して後悔しないためにも、自分が外資系企業に向いているのかをよく考えて転職することが重要です。

あなたが外資系に転職して後悔しないためにもこちらの記事を参考にしてみるといいかもしれません!

外資系に転職で後悔したこと6選!後悔を防ぐ対処法を伝授

2019年3月2日

外資系企業に向いてる人の特徴は?英語が話せるだけでは駄目な理由

2017年12月2日

年齢は基本的に関係ないのですが、影響してしまうケースがあるので念のためにチェックしておきましょう。

年齢が選考に影響を与える理由6つ

外資系企業に転職する際は年齢が関係ありませんが、影響してしまうケースもあるのであらかじめ理解だけしておきましょう。

年齢が影響を与えるケース

  • 態度が大きい
  • 定年までの期間が短い
  • 組織全体の方針で若返りを図っている
  • 転職経験が全くない
  • スペックが高すぎる
  • 上司に若い人が多い

それでは1つずつ見ていきましょう!

ケース1|態度が大きい

日系企業では年功序列の体制が整っているため、外資系企業への転職の面接の際に、年下の面接官に対して大きい態度を取ってしまうケースがあります。

自信を持つことは面接において重要ですが、初対面相手であり上司に当たるケースもあるので礼儀正しくしましょう。

仮に入社した場合に人間関係でトラブルを起こしそうと思われてしまうので、礼儀正しく面接を受ければ全く問題ないです。

ケース2|定年までの期間が短い

外資系企業は即戦力を必要としているため、中途採用で人材を確保することが多いです。

企業としては、採用するからにはコストもかかるためより長い期間働いて欲しいと考えています。

スキルがあり実績を残してきた応募者であっても、数年後には定年退職となってしまうと厳しい場合もあります。

ケース3|組織全体の若返りを図っている

これからの会社の成長を考えたときに、組織全体の年齢層を若くしたいと考える企業は少なくありません。

中途採用で人材を確保している外資系企業では年齢層が高くなってしまう傾向があります。

求人情報には掲載しませんが、必要な資格や経験以外にも年齢制限を設けて組織全体の若返りをしようとしている企業も存在します。

転職エージェントを使えば、企業の情報をより細かく知ることができるため、活用してみるのもいいかもしれませんね!

ケース4|転職経験が全くない

外資系企業は全体的に転職の回数などは気にしないのですが、40代以降になって転職活動を初めて経験する方の採用は厳しくなります。

外資系企業では転職を繰り返してキャリアアップをしていくことが多いです。

40代までに何度かの転職をしている経験があるだけで、異なった企業文化に柔軟に対応できる人、新しい仕事や環境でも対応できる人として認識されます。

転職を重ねてきた人は活躍してきたことの証になります。

ケース5|スペックが高すぎる

高いスペックの方を採用したとしても入社後の仕事に影響が出てしまう例もあるため、採用を見送るケースも多いです。

年齢が若いうちであれば、スキルや実績、経験のスペックが高い方であっても積極的に採用します。

しかし、募集するポジションの業務内容と比べた時に、スキルや実績、経験のスペックと年齢が共に高かった場合は、採用に繋がりにくいこともあります。

ケース6|上司に若い人が多い

日系企業は縦社会が当たり前で上下関係がきっちりと構築されています。

外資系企業では年功序列ではないですが、部下に年上を持つと指示を出しにくい等の理由で年上の部下を採用するのを好まない企業もあります。

年齢が影響する例を6つ紹介しました。

一般的な募集であれば年齢関係なく転職ができるので、何事もチャレンジをオススメします!

今すぐ『私って外資系企業に転職/就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでも外資系就職に興味があれば、

外資系就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

さらに外資系に特化した転職エージェントを知りたい方は、下記の記事に外資系の専門コンサルタントがいるエージェントも加えて紹介しています。

>>外資系転職に強い転職サイトおすすめ3選!3つの転職サイトの強みを徹底解説

外資系企業ではどのような人材が求められるの?

外資系企業ではどのような人材が求められているのでしょうか?

業界や職種にもよりますが、共通してこのような人が求められています。

求められる人材の特徴

  • 即戦力となれる人
  • 自発的に行動できる人
  • 結果を出すために挑戦できる人

外資系企業では研修といった概念がなく、即戦力となれる人材を求めています。

結果が全てな文化なので、結果さえ残せばそれまでのプロセスなども自由に決めていいという考え方です。

また、外資系企業では日系企業で気に入られるようなYESマンは求めていません。

たとえ上司であっても積極的に自分の考えを主張したり、会議でも毎回発言できるような人を求めている傾向があります!

外資系企業への転職のための面接・応募書面のコツ

まずは外資系企業へ転職するための面接ではどんなことを話せば良いのかについて紹介しますね。

実際に、外資系の面接ではどんなことをアピールするといいでしょうか?

面接でアピールするのに重要なのは面接官の懸念点を潰すことです。

即戦力の懸念にはマインド面とスキル面をアピール!

即戦力として活躍できるか?という懸念点に対しては、自分が外資系に入社してもすぐに活躍できることをイメージしてもらうことが大切です。

例えば、負けず嫌いでどんなことも上を目指して取り組んできたことをエピソードを交えてアピールすると良いでしょう!

そうすると、入社後も自分から進んで行動してくれそう、というイメージを持ってもらうことができます。

そして自分のスキルも遠慮なくアピールしていきましょう!

自分の持っているスキルをどう活かすことができるか伝えることが大切です!

長期的に働けるかという懸念には思考性とビジョンをアピール!

長期的に働けるかという懸念には、自分の思考性やビジョンが外資系にあっていることをアピールしましょう。

外資系は日系企業と違い成果主義というカルチャーがあります。

そこで、普段から成果を出すことを意識して仕事をしていて、もっと裁量のある仕事がしたいなど、前向きな気持ちをアピールすることが大切です!

あなたが5年後と、10年後と将来どうなっていたいのかというビジョンを明確にし、それが外資系にあっていることをアピールしましょう。

面接官があなたが会社で5年後にどうなっていそうかが想像ができれば、採用したいと思ってもらえる可能性も上がります!

面接のポイントは面接官の懸念点をつぶせるアピールができること!

その為にも、自分は何故外資系で働きたいと思ったのか?しっかり掘り下げていきましょう!

面接官の懸念点を潰すこと、掘り下げて行くことが大事なんですね・・・!

応募書面で何かコツはあるの?

それでは、応募書面のコツについて教えましょう!

応募書面についての書き方ですが、面接と同様に前半部分でアピールしたい内容をわかりやすく文章化して行くことがコツです。

結論から書いていくことが大切になります。

また実績を書く際は、必ず数字を使って明確に相手に伝わりやすく書くことを心がけましょう。

外資系企業に転職する良い年齢のタイミング

外資系企業に転職する良い年齢のタイミングはありません。

外資系企業は成果主義なので、何歳であっても転職はできます。

また、40代以降の方であってもあなたが積んできたキャリアの実績、経歴やスキルを活かせる企業であれば全く問題ありません。

ちょっとしたメリットなら年代別にありますので紹介しますね!!

20代のメリット

  • 若いうちから責任のある仕事ができ、厳しい環境でメンタルと共に鍛えられる
  • 日系企業では得られないような経験が身につく
  • 第二新卒がある

若いうちに外資系企業へ転職することで、成果主義という競争の激しい環境に慣れるので実力が身につくと共に、精神面も鍛えられます。

また新卒入社3年目以内の転職になると新人として扱われるので、経験やキャリアが浅くても外資系企業特有のポテンシャル採用で転職できる確率が高まります。

外資系企業もOJTやプログラムされた研修制度もあるので、経験が浅くても安心して転職が可能です!

30代と40代別のメリット

  • 前職までの実務経験を活かして仕事ができる
  • 業務経験(スキル)やキャリア、専門的な知識を強みにできる

この30代・40代の年代ではすでに業務経験やキャリアが構築されているので、それを強みとして活かして転職が可能です。

外資系企業はほとんどが中途入社のため、その強みを入社後に即戦力の人材として活躍し結果を残すことが期待されます。

また、入社後は経験の豊富さから早い段階で職場に慣れることができます。

続いて未経験であっても転職しやすい業界を紹介しますね!

未経験でも転職しやすい業界

未経験から新しい業界や日系企業から外資系企業への転職は、比較的難易度が高い事もありますが、実は未経験の方が転職しやすい業界も存在するので安心してくだい!

未経験の方が転職しやすい業界

  1. 製薬業界・MR

  2. 生命保険業界・セールス

  3. コンサル業界・コンサル、アナリストリサーチャー

    ※どれも同じくらいの転職難易度です。

1.製薬業界・MR

製薬業界は市場規模が年々拡大しており、業界の中で競争がとても激しいです。

常に優秀な人材を即戦力として探している業界でもあるので、1年中求人も多い傾向があります。

MRは他の業種と比べると、未経験者が採用されやすい職種です。

2.生命保険業界・セールス

保険の知識を多く持っている方や生命保険業界での職務経験が長い方よりも、人とコミュニケーションを取るのが好きという人や人から相談されることがあったり、好かれやすい人がノビノビ活躍できる環境でもあります。

平均年齢が30代以降と高くなっているため、生命保険業界は外資系企業では珍しい業界です。

平均年齢が高い傾向により、30代以降であっても中途入社で会社に馴染みやすい環境になります。

3.コンサル業界・コンサル、アナリスト・リサーチャー

コンサル業界は、対人のコミュニケーション能力や業界の深い知識、プレッシャーに負けない忍耐力、スピーディーで効率的な作業を行うことが求められます。

そのため、新卒採用よりも社会経験のある方の中途採用で即戦力になれる人材が欲しいという業界です。

ただ外資系のコンサルは、とても競争がある業界です。

完全成果主義の外資系企業では結果が出なければ期間関係なくクビにされてしまうケースもある非常にシビアな業界でもあります。

未経験から外資系に転職できる理由は、未経験の人でも活躍できる職種があるので転職しやすくなっています!

まとめ|外資系企業に転職する方法

何歳であっても転職は可能です。あなたの経歴やキャリアを存分にアピールすれば内定を獲得できます!

この記事で紹介したこと
  1. 外資系企業の特徴を7つ
  2. 外資系企業には年齢制限がない
  3. 面接や応募書類は自分を存分にアピール
  4. 年代別に見た転職のメリット
  5. 未経験でも転職がしやすい業界もある

少しでも外資系企業に興味がある方は

 

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれる可能性もあります)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。