外資系人事職への転職は求人サイトからの応募では入社が難しい状況を解説

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。

 

この記事でお伝えできること
  1. 外資系人事職で私が働けるか
  2. 外資系人事職の種類
  3. 外資系と日系の人事職の違い
  4. 外資系人事職の仕事内容
  5. 外資系人事職に転職するためのポイント

外資系人事職にどんなイメージをお持ちでしょうか?

「人事職に就職できるの?」

「事務職は日系企業の人事職と違うの?」

と疑問や不安を感じてしまいますよね。

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系企業、特に外資系メーカーについて解説していきますね!

この記事を読めば、入社が難しい人事職にもつくことができるようになります。

すぐにでも、外資系人事職を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
 

外資系人事職に転職するためのポイントとは?

インドでの駐在員生活って?日本人が注意すべき事やリアルな現地情報まとめ

近年、外資系企業はどの企業も人事戦略を強化する体制を整えています。

特に、採用担当者(タレント・アクイジション)や人事ビジネスパートナーをはじめとする人事のスペシャリストの需要は年々増加する傾向です。

男女共に30代近くの7年以上の人事経験を持ち、ネイティブレベルの英語力を持ったコミュニケーション力が高い人材を欲している企業が多いです。

なんでこの年代の人事スペシャリストを採用しているの?
それはポテンシャル採用とこの年代の層が薄いため、その補填として求めているケースがあるんです!
なるほど!では30代くらいの人事経験を持つ人材が特に採用したいのか・・・!
実は他にも理由があるので紹介しますね!
外資系企業で人事エキスパートを採用したい理由

1.日本の市場に参入を試みている場合は、本社が海外にあるため本社の人間は日本独自のルールや法律、習慣など日本について知識が皆無に近いです。

そのため、外資系企業が人事職を募集する場合は、日本市場で経験があり国内での実務経験が豊富な人事のエキスパートを企業に招きたいという傾向があります。

2.外資系企業は本社で人事職を統括することで費用の削減にも繋がる上、集約型の組織を本社でプランニングしたいと考えているため。

外資系企業の人事職は人数が少ないため、一人ひとりの仕事の裁量が大きいです。

しかし、多くの外資系企業ではアウトソーシングや派遣社員を雇って人事職の穴埋めを行なっているケースが多いです。

また、外資系企業は求人サイトに求人情報を掲載していることがありますが、組織する部門が少数精鋭であればあるほど、企業は即戦力となる人材を採用したいと考えます。

そのため、外資系企業は人材紹介会社を通して中途採用で即戦力となる人材を採用する傾向がほとんどです。

外資系企業の人事職は少数精鋭であることがほとんどのため、人事職に就職したい方は人材紹介会社(転職エージェント)を利用した方が採用される確率は遥かに上がります。
すぐにでも、外資系人事職を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
 

外資系人事職は日系企業の人事職と何が違うの?

エージェント 握手

人材戦略を行うHRBPを知っていますか?

外資系企業には経営者に企画提案していくHRBPという人材戦略を策定するポジションがあります。

通常の日系企業にはなく、事業ごとに人材の配置と統括するマネジメント力が必要になるため、HRBPは常に人材不足となっているため、採用ニーズがとても高いです。

HEBPになるには、ネイティブレベルの高い英語力が求められ、人事系コンサル(営業を含む)の経験者や人事経験者が求められます。

外資系企業特有の人事の仕事がある

派遣会社などとのやりとりや、派遣社員の管理・指導も人事職の業務に当てられます。

日系企業よりも幅広くマネジメントしなければいけないことが多いため、質の高いマネジメント力が求められてきます。

日系企業と決定的に異なる点

外資系企業では人事職が人事権を持っていません。

要するに、人事職が採用の可否を決めることができないのです。

日系企業であれば面接などを踏んだ後に最終的な内定者を決めることができますが、外資系企業では求職者(応募者)の所属先となる部署の最高責任者が最終的な判断を下します。

最高責任者にはその所属の収益を出さなければいけないという責任があります。

そのため、外資系企業の最高責任者には大きな権限が与えられているのが明確で、一緒に仕事をして成果を出してくれそうな人材を見つけるのが最高責任者になります。

しかし、人事職の仕事は重要です。

各部署と内密に連携を取りながら業務を行なっていきます。

人事職が採用に関する市場トレンドを正確に把握し、最高責任者に伝える必要がります。

外資系人事職は少数精鋭で組織されており、人事職の方が退任した時や日本市場への参入時と決められた時でしか採用活動は行われません。

人事職希望の場合は、求人情報を常にチェックする必要があるため、転職エージェントの活用をおすすめします!

外資系事務職へ転職を考えている方は転職エージェントの登録がオススメです!

ぜひ、外資系事務職への転職したいのですが、何から始めたらいいか…
まずは具体的な求人を見ていくことから始めるべきです!

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれる可能性もあります)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。