契約社員として外資系で働くことの影響と対応策!あなたのキャリアを考える

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。

この記事でお伝えできること

  1. 契約社員とは
  2. 契約社員とは派遣社員の違い
    ・雇用形態や給与に関して
  3. 契約社員のメリットとデメリット
    ・働き方や正社員登用
  4. 契約社員として入社する方法

外資系企業といえば、ワークライフバランスを保つことができ高収入ですが、

「外資系企業に契約社員として働くってどうなの?」

「契約社員と正社員どちらがいいんだろう・・・」

と疑問や不安を感じてしまいますよね。

実際に就職相談にのっていても、外資系に契約社員として勤めたいと考える人が増えてきています!

そこで、今回は契約社員について解説していきますね!

この記事を読めば、1ヶ月後には外資系企業に契約社員として入社できます!

すぐにでも、外資系企業に契約社員として働きたいという方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
 

そもそも契約社員って?

社員に契約ってつくってことは契約をした社員ってこと?

でも正社員も雇用契約を結んでいるもんなぁ・・・

あながち契約の意味としては間違ってはいませんが、ここで言う契約は契約期間があるという意味です!

ではまず契約社員についてお話しますね。

契約社員の定義って?

契約社員とは企業と期間の定めのある労働契約を結んでいる労働者のことを言います。

契約社員の雇用主は勤務先の企業です。

また契約期間が満了しても、契約更新をすることで同じ職場で働くことが可能です。

契約社員となるケースに、「非常勤」「臨時社員」「準社員」なども契約期間が定められていることがあるのでそれらも契約社員となるケースが多いです。

当然ですが、前述の通り雇用主は勤務先の企業ですので、勤務先の企業の職場環境や福利厚生に合わせなければいけません。

正社員と違う場合もあるので入社する前に条件なども確認してから入社するようにしてくださいね!

契約社員の雇用形態はどういう感じなの?

労働契約法が改正され、5年以上契約を更新した契約社員には無期労働契約に転換できるようになりました。

無期労働契約って正社員のこと?

一見言葉の意味から正社員と思われがちですが、正社員ではありません。

簡単に言うと、今後契約更新をしなくて良い契約社員ということです。

なるほど!知らなかったら正社員のことだと思ったままでした・・・

無期労働契約になったからといって正社員と同じくらいの給与がもらえる訳ではないので、入社前に必ず確認するようにしましょう。

契約社員と派遣社員の何が違うの?

契約社員で働こうと思っているんだけど、

派遣社員と何が違うのかわかんない・・・

それでは大きな違いが4つあるので今から紹介しますね。

契約社員と派遣社員の大きな違い4つ

  1. 雇用形態
  2. 給与体制
  3. 交通費
  4. 福利厚生

違い1つめ|雇用形態の違い

派遣社員の雇用形態と何が違うんだろう・・・

簡単に言うと、勤務先の企業と直接雇用契約を結んでいるかいないかということです。

「契約社員」は勤務先の企業と直接雇用契約を結んでいるが、契約によって働く期間が定まっているとうのが特徴でした。

一方、「派遣社員」は勤務先の企業と直接雇用契約を結ばず、派遣会社と契約を結びます。

その派遣会社から紹介された派遣先(企業)で働くということなので、大きな違いといえば勤務先の企業と直接雇用契約を結んでいるかの違いです。

違い2つめ|給与体制の違い

給与体制

  • 契約社員→月給制or日給制
        (企業によって異なるため給与の換算方法は異なる)
  • 派遣社員→時給制

契約社員は換算方法が異なるんですね!

給与は企業によって異なるということでしたが、交通費は支給されるんでしょうか?

派遣社員は時給に含まれていることが多いですが、契約社員は比較的全額支給されます。

しかし、交通費の上限が決まっている企業もありますね。

他に何か違うことはあるの?

そうですね・・・条件面ですね。

勤務先の福利厚生に従うということと、中には契約社員でも住宅手当が支給される場合もあります。

続いて、契約社員のメリットとデメリットを見ていきましょう!

契約社員で働くメリットとデメリットは?

契約社員で働きたいんだけど・・・

今まで聞いてきてメリットをあまり感じなかったけど何かあるの?

もちろんありますよ!!

それでは契約社員で働くことのメリットを4つ紹介しますね。

契約社員で働くことのメリット

  1. 期間限定で目的を持って働ける
  2. スキルを活かせる
  3. 副業ができる
  4. プライベートと両立できる

1個ずつ説明しますね。

メリット1|期間限定で目的を持って働ける

契約期間中は正社員と同じ扱いで仕事ができます。

企業によりますが、契約終了後に正社員になれる「正社員登用」という制度もあります。

逆に、一定の期間だけ働こうとしていた方は、自ら退職願を提出することもないです。

メリット2|スキルを活かせる

契約社員は実力のある方ほど稼ぐことが可能です。

入社前に兼ね備えている専門能力とスキルに期待して企業側は採用します。

ですので元々持っているスキルを最大限に活かせる環境です。

メリット3|副業ができる

契約社員の雇用契約では副業が禁止されることがありません。

違うジャンルのお仕事をアルバイトをして自分の活躍できる場を広げていけます。

メリット4|プライベートが両立できる

契約社員は女性でも活躍できる環境です。

子育ての時期には時短勤務も可能で、フレキシブルな時間を設定して働くことが可能です。

デメリットも知った上で就職活動を行うことをオススメします!

契約社員で働くことのデメリット

  1. 人間がコロコロ変わる
  2. 退職金・賞与が出ない
  3. 出世ができにくい

デメリット1|人の入れ替わりが激しい

契約社員の雇用はてても流動的なので、人間関係が固定されない環境です。

嫌な人がいたとしても数年後には一緒の職場にいないということもあります。

デメリット2|退職金が出ず、ボーナスすら出るかわからない

正社員と違って、退職しても退職金はありません。

またボーナス(賞与は)貰える企業もありますが、基本的にもらえないのが当たり前です。

↓退職金についてはこちら↓

外資系企業には退職金はない!日系と比べて得or損?

2017年12月7日

デメリット3|出世がしにくい

契約した勤務先の仕事に満足いかなければ、契約満了を機に転職する必要があります。

そうすることでキャリアアップを図って行くしかないのです。

メリットとデメリットの紹介をしました。

どちらも就職活動をする前に知っておくと良いでしょう。

次に契約社員に向いている人の特徴を紹介しますね!

私って契約社員に向いている?向いていない?

「契約社員として働きたい!」って強く思うようになりました!

契約社員の魅力を少しでも分かってもらえてよかったです!

最後にあなたが契約社員が向いているかについて考えて欲しいです。

契約社員に向いている人の特徴

契約社員と派遣社員の違いも分かったし、

私のようなタイプでも契約社員で働けるのかな・・・?

具体的にどんな方が契約社員に向いているのか説明しますね。

契約社員に向いている人の特徴

  1. スキルをフルに活用したい人
  2. プライベートと仕事の両立をしたい人
  3. 責務に全うできる人

向いている人の特徴1|スキルをフルに活用したい人

業務内容が決まっているということは、その業務に集中して専門性を持ったプロになることが可能です。

将来の自分のキャリアプランの目的として、私たちは選ぶことができます。

向いている人の特徴2|プライベートと仕事の両立をしたい

契約社員の場合は交渉次第で、自分のプライベートの時間に合わせて働くことが可能です。

育児のために時間を割きたい場合、時短にしてもらったりなど融通が効きやすいこともあります。

向いている人の特徴3|責務に全うできる人

契約時に期待されて自分の任せられたタスクにしっかりと責務を果たすことが重要です。

契約社員の場合、正社員のように仕事内容が変わることは滅多にありません。

決められたことを責務を持って全うすることで、契約更新ができるかどうかが決められることも十分にありえます。

「私は契約社員に向いている」と思ったあなたに契約社員になる方法を伝授!

大人になったら英会話の習得はできないは嘘!年齢よりも重要なこととは?

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

もちろん、「契約社員」として入社も可能です!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業の契約社員に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれる可能性もあります)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

リクルートエージェントは、外資系企業の詳細の情報を豊富に揃えています。というのもリクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えていただけます。

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。