外資系に転職で後悔したこと6選!後悔を防ぐ対処法を伝授

こんにちは! 海外就職ノウハウの発信から実際に海外転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

この記事でお伝えできること

  1. 外資系企業に転職して後悔した例
  2. 外資系企業に向いている人
  3. 外資系企業へ転職するべきかどうか

外資系企業にどんなイメージをお持ちでしょうか?

「外資系企業は成果主義って聞くけどホント?」

「外資系企業は大変そうなイメージだけど、実際はどうなの?」

と疑問や不安を感じてしまいますよね。

アジアマガジンは外資系企業に転職や就職を考えている人に、相談を受けることが非常に多いです!

この記事では、アジアマガジンに多く寄せられた質問から、あなたの疑問や不安を解消したいと思いましたので、参考にして頂ければと思います!

すぐにでも、外資系を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

外資系企業に転職して後悔した例を紹介!(理由あり)

外資系企業には魅力的なことが多いですが、日本企業とは風土や考え方など様々なことが異なります。

そのため、働いてみると転職しなきゃよかったというように後悔する方もいます。

ここでは、外資系企業への転職における後悔した例を6つ紹介します。

1.結果にこだわる成果主義の社風についていけない

外資系は、成果主義なので成果を出すことができなければ減給はもちろん、リストラされてしまう可能性すらあります。

毎月安定した給料をもらって、安定した生活をしたいという方には外資系企業の環境は向いてないかもしれません。

外資系企業は成果主義の社風だと覚悟はしていたものの、結果を出すのが当たり前というプレッシャーの中で激務(ハードワーク)を続ける日々に、ストレスを感じてしまう方もいます。

企業や業界によって異なってくるため、事前に応募する企業について詳しく調べておきましょう!

2.仕事とプライベートは別と考える風土

外資系企業は日系企業と比べると、人間関係はドライな部分があります。

プライベートを大切にする習慣があるので社員同士の関わりは日系企業ほど濃くはありません。

付き合いでの飲み会というものもない文化なので、仕事とプライベートはきっちり分けたいという方には良いかもしれません。

しかし、社員同士仲良くしたいという方には向いてないでしょう。

日本企業とのギャップから孤独感ある方が多くいます。

入社当初は冷たく感じることもあるかもしれませんが、事前にプライベートはオンとオフで分けている風土と理解があれば大丈夫でしょう!!

3.長く勤めているのに出世・スキルアップができなかった

外資系企業では常に結果を重視します。

日系企業では結果がよくなくても、それまでの過程を評価してもらえることもありますが、外資系はそういった評価はしてくれません。

結果までのプロセスも評価してもらいたいという方には向いていないといえるでしょう!

逆に「結果で私を評価してもらいたい!」という方にはとっておきの環境でしょう!!

4.専門性の仕事のため、仕事の幅を広げにくい

日系企業と違い、外資系企業は個人の業務の範囲が決められています。

日系企業は外資系企業ほど明確に業務内容がきっちり決まっていないので、経験を積んでいくことが可能な環境ではあります。

日本企業のように、幅広く様々な仕事をやっていきたいという方には、外資系企業に転職をするとギャップを感じてしまうことがあります。

5.お金が良いと聞いてたので転職してしまった

業界や職種が同じであっても、転職前の想定年収が日本企業より100万円以上高い求人もあります。

しかし、この想定年収を来年も必ず貰えるのは結果を出した人だけです。

事前に提示された想定年収に釣られて転職をしてしまうと、途中で外資系企業に就職して失敗だったなと感じてしまうケースがあります。

固定給やインセンティブ給の割合などを事前にチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

6.自信が失くなってしまった

完全成果重視で、リスクを背負って果敢にチャレンジできる行動力が外資系企業には求められます。

自分に自信がもてない方は、こういった時にチャレンジすることをた諦めてしまうことが多いです。

そのため、チャンスを逃してしまったり、他の人に自分がやってみたいポジションを奪われてしまいます。

自分に自信がなく、仕事に対しても積極的に行けない方には外資系の環境は厳しいかもしれません!

外資系企業に転職が向いている人を紹介します!

英会話スクールは無駄?料金やメリット・デメリットを徹底解説!

外資系には日系企業にはない独特の文化があります。

それでは、外資系には向いている人はどんな人なのでしょうか?

向いている人の特性を思考性、性格、スキル(経験)の観点で4点ほど見ていきましょう!

・負けず嫌いで結果を出すことに必死な人

外資系では年功序列という制度がないので、年下でも成果を出せば役職につくことができます。

会社の中には年下の上司がいるという可能性も多いです。

そのため、成果が出せないと他の人に追い抜かれてしまう環境です。

悔しさをバネにモチベーションに変え挑戦できる負けず嫌いな方は外資系に向いています!

・英語が話せる人

こちらは言うまでもありませんね。

外資系には様々な国の方達が働いています。

多くの方とコミュニケーションを取るために、英語が話せるにこしたことはありません。

・臨機応変に対応できる人

前述しましたが、外資系は成果主義です。

現在進捗中のプロジェクトでも結果が出ないと予想されたら即座に別の方法へ切り替えるといったことも日常的にあります。

そういった急な動きに対応できるスキルが重要になってきます。

・柔軟な考え、行動ができる方

外資系は日系企業と違い、多くの国々の方達が働いています。

文化の違いから、日本人の感覚とは違うことも少なくありません。

そんな時に、文化の違いを素直に受け入れ、誰と仕事をしても柔軟に対応できる方は外資系に向いています。

外資系企業が向いているか、しっかり考えよう!

英会話スクールは無駄?料金やメリット・デメリットを徹底解説!

外資系には向き不向きはありますが、何よりも大切なのは外資系で就職するという覚悟だとお伝えしました。

すぐに自分に自信が持てなくても、絶対に達成するという覚悟を決めて取り組めば、自然と自分にも自信を持てるようになります。

外資系の転職を迷った時は向いているか、向いていないかよりも なぜ自分は外資系に興味を持ったのか? を掘り下げていくことが大切です!

まずは外資系企業の求人を見てみることから始めませんか?

ぜひ、外資系企業への転職したいのですが、何から始めたらいいか…
まずは具体的な求人を見ていくことから始めるべきです!

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

そこで無料で外資系企業への就職の可能性を知ることができる就職支援会社(転職エージェント)を利用してみましょう!

外資系企業へ就職を考え始めたら、すぐに求人サイトを見て応募してみるより、

外資系への転職に強く、外資系企業の求人を約1万件も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

外資系企業に就職を考えているときも、まずは大手の転職エージェントに登録するべきなんですね。

そうなんです!まずは広く選択肢を比較検討していくことが、転職の成功確率を上げるので!

あえて大手エージェントに登録する理由

1.外資系企業の傾向や給与の相場感を掴むため(履歴書を作成してくれる可能性もあります)

2.選択肢を広げるため(外資系企業は企業によって風土が違います)

3.大手ならではの選考突破のノウハウを共有してくれるため

→間違った情報に騙されないためにも、外資系企業に特化した転職エージェント以外からも、積極的に情報収集を行うことが、外資系企業への就職の成功のカギです。

外資系企業への転職を考えている方には『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント業界トップクラスの求人数・転職実績を誇る国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

外資系企業の求人だけで1万件以上あり、他の国内エージェントの求人数よりもはるかに多いため、外資系企業へ就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

リクルートグループであり、知名度・信頼度がとても高い転職エージェントですので企業の社風などまで詳しく教えてもらえると有名です!

さらに、外資系転職専門のコンサルタントがいますので、英語の履歴書の書き方・添削や英語面接対策などの手厚いサポートをしていただけます。

また、大手企業の転職エージェントなのでキャリアアドバイザー層が厚く、数多くの外資系企業への転職をサポートしたベテランのアドバイザーが多くいます。

一方、注意点としてキャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていく方がいいですね。

外資系企業への就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く外資系企業の求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収600万〜1200万円の外資系企業転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『ランスタッド』
    特徴:20代&30代に特化した海外に強い転職エージェント
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。