外資系マーケティング職への転職をお手伝いします!

海外就職・転職の情報発信をしているアジアマガジン(@asia_maga)です。

この記事でお伝えできること

  1. 外資系企業の職種の種類
  2. 外資系マーケティング職の特徴
  3. 外資系マーケティング職の仕事内容
  4. 外資系マーケティング職は中途入社でも就職可能なのか
  5. 外資系マーケティング職は未経験でも就職可能なのか
  6. 外資系マーケティング職で私が働けるのか

外資系マーケティング職にどんなイメージをお持ちでしょうか?

「外資系マーケティング職の仕事内容は日系企業とどう違うの?」

「外資系マーケティング職には未経験かつ中途入社でも大丈夫なの?」

と疑問や不安を感じてしまいますよね。

実際に就職相談にのっていても、外資系を考える人が増えてきています!

そこで、今回は外資系企業、特に外資系IT企業について解説していきますね!

この記事を読めば、外資系マーケティング職について完璧に理解をし、1ヶ月後には外資系企業で働くことが可能です。

すぐにでも、外資系マーケティング職を検討したい方は、この記事の後半部分で外資系就職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
【dodaで適正年収を知ろう!】 転職するにあたって自分の今の適正年収や今後30年間の年収を知りたいと思いませんか?

doda」では、自分に合った適正年収を高精度に算出してくれます。

年収査定は転職を考えている方はもちろん、そうでない方も一度は行っていますのでぜひ行うべきです。

さらに、適正年収の査定はdodaのみ無料でできるので今すぐ試してみましょう!

これから先のキャリアが気になる方におすすめです。

外資系企業の職種って何があるの?

外資系企業にはどのような職種があるのでしょうか?

ざっくりとですが、下記の職種が募集されていることが多いです。

  • 経理
  • 営業
  • MR
  • 秘書
  • マーケティング
  • 人事
  • 法務
  • バックオフィス
  • プログラマー
  • 広報
  • デザイナー
  • 経営企画
  • 販売企画

外資系企業でもさまざまな職種で募集がされていますね。

あなたの経験している職種があるのであれば外資系で働けるチャンスもありますよ。

それでは、今回はこの中のマーケティング職について詳しく解説していきます!

外資系マーケティング職の特徴って何?(初心者でもわかるように解説)

外資系のマーケティング職では経営者としての運営者意識を期待されています。

マーケティング職の後のキャリアとして経営層へキャリアアップしたいという方が多い職種でもあります。

そのため、社内の様々な職種の方とプロジェクトを進行して行くことが求められるのです。

外資系マーケティング職の特徴

日系企業のマーケティング職は、宣伝・広報といったイメージがあるんだけど、外資系企業も同じ感じなの?
日米ではマーケティングが何かという認識が異なるため、一緒のイメージのまま入社すると苦労してしまいます…

外資系企業のマーケティング職は非常に重要なポジションであり、広いエリアをサポートする組織というように考えられています!

外資系企業のマーケティング職は、もちろん自社や他社のブランド戦略を行い総合的に価値を高めなければなりません。

日系企業と同様に広告宣伝を行う職種ですが、さらに競合や消費者のリサーチ、製品の開発、価格の設定、売り出し方などをいかに効率的に売り上げを発生させることができるかを考えことも求められます。

要するに、どんなに宣伝をして知名度が上がったとしても、結果が全てである外資系企業では売り上げが発生しなければ意味がないのです。

外資系マーケティング職の仕事内容

外資系マーケティング職は日系企業のマーケティング職と目的が異なるなら、仕事内容も違ってくるの?
外資系マーケティング職は若いうちから責任のある仕事を受け持つことが可能です。

ではどんな業務を行うのか紹介していきますね。

外資系マーケティング職の主な仕事内容は3つあります。

この4つは一連の動きで行なっていくので、1つずつ紹介していきますね!

マーケティング職の主な仕事内容

  • 課題を見つけ分析→戦略策定していく作業
  • 戦略策定された企画を提案、マーケティングプランの作成
  • プロジェクトの進行
  • プロジェクトの成果を分析、トラッキング

分析→戦略策定

取引先の期待に応えるためにもクオリティの高い分析力が必要になります。

ゴールはプロジェクトを実行していくことですが、まず今までの実績やデータ、資料などを検証・分析します。

「なぜ成果が出てないのか?」という課題を検証・分析していきます。

プロジェクトの成功のためにはこの作業がとても重要になります。

モノを展開するターゲット層や時期、実行するタイミングなどを間違えてしまうと大失敗に繋がります。

そうすると、クライアントからの信頼が失ってしまいます。

要するに、売り上げが計上できそうなマーケティングプランを作れたとしても、ここでしっかりとした策略を組めないと意味がないのです。

この作業で求められるスキル

  • 何が重要か判断できる判断力
  • 数多くのデータや資料を読み取り、高いクオリティで分析できる能力
  • 課題分析・検証
  • 常に「なぜ?」を考えることのできる人

戦略策定された企画を提案、マーケティングプランの作成

分析し戦略策定されたものに基づき、クライアントと一緒に、分析して抽出した課題を元にマーケティングプランを作っていきます。

見出した課題を正確にクライアントに伝え、課題から目標までの道筋をイメージできるように作成します。

この作業で求められるスキル

  • 全体感を理解し、目標までの過程を明確に相手に伝えるスキル(コミュニケーション能力も必要)
  • マーケティングプランの作成方法
  • スケジュールを細かく作れる方
  • 物事を客観的な視点で考えられる力

プロジェクトの進行、マネジメント

プロジェクトを実行するためのスケジュール感や段取り、プロセスを調整し、実行していきます。

ここでの作業では、ミスの無いよう入念に資料の作成をしていきます。

この作業で求められるスキル

  • プレゼン能力(パワポの使用、グラフの作成など)
  • コミュニケーション能力(社内に限らず、クライアントとの調整でも)
  • チームを率いるリーダーシップ

実行後の検証

実際に作った企画が完成し、世に出ると、その企画の成果や結果の検証を行います。

もし、成果・結果が目標値より出ていなければ、

「日々どうして結果が出ないのか。」

ということの仮説を立てて検証を行います。

成果が出なかった場合が辛いです。プレッシャーの毎日なので、プレッシャーに弱い方はきつい環境だと思います。

この作業で求められるスキル

  • コミュニケーション能力
  • 仮説検証を行える能力
  • 忍耐力

プレッシャーが強い環境ですが、日系企業では味わえないような若いうちに責任のある仕事をさせてもらえるので、チャレンジすることをオススメします!

外資系のマーケティング職であれば、戦略策定してから実行、トラッキングの作業を行います。

一連の業務を全て携わることができるので社内でのコミュニケーションやマネジメントが重要になります。

また、この仕事内容を見ての通り女性が非常に活躍しやすい環境なので、外資系マーケティング職には女性の占める割合が多いです。

何よりも意思決定を持つ力がとても大切です。

責任感を持って決断できる方はなかなかいないかもしれませんね。

中途入社でマーケティングの経験がなくても大丈夫なの?

結論から言いますと、中途入社でマーケティング職の入社は可能です。

というのも、マーケティング職からマーケティング職に転職をしている方はあまりいないのです。

何らかの仕事をしていて、企画立案やマーケティングに興味が出て転職を考える方が多いため、未経験でマーケティング職に転職する方が多くいます。

入社してからも未経験で入社した上司もいるため理解がある環境でもあります。

求められる個人的なスキル

じゃあ企業は何を見ているの?

外資系マーケティング職には事業運営者と仕事内容が似ているためか、ビジネスの意識を持って仕事に取り組めるかというのが重要になります。

中途入社に求められるスキル

  • アイディアを生み出すのではなくビジネスの意識をもつ(運営者意識)
  • 数字にこだわり、何が良くて何が悪いかを判断する力

これに加えて、外資系マーケティング職にはロジカルな思考を持つ人材を求められます。

求められる英語力

外資系マーケティング職では、日常会話程度レベルの英語力で入社が可能です。

もちろん上司には外国人もいるので、必然的に英語でのコミュニケーションが求められてくるでしょう。

しかし、外資系企業は英語力も日常の業務をしているうちに向上します。

そのため、入社意欲があり日常会話程度レベルの英語ができれば何も問題ありません。

日常会話程度の英語力で十分なので、仕事内容に興味を持った方はぜひチャレンジしてみてください!

スキルも経験もないし、未経験でも大丈夫?

外資系マーケティング職はとてもやりがいのある仕事です。

やらなくて後悔するより、やったことないことに果敢にチャレンジしてみて後悔した方が良くないですか?

常にビジネスの意識(運営者意識)を持っている方であれば向いている環境であると思います!

外資系とはいえ、OJTもありますのでご安心ください!

少しでも外資系マーケティング職に興味がある方は

外資系企業への転職する手段は知人の誘いを除くと、「転職エージェント」を利用することです。

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

外資系への転職は考えているんですけど…

外資系への転職は考えているだけでは何も始まりませんよ!

まず、転職エージェントに登録するだけでも一歩踏み出してみましょう!

外資系企業は英語面接が設けていることが多いです。英語の読み書きができても、英語の面接に慣れている人は割と少ないです。

外資系企業の転職に強いエージェントなら、英語面接の対策やアドバイスをしてくれます

外資系企業へ就職を考え始めたら、外資系への転職に強く、外資系の大手・優良企業も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

求人企業から求められるスキルの詳細情報も知ることができるため、登録して転職活動を始める方も多くいます。

・外資系企業の求人紹介に強い
→外資系企業との強固な信頼関係を築いています。

・外資系の大手・優良企業との取引実績数が多数
→外資系企業のカルチャーを熟知したコンサルタントが在籍しています。

・外資系の案件が豊富
→依頼を受けた求人のご紹介だけではなく、その人のキャリアを把握し、企業にポジションを提案してくれます。

Q:なんで無料でサポートしてくれるの?
A:あなたが入社した際に求人企業から紹介料を頂いているので、転職希望者からは一切費用を頂かないでサポートをしています。

Q:紹介された企業には必ず応募しなきゃいけないの?
A:ランスタッドは企業への応募や、転職をすることを強要していません。転職希望者の気持ちや考えを優先しているため、あなたで全て判断が可能です。また、面接の途中で辞退の連絡や内定辞退の連絡もコンサルタントが行います。

Q:今すぐに転職を考えてないんですが?
A:もちろん可能です。今後の転職であっても大丈夫です。

あなたと企業のマッチングをより近づけるためには、

複数のサイトに登録→エージェントから話を聞く→実際に面接で企業の話を聞く→さらに聞きにくい部分はエージェントを利用して企業に聞いてもらう→最後にあなたが判断することがマッチングへの近道です。

このプロセスを毎回繰り返していくことで、転職の成功へと導くことができます!

複数の転職サイト/転職エージェントに登録することで、多くの求人を見ることができますので、複数登録をオススメします!

外資系に強い転職エージェント
  1. 「ランスタッド」
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
    →外資系企業などの求人を中心に、エグゼクティブの方向けの転職支援サービス。
  2. 「リクルートエージェント」
    公式HP:https://www.r-agent.com/
    →業界最大級の転職サイトであり、外資系の求人数がNo.1なので、まずはここに登録しよう!

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

[addtoany]

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。