【50代の海外就職】意外と多い50代の海外移住の理由とは?転職方法も徹底解説!

こんにちは!

海外就職ノウハウの発信から実際に転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

50代の方で海外就職をしたいと考えても…

「そもそも50代って海外就職できるの?どんな人が海外移住しているの?」

と悩みますよね。

50代の海外就職や移住に関する情報が少なくて・・・

特にネットだけの情報だとわからないですよね…

そんなお悩みを解決するために、

年間1000人ペースで海外就職の問い合わせを頂いているアジアマガジンが、

50代の海外就職/移住についてお伝えしていきます。

50代でも海外就職や海外移住は実現できますかね・・・

それぞれのご状況にあった方法があると考えているので、これからお伝えしてきますね。

はじめに、50代に1番おすすめの転職サービスを紹介

「今すぐ、おすすめの海外転職サービスを知りたい!」そして海外移住したい!という人もいると思うので、

50代に1番おすすめの転職サービスを紹介します!

リクルートエージェント:業界最大手のため50代も応募可能な求人が多数!

リクルートエージェント累計41万名以上の転職支援実績がある日本人利用数No.1の転職エージェントです。

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

転職支援実績も豊富なら信頼できそうですね!

はい!そうですね!

登録も簡単なので、まずは海外転職できるかどうか無料相談すべきです!

実際に50代の海外就職/移住って多いの?

「やっぱり20代の方が多いですか?」と聞かれることが多くあります。

先に結論からお伝えすると、

20代の次にご相談が多いのは”50代”です。

30代〜40代は結婚・子育て・出世(?)などがあるのか、母集団は多くないです。もちろん海外でバリバリなキャリアを積まれている方もいるので、随時ご相談は受けていますが…

50代でアジア就職をしたい主な理由

thailand-591269_640

実際にアジアマガジンに問い合わせがあったものをピックアップしてみました。

若い時にチャレンジしなかったことを後悔している。子供も独立をして手がかからなくなったこのタイミングで、残りの人生はしっかり挑戦していきたいと考えている。

51歳男性

定年を過ぎたら海外移住をしたいと以前から考えていた。
定年退職の時期が近くなり、雇ってもらえる企業があるうちに、海外就職をして老後の生活する国を決めていきたい。

57歳男性

日本で培った仕事のノウハウやスキルがどれだけ通用するか、試してみたい。

53歳男性

テレビを見ていて、海外の方が物価が安く生活がしやすいと聞きました!それなら、動くのは早い方がいいかと思い、今は情報収集をしています!

52歳女性

いろいろな理由で海外就職や移住を考えている人がいるんですね!

そうですね、60代を見据えて早めに行動される方が多いです!

50代の海外就職は実際どう?企業にとってメリットはあるのか?

個人的な見解ですが、50代の海外就職は良いと思います。海外に住んでみたいと思っているのであれば、早めに住んでみることが大事だからです。実際に住んでみて「やっぱり日本が良い」と思う方々も多々います。海外移住を定年後の夢にしていて、実際には微妙だったらショックが大きいかと(笑)

ただ、定年まで働き切りたいという希望があれば、それはやりきったほうが良いと思いますが、連休等に視察旅行に行くことをおすすめします。日本の持ち家を売って海外移住して、1年間住んでやはり合わないと思った場合のリスクはかなり大きいので!

さらに50代の方を採用する企業側にもメリットがあります。まずは駐在員手当て無しで、経験者を雇うことができます。60代の方を採用するのはハードルが高いですが、50代前半であればまだ採用可能性が出てきます。それこそ海外移住してもらい、現地の代表になってもらうレベルで探しても良いです。

スクリーンショット 2017-04-29 14.12.26

僕がカンボジアで人材紹介会社を経営していた時は、日本人の61歳くらいの方をご紹介して、ご採用頂いた事例もありました。その方は日系企業のトップと人脈が有るため、トップセールスが出来るということが決め手になっていました。(実際に採用後もご活躍されてました)

年齢が50~60代の方の培ってきた経験やノウハウや人脈は、圧倒的に大きいものがあります。企業としては、年齢だけで判断せずに採用メリットがあるかどうかを、フラットに考えることでチャンスを得られると思います。

海外就職/移住を実現させる3つの方法

ここでは、実際に海外就職をした人がたちが、どのような方法・経路で海外での転職活動を成功させたのかという点で考えていきますね。海外就職を果たした人の方法や経緯をまとめると、だいたい下記の3つに分けられます。

海外就職の3つ方法

1.自分の人脈を使って海外就職する

(もしくは現地で日本人経営者に連絡をしてみるなど…)

2.現職の駐在員として海外に行く

3.海外に特化した転職エージェント・求人サイトを使う

1と2は難しそうですね、、、、

そうですね、少しハードルは高いかもしれませんが、本気で考えていらっしゃるようでしたら、1の現地の日本人経営者に片っ端から会いまくるのもありかと思いますよ!

ただ、1を選択される場合でも、まずは海外にどんな求人があるかは事前に見ておくべきです。

そういった意味でも、まずは、どんな人も3の海外に特化した転職エージェント・求人サイトに登録するのがおすすめです。

なるほど!どんな選択肢を選ぶにしろ、

まずは海外にどんな求人があるかを把握することが大事なんですね!

はい!海外に特化した転職エージェントを上手く利用したほうが圧倒的に得です!

50代におすすめの転職エージェント3社を紹介

転職エージェントを利用する必要性はわかりましたが、

ネットで探すと転職エージェントが多すぎて…

安心してください!ここでは、
おすすめの転職エージェントを厳選し、
3つ
ピックアップしました!

現地採用の転職サービスをアジアマガジン運営事務局で独自調査をして徹底比較をしてみました。

50代向け転職エージェントおすすめ3選

1:リクルートエージェント
2:JACリクルートメント
3:DODA

各社とも登録は3分ほど無料なので積極的に動いていって頂けると良いと思います。海外転職をするかどうか迷っている方も気軽にキャリア相談してみることも可能です!

ポイント

まず転職エージェントを活用して現地採用の求人情報を得るには、現地採用求人の募集タイミングを逃さないことが必須になります。チャンスを逃さないためにも、少なくとも2〜3社は転職エージェントに登録することがおすすめです。

1.リクルートエージェント

【公式サイト】https://www.r-agent.com/

『リクルートエージェント』は国内人材業界でNo.1の転職エージェントです。

ハイクラス特化ではないですが、海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

2.JACリクルートメント

スクリーンショット 2017-04-28 15.15.02

【公式サイト】http://www.jac-recruitment.jp/

『JACリクルートメント』年収500万〜1,200万円の海外や外資系の求人に強みを持っている大手転職エージェントです。

保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが…

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。

実際に、1人でキャリアアドバイザーと法人営業の両方を担当しているので、JACのキャリアアドバイザーの質は圧倒的に高いです。

(ちなみに、大手のリクルートやDODAは、キャリアアドバイザーと法人営業は分業しています)

そのため、キャリアアップを目指したい、年収500万円以上の人は絶対に登録するべきです!

3.DODA

DODA

【公式サイト】https://doda.jp/

『DODA』は国内ではリクルートに次ぐ業界2番手の大手転職エージェントで、サポート体制に力を入れているという定評があります。

また、DODAは国内求人向けと海外求人向けにセクションが分かれており、海外案件も豊富にあることが特徴的です。

※他の転職エージェントさんは海外求人があると書いてあっても、実際に海外求人が少ない場合もあります

そのため、まずは幅広く海外求人を見ていきたい方にとっては、DODAがおすすめです。

それでは最後にまとめを見ていきましょう!

まとめ|まずは具体的な求人情報の収集から始めていきましょう!

みなさん、いかがでしたでしょうか?

今回は50代の海外就職/移住をテーマにお伝えさせていただきました。

50代の海外就職ポイント

1.50代の海外就職という形も意外と多い。早めの海外移住というイメージ

2.50代は若年層と比べ、豊富や経験があるのが強み

3.60代だと企業側も厳しいが、50代前半であれば採用可能性がある

4.まずは転職エージェントなどを上手く利用して求人情報を集めるべき

それでは、最後に50代におすすめの海外転職エージェントをおさらいしましょう。

50代には特に『リクルートエージェント』がおすすめ!

リクルートエージェント累計41万名以上の転職支援実績がある日本人利用数No.1の転職エージェントです。

海外求人だけで400件以上あり、他の国内エージェントの求人数の4〜10倍にあたるため、海外就職を考えたらまずは登録するべきエージェントです。

注意点としては、キャリアアドバイザーの質にバラツキがあるので、他のエージェントも併用しながら転職活動を進めていくことをオススメします。

海外就職の可能性を少しでも上げたい人は…!

リクルートエージェントと併せて、下の2社も利用すると幅広く海外求人を確認できますよ!

  1. 『JACリクルートメント』
    特徴:年収500万〜1200万円の海外転職
    公式HP:http://www.jac-recruitment.jp/
    =
  2. 『DODA』
    特徴:サポートが手厚い
    公式HP:https://doda.jp/

アジアマガジンは海外就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

まずは海外就職を無料診断!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収500〜1200万円の海外転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外転職実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。