ジョホールバルの基礎情報まとめ!!食事や家賃など、移住に必要な情報

ジョホールバルの基礎情報まとめ!!食事や家賃など、移住に必要な情報

こんにちは!

海外就職ノウハウの発信から実際に海外転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

東南アジア、特にマレーシアはコスパがいい都市としてかなり有名ですよね。

観光地としても高級ホテルに格安で泊まれることや、移住した際にも最低賃金が14万円保証されているなど、日本人目線とてもいい国です。

その中でも今回は、マレーシアの第二の都市といわれているジョホールバルに特化してご紹介していきたいと思います!

ジョホールバルってどんな都市?

ジョホールバルの基礎情報まとめ!!食事や家賃など、移住に必要な情報

そもそも、マレーシアの第二の都市と言われているジョホールバルですが、なぜ第二の都市と言われるくらい栄えているのでしょうか?

それはジョホールバルの立地に関係していますが、ここはシンガポールのすぐ真上にある街なので片道1時間くらいでシンガポールに行けます。

そのため、シンガポール人がよく旅行に来たりすることもあり観光地としても栄えています。

さらにジョホールバルの中心部には、歴史的建造物や博物館も数多くあります。「スルタン・イブラヒム・ビルディング」はジョホールバルに来た際には、ぜひ訪れてみてください!

ジョホールバルの物価

ジョホールバルの基礎情報まとめ!!食事や家賃など、移住に必要な情報

ジョホールバルの通貨はマレーシアと同様リンギットです。

現在(2019年5月15日)のレートは、1リンギット=26円です。大体、1リンギット=25円~35円で推移していることが多いです。

ジョホールバルの物価は、首都クアラルンプールや観光地と比べると気持ち安いくらいです。

それでは具体的にどのくらいの物価なのかを紹介していきます!

食事代

ジョホールバルのローカル店なら、一食7リンギット前後(200円くらい)です。 コーヒーも、ローカルなお店であれば2リンギット(60円くらい) で飲めます。

マクドナルドのセットメニューは、12リンギット(350円くらい)くらいです。 日本と比べると安いですね…!

新しくできたレストランや日本食になると、一食20リンギットから30リンギット(600円から1000円くらい) コーヒーも、10リンギット前後(250円くらい)になります。

家賃/ホテル代

ジョホールバルには、日本人向けの不動産屋やエージェントがたくさんあるので、ある程度の予算を組めて利用すると安心です。

ローカル価格よりは高くなりますが、それでも日本の都市部のワンルームマンションの賃貸料金で広々とした家族用物件を借りられます。

ホテルは一部屋80リンギット~200リンギット(2,160円~5,400円くらい)が平均的な価格ですが、 最近できたホテルなどはもう少し高くなります。

またWi-Fiに関しても、ほとんどのホテルやカフェでは完備されているので問題ありません。

自宅に置く場合には、料金の安さだけでなく契約期間や早期解約時の違約金の有無など、契約条件についてきちんと確認しておきましょう。

交通手段

交通手段は、電車やバス・タクシーなど様々ですが、タクシーを使う場合にもジョホールバルは他の都市と比べて交通渋滞が少ないことがメリットです。

電車やバスは、最初の内は慣れないと思うので、あまり無理せず詳しい人と乗れるようにできるといいと思います。

ジョホールバルで食べれる食事の種類

ジョホールバルの基礎情報まとめ!!食事や家賃など、移住に必要な情報

ジョホールバルに滞在するとなったら、気になるのは毎日口にする食事ですよね。

ジョホールバル、というよりマレーシアでは共働きの方も多く、外食することが当たり前の文化としてあります。

外食というと高くつくイメージがありますが、水道代や電気代・光熱費含め労力なども考えると、マレーシアでは外食の方がお得だったりします。

例えば、マレー人の朝ご飯として有名なのは「ナシレマ」( ココナツミルクで炊いた白ご飯にチリソースと乾燥した魚、ピーナッツ、卵を混ぜて食べるマレー風おにぎり)は、1~2リンギット(27円~54円くらい)です。

ローカルフードも安くておいしいですが、ジョホールバルでは特にローカルフードだけではなく、日本料理店や韓国料理店、洋食など多国籍料理のレストランも増えていますので、食事の心配はそこまでなくても大丈夫です!

ジョホールバルに住むとなったら、気になる治安は?

ジョホールバルの基礎情報まとめ!!食事や家賃など、移住に必要な情報

ジョホールバルの治安は、正直他の都市と比べると危険な地域が多いようです。

理由は、ジョホールバルの位置にも関係するのですが、シンガポールのマフィアなどがこの地域に逃げてくることが多かったり、シンガポールを始めとした様々な国との行き来が多い都市なので、いろんな方々がいます。

日常生活をする際にも、他の地域と同様にスリなどには十分注意してください。

ジョホールバルに移住したい!という人はどうしたらいい?

ジョホールバルの基礎情報まとめ!!食事や家賃など、移住に必要な情報

「今すぐ、おすすめの海外就職/転職エージェントを知りたい!」そしてマレーシア就職したい!という方もいると思うので、最低でも登録しておきたい転職エージェントを紹介します!

転職エージェントの方々はやはり転職活動のプロなので、あなたに合った企業の紹介を確立高く紹介してくれます!

おすすめ転職エージェント

『リクルートエージェント』
→日本人利用者No.1エージェント
https://www.r-agent.com/

『JACリクルートメント』
→年収600万〜1,200万円の海外求人が豊富
http://www.jac-recruitment.jp/

この2つのエージェントは、実績が豊富で求人数が圧倒的に多いので、マレーシア問わず海外就職を考える方におすすめの転職エージェントです。

ちなみに、JACは保有している求人がハイクラス案件のみのため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向もあります。

そのため、学歴や職歴に自信が無い人は『リクルートエージェント』と合わせて、サポートが手厚い『doda』への無料相談がおすすめです。

より詳しくジョホールバルでの就職のために、エージェントの活用方法が知りたい方は下記記事も合わせてご覧ください!

マレーシア就職を解説するペンギン

マレーシア就職する方法は?求人情報と働ける条件/日本語のみの仕事を海外転職のプロが解説

2017年8月4日

転職エージェントでは、マレーシアやジョホールバルの事情についても詳しく教えてくれます。


最後まで読んでいただきありがとうございました!

Twitterではペンギンがちょっと強気に海外キャリアと現地情報について発信してるので、よければフォローしてくださいね!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
『JACリクルートメント』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが...

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。