外資系転職は地獄って何で?6つの理由を徹底解説

こんにちは! 海外就職ノウハウの発信から実際に海外転職のサポートまで行っているアジアマガジン(@asia_maga)です。

いずれは外資系企業に転職しようと思っているんですが、友人が「外資系は地獄だからやめとけ」って言うんです・・・やっぱり外資系転職って難しいんでしょうか・・・

外資系は年収1,000 万円超える人もザラにいるけど、能力のない人はクビになる、とか、そんな話ですよね・・・?

そうです!そうです!転職して失敗したらと思うと怖くて・・・

もちろん外資系ならではのデメリットはあるので、転職前にそれを知っておくことは大切ですが、そんなに怖がらなくても大丈夫ですよ!

  • なぜ外資系が地獄・・・と言われるか
  • どうすれば失敗しない外資系転職ができるのか

を解説しますね!

すぐにでも、外資系転職を検討したい方は、この記事の後半部分で、外資系転職におすすめの転職エージェントをご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
転職をしようか悩んでるなら…
<画像>リクルートエージェント
海外就職・転職を考えてるなら「リクルートエージェント」が一択です。

日本国内・海外の求人数が業界No.1で、面接に自信がない人向けの「面接力向上セミナー」や履歴書や職務経歴書の作成などをサポートしてくれます。

自分ではやりにくい「年収交渉」や「内定辞退の連絡」なども代わりにやってくれるので、初めての転職をお考えの方は「リクルートエージェント」を使うことでスムーズに転職を決めることができますよ!

転職エージェントは無料で利用でき、相談だけでも大丈夫なので、相談だけでもしてみる価値はあるでしょう。

「外資系転職は地獄」と言われる6つの理由

理由その1|完全成果主義であること

とにかく競争が激しくて、能力がないと思われたらクビになるんですよね?

安心してください。いくら外資系企業でも、突然クビになる、なんてことはありません!

外資系企業であっても、日本で労働契約を結んでいれば、日本の法律に従って行動することが求められます。

日本の法律では、客観的に合理的な理由がなく、社会的通念上相当と認められないような解雇は認められません。

企業側が従業員を解雇するためには、

  • 人員整理の必要性があるか
  • 解雇を回避するための努力をしたか
  • 解雇となる従業員の選定に合理性があるか
  • 解雇にあたっての手続きが正当だったか

 

が問われます。実際に外資系企業の解雇が不当だとして、裁判で解雇が無効とされたケースもあります。

会社が求めているような結果が出なかったからクビ!なんてことはない・・・ってこと?

はい!外資系企業でも、会社が一方的に従業員をクビにすることはできません。

一方で求められる結果が出せないとPIPというプログラムを提案されることも多くあります。

PIPとは、業績改善プログラム(Performance Improvement Program)のこと。

結果が芳しくない従業員に対して業務改善や、能力開発・向上を目的として、実施されます。

一定期間の間に設定された課題をクリアすることを求められます。

クリアできれば通常業務に戻ることになりますが、クリア出来ない場合減給や降格となる場合が多くあります。

場合によっては異動を促されたり、退職を勧告されるケースも少なくありません。

突然明日から来なくていいよ!・・・なんてことはないけど、結果を出せないと働き続けることは難しそうですね・・・

そうですね。

多くの外資系企業で成果と給与が連動しています。

そのため直接クビにはならなくても、仕事を与えられなければ収入が一気に下がって退職せざるを得ない・・・ということもありますね。

ううう・・・やっぱり怖い・・・

怖いですよね。

クビにはならなくても、常に評価が待遇と連動するプレッシャーもあると思います。

結果を出せば年収1,000万円もあっという間に超えるけど、結果を出さなければ一気に500万円以下、なんてことも・・・?

そうですね。

常に自分に求められた成果を達成し続けることが必要です。

そのためにスキルアップし続けることや、社内の競争にもうまく対応できる力がいります。

それを「地獄のようにツライ」と思うか、「大変だけどやりがいがある!」と思えるかはその人次第ですね。

外資系企業でも「一方的な解雇」はできない

ただし成果が出せなければ働き続けにくくなることは事実。

成果さえ出せれば年収1,000万円を超えることも。

 

理由その2|業績が悪くて、国内から撤退なんてことも?!

結構話題になったアパレル企業が、業績が悪くて日本から撤退・・・なんてニュースをたまに見ます。

国内から撤退になったら、従業員はクビ・・・ですよね?

2020年に行われた経済産業省の調査によれば、前年の2019年度に解散・撤退・外資比率低下となった企業数は86社。

2020年3月末の国内の外資系企業の数は2,808社ですから、だいたい全体の3%くらいが解散や撤退をしている、ということになります。

一方で、実は中小企業庁が発表している2021年版の小規模企業白書によれば、2019年度の国内企業の廃業率は3.9%なんですよ。

あ、あれ・・・?どちらも3%前後?

そうなんです。

確かに外資系企業は日本から撤退になるリスクがありますが、日系企業だって倒産のリスクがありますよね。

外資系企業だからリスクが高い・・・っていう訳でも無いみたいですね・・・!

外資系企業だからリスクが高い訳ではない。

日系企業にも倒産リスクはある。

外資系企業の撤退も、日系企業の倒産も、リスクの高さにさほど差はない。

 

理由その3|長時間労働が多く、過酷な労働環境

外資系の証券会社に勤めていた友人が、少なくとも週1は徹夜って言ってたんですが・・・

一方で外資系企業=プライベートを大切にしていて休みがとりやすいというイメージもありますよね。

確かに・・・どっちが本当なんでしょう・・・

外資系企業といっても、業界により働き方の実態は異なります。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社の調査によると、外資系金融業界で月40時間を超える残業を行っている人は全体の42%。

月80時間以上の残業を行っている人は11%です。

同じ外資系でも、IT業界だと月40時間を超える残業を行っている人は全体の11%。

月80時間以上の残業を行っている人は3%ですから、業界によってかなり違いがあることが分かります。

一般的に労働時間が長いといわれているのは、外資系金融や外資系コンサルですね。

激務なうえに外資系の中でも特にハイプレッシャーで、「外資系は地獄」と言っているのは外資系の中でも金融やコンサル業界の方が多い印象です。

外資系というだけで思い込まず、ちゃんと志望する業界や企業のことを知る必要がありますね!

外資系企業でも、残業が多い企業も少ない企業もある!

一般的に外資系金融や外資系コンサルは長時間労働であることが多い。

 

理由その4|ハイプレッシャーで競争が激しく、ドライな人間関係

長時間勤務かどうか…は外資系企業でも企業や業界によって変わります。

一方で労働時間に関わらず仕事自体はプレッシャーやストレスが多いため、それなりの覚悟が必要です。

外資系企業の場合、個人の仕事の範囲や達成すべきことが明確に決まっています。

そのうえで達成責任を徹底的に追求されます。

結果を達成すればインセンティブがもらえますが、未達成だと大幅にボーナスがカットされるなど結果が収入に直結します。

めちゃくちゃ合理的ですね・・・

はい。とても明確ですし合理的なので、性格や価値観にあっていれば働きやすいという面もあると思います。

ただし設定される目標はかなりハードであることは多いので、結果を出すためには相当なプレッシャーとの戦いがあるでしょう。

人間関係の面でも、外資系企業はよりプレッシャーを感じやすい面があるといえます。

外資系企業の場合、日系企業異なりチームではなく個人で仕事をする意識が強くあります。

もちろんプロジェクトチームなどが組まれることはありますが、その中でも個人の責任と役割がはっきりしています。

日系企業のようにチームのメンバーで協力やカバーをしあって働くというより、個人がそれぞれの責任を果たすというスタイルです。

同僚であっても共に働く仲間、というよりは、協力者だったり、時には成果を競う競争者であるという意識の方が強いでしょう。

仕事で悩んだり困っても、助けてもらったりフォローしてもらったり…って感じではなさそうですね。

そうですね。互いにフォローしあって仕事を進めていく日系企業のスタイルとはかなり異なります。

一方で人間関係がドライで楽だ、と感じる人もいますから、結局は価値観にあうかどうか、かもしれないですね。

ハイプレッシャーに耐えられるメンタルのタフさが必要!

良くも悪くも人間関係はドライで自立的であることを求められるので、自分の価値観とあうか考えてみよう!

 

理由その5|英語が苦手だとやっぱり大変

やっぱり英語は必須ですよね・・・

転職する企業やポジションによって、英語が必要かどうかは変わります。

外資系企業といっても従業員のほとんどが日本人で、普段の業務で英語を全く使わないという場合もあります。

一方で、マネジメント層でなくても通常業務で英語が必須という場合もあります。

TOEICの点数が高くても実用的な英会話などができないと、業務に支障をきたし挫折してしまうケースがあります。

転職活動の際、志望する企業でどれくらいの英語力が必要か、自分の英語力が通用するかを慎重に確認しておきましょう

出向して外資系で働いてみたら全然英語でのコミュニケーションがとれなくて、毎日トイレに閉じこもって泣いてた・・・っていう話を聞きました・・・(涙)

それは地獄ですね・・・

いずれにしてもキャリアアップし管理職になると、本国との連携や交渉が必要なシーンが増えます。

そのため若手のうちは英語が必要なくても、キャリアアップするにつれ英語の必要性が高まることが多いよ。

昇給や昇進を狙うなら英語力は磨いておきたいですね!

外資系企業でも、必ずしも英語が必要とは限らない!

一方でキャリアアップに伴って、英語の必要性が増すことが多い。

 

理由その6|退職金や福利厚生がない?!

外資系企業の場合、退職金制度があることは稀です。

え・・・僕の老後大丈夫でしょうか・・・。

外資系企業には退職金制度は基本的にありません。

外資系企業に退職金がない理由は以下の3つです。

  • 日系企業と比較し年収が高く設定されていることが多い
  • 完全成果主義的な人事制度
  • 終身雇用という概念が外資系企業にはない

一方で、日系企業でも導入が増えている確定拠出年金制度を設けている外資系企業もあります。

確定拠出年金制度とは、毎月の基本給から一定額を積立・運用に回すことができる制度のことです。

この積立金額を退職後の老後に一時金として受け取ることができ、年金のように分割して受け取ることができます。

確定拠出年金制度を活用したり自分で貯蓄・投資を利用して、自分で計画的に備える必要がありそうですね。

福利厚生についても、外資系企業は日系企業ほど充実していない場合がほとんどです。

特に家賃手当や社宅制度などは、外資系企業には無い場合が多く、経済的なインパクトも大きいため、転職を決める前に確認しておくと良いでしょう。

一方で休暇については日系企業より多かったり、社食やリラックススペースなどオフィス環境が充実していたりするケースもあります。

基本的に「手当」と呼ばれるものは、外資系企業には無いと考えておいた方が良いでしょう。

成果はすべて給与に反映されるので、自己責任でお金の使い方や将来の備え方について考える必要があります。

退職金や福利厚生には期待できない。

結果はすべて給与に反映されるので、あとは自己責任!

 

外資系企業に転職して後悔する人って?

外資系企業では、合う・合わない人がはっきりと分かれます。

というのも、外資系は外資系特有の文化や特徴が存在しているからです。

外資系企業に転職して後悔しやすい人の特徴をご紹介します。

  • 目標がなくのんびりしていたい人
  • あっさりした人間関係が苦手な人
  • 上下関係や社内政治ができない人
  • 退職金や福利厚生の充実を求めている人
  • 解雇されることを想定していない人
  • 英語のスキルがない人

一般的な外資系企業は、実力や成果を認められています。

そのため、安定性を求めている方や目標数字の基準を満たせれない方は厳しいかもしれません。

ですが、上記はすべての外資系企業に当てはまるわけではありません。

外資系企業の特徴や環境などを1社ずつ見比べて自分に合う企業を見つけましょう。

今すぐ『私って外資系企業に転職/就職できる…?』という疑問を解決したい人へ..

少しでも外資系就職に興味があれば、

外資系就職の可能性を無料で教えてくれる転職エージェントを利用するのがオススメ!

(あなたの状況や希望を聞いたうえで相談にのってくれます!)

>>外資系転職に強い転職サイトおすすめ3選!3つの転職サイトの強みを徹底解説

外資系企業に転職しても問題なさそうですか?

せっかく転職するのであれば直ぐに辞めることは避けたいですよね。

そんな方にはたった1つの対策をご紹介します!

外資系転職が地獄になるかは自分次第?失敗しないための方法とは

外転職には失敗のリスクがどうしてもついてきます。

それは日系企業への転職でも、外資系企業の転職でも同じ。

絶対に転職に失敗しない方法は存在しませんが、リスクを下げるためにしておきたいことがあります。

それは、志望する企業を徹底的に知り、自分の希望と合うか、自分自身とも向き合って考えることです。

企業の風土や条件など、インターネットなどで情報が得られるものは積極的に調べ、それでも分からないことは、面接の時に確認することです。

自分で情報を得られなかったり、企業に聞きづらいことは、転職エージェントに確認するのも一手。

印象を悪くしたくないという思いから、必要なことを確認できない方がいますが、それで入社後に失敗してしまったら本末転倒です。

企業のことはもちろん、転職は自分自身のキャリアや思いを掘り下げるチャンス!

プレッシャーに耐えられる性格か、どんな環境で働きたいか・・・など、自分の志向や性格、キャリアをしっかり見つめ直すようにしましょう!

外資系転職を失敗しないために…この記事もチェック!

外資系に転職で後悔したこと6選!後悔を防ぐ対処法を伝授

入社してみないと分からないことも多い。チャレンジする覚悟も必要!

転職を決める前に、志望する企業の情報や自分自身に向き合い、掘り下げて考えることが大切とお伝えしました。

一方で、やはり入社してみないと分からないことが多いのも事実。

しかし外資系でのキャリアを積むなら、転職に対してのネガティブなイメージはあまり無いため、再チャレンジしやすいというメリットもあります。

万が一入社後の不一致が多く、転職を重ねることがあっても、前向きな姿勢とキャリアを自ら築く覚悟があれば道は開けるでしょう。

1度きりの人生だから、思い切って飛び込んでみることも大切!転職するならとことん自分と向き合って決断しましょう!

外資系企業の転職におすすめの転職エージェント

外資系企業への転職する手段は知人の誘いを除くと、「転職エージェント」を利用することです。

就職するしないに関わらず、まずは外資系企業への就職のプロに相談をして、まずは自分自身の外資系企業への就職の可能性を把握しましょう!

外資系への転職は考えているんですけど…

外資系への転職は考えているだけでは何も始まりませんよ!

まず、転職エージェントに登録するだけでも一歩踏み出してみましょう!

外資系企業は英語面接が設けていることが多いです。英語の読み書きができても、英語の面接に慣れている人は割と少ないです。

外資系企業の転職に強いエージェントなら、英語面接の対策やアドバイスをしてくれます

外資系企業へ就職を考え始めたら、外資系への転職に強く、外資系の大手・優良企業も扱っている大手の就職支援会社(転職エージェント)に相談するべきです。

求人企業から求められるスキルの詳細情報も知ることができるため、登録して転職活動を始める方も多くいます。

・外資系企業の求人紹介に強い
→外資系企業との強固な信頼関係を築いています。

・外資系の大手・優良企業との取引実績数が多数
→外資系企業のカルチャーを熟知したコンサルタントが在籍しています。

・外資系の案件が豊富
→依頼を受けた求人のご紹介だけではなく、その人のキャリアを把握し、企業にポジションを提案してくれます。

Q:なんで無料でサポートしてくれるの?
A:あなたが入社した際に求人企業から紹介料を頂いているので、転職希望者からは一切費用を頂かないでサポートをしています。

Q:紹介された企業には必ず応募しなきゃいけないの?
A:ランスタッドは企業への応募や、転職をすることを強要していません。転職希望者の気持ちや考えを優先しているため、あなたで全て判断が可能です。また、面接の途中で辞退の連絡や内定辞退の連絡もコンサルタントが行います。

Q:今すぐに転職を考えてないんですが?
A:もちろん可能です。今後の転職であっても大丈夫です。

あなたと企業のマッチングをより近づけるためには、

複数のサイトに登録→エージェントから話を聞く→実際に面接で企業の話を聞く→さらに聞きにくい部分はエージェントを利用して企業に聞いてもらう→最後にあなたが判断することがマッチングへの近道です。

このプロセスを毎回繰り返していくことで、転職の成功へと導くことができます!

複数の転職サイト/転職エージェントに登録することで、多くの求人を見ることができますので、複数登録をオススメします!

外資系に強い転職エージェント
  1. 「ランスタッド」
    公式HP:https://www.randstad.co.jp/
    →外資系企業などの求人を中心に、エグゼクティブの方向けの転職支援サービス。
  2. 「リクルートエージェント」
    公式HP:https://www.r-agent.com/
    →業界最大級の転職サイトであり、外資系の求人数がNo.1なので、まずはここに登録しよう!

アジアマガジンは外資系企業への就職を応援しています!


最後まで読んでいただきありがとうございました!

最後に、本気でオススメできる転職エージェントをおさらいしましょう!
登録は無料ですので、転職を考え始めたらまずは登録してみましょう。
早期に求人情報を得たり、コンサルタントに相談したりすることで、より効率的に転職を進めることができますよ!

忘れないうちに無料登録!

スマホでも簡単!3分で登録できる!
まずは海外&外資系就職の可能性があるかを知りたい人におすすめ! 
アジアマガジンが本気で推薦できるのは、業界No.1の『リクルートエージェント』です。

業界No.1だからこそのノウハウが豊富にあるので、ぜひこの機会にキャリア相談をしてみてください!
年収600〜1200万円の海外&外資系転職なら!
JAC Recruitment』はハイクラス案件のみを扱っているため、年収が600万円以上の人におすすめです!

その分、ハイクラスの海外&外資系転職の実績とサポート体制は業界でもトップレベルです。